肋間神経痛|漢方薬の医心堂薬局

肋間神経痛

肋間神経痛の辛い症状でお悩みの方へ。 あなたに最適な漢方薬をご提案します。

胸や腹部が慢性的に痛み思うように作業ができない・・・。また突然胸部に激痛が走ることがあり、またいつ激痛に襲われるのかと思うと不安になってしまう。原因が何なのかよく分からず、どうしたらいいのか分からない・・・。そんなつらい痛みや悩みには医心堂が力になります。

肋間神経痛の症状とは?

肋間神経痛とは胸や腹部の肋骨部分、ひどい時は肩甲部や背中までに激しい痛みが出る症状です。
咳・くしゃみ・深呼吸・大声を出す・体の無理な動きなどにより、背中・胸部・腹部に分布する末梢神経である「肋間神経」が圧迫されて痛みます。
帯状疱疹が原因で痛みが残る肋間神経痛などもあります。


なぜ痛むのでしょうか?肋間神経痛の原因

漢方では、肋間神経痛の原因として次のものが考えられます。

この3つの「邪(ジャ)」のうち2つないし3つが重なり、身体の気の流れ・血の流れ・水の流れが阻害され痛みが発生するといわれています。季節・環境・体質などによっても症状の程度が変わります。

その他の原因

 

など

どんなことに注意していけばよいの?肋間神経痛の解消のために

日常生活

食生活

このようなことに日頃から気をつけて生活をすることで肋間神経痛を解消することができます。
『でも、自己管理は難しい・・・。』『自分には自信がない。』という方は、漢方の力を借りてみませんか?漢方薬の医心堂がお手伝いします。

肋間神経痛に漢方薬をお試しください

医心堂 佐竹先生最近の健康ブームで「水をたくさんとりましょう」と言っているのを誤解し、体が必要としていないのに水分をとりすぎているケースがあります。このようなケースには慢性した痛みがおきやすく、治りにくい特徴があります。

漢方では神経痛・関節痛などの痛みを「水毒」としてとらえ、この水毒を改善することに重きをおいています。さらにこれらの痛みの原因となるものに「瘀血(おけつ)」があります。瘀血とは「血の滞り」のことです。駆瘀血剤(漢方薬)を用いることによって血の巡りを良くし、慢性化した痛みを改善することができます。
一口に漢方薬と言っても人それぞれ症状・体質が違うので、その方に合った漢方薬を服用することが大切になります。

人間には本来、自然治癒力が備わっています。それらが積極的に働くように、病状の原因となる部分を漢方で整え改善していくことが大切です。 医心堂ではお客様一人一人とじっくりと話し合い、症状・状態・生活環境・体質をチェックし、お客様に最も合った漢方薬をお選びしています。ぜひご相談ください。

お喜びの声はこちら 漢方オリジナル調合の申し込みはこちら 無料相談はこちら ページのトップへ

当店は静岡市中心に全県対応!
静岡市(葵区・駿河区)・島田市・焼津市・藤枝市・牧之原市・吉田町・川根本町・沼津市・熱海市・三島市・富士宮市・伊東市・富士市・御殿場市・裾野市・伊豆市・伊豆の国市・函南町・清水町・長泉町・小山町・芝川町・浜松市・磐田市・掛川市・袋井市・湖西市・御前崎市・菊川市・森町・新居町・下田市・東伊豆町・河津町・南伊豆町・松崎町・西伊豆町

現在地:トップページ肋間神経痛

漢方薬のご注文 無料相談のお申し込み 無料相談のお申し込み