蓄膿症・後鼻漏の治療法なら漢方薬の医心堂

蓄膿症・後鼻漏

蓄膿症の辛い症状でお悩みの方へ。 あなたに最適な漢方薬をご提案します。

鼻が詰まって苦しい、頭がボーっとする、集中力がなくなる。症状が悪化していくと手術になることも・・・。このようなつらい症状にお悩みの方は、ぜひ一度医心堂にご相談ください!

どんな病気なの?蓄膿症・後鼻漏(こうびろう)の原因・症状

鼻腔の周囲の骨の中にある大小4対の空洞を副鼻腔と呼び、普段は薄い粘膜で覆われ中に空気が詰まっています。ここに風邪などで炎症が起こり、膿などが溜まった状態が副鼻腔炎です。
蓄膿症の多くは急性副鼻腔炎を繰り返しているうちに慢性化したものをいいます。
症状の代表的なものは鼻水・鼻づまり・頭重感などです。鼻水は粘液性のものや膿性のものがあります。さらには鼻の通りも悪くなり、悪臭が出ることもあります。

後鼻漏は蓄膿症の一つです。鼻汁が喉へ下がり鼻の奥に痰のようにからまったり、喉に流れこんで口から出たりします。この症状を持つ患者さんは非常に増えています。朝起きて咳や痰が多く出る場合は後鼻漏の可能性が考えられるでしょう。

どんなことに注意していけばよいの? 蓄膿症の改善のために

日常生活

食生活

 

このようなことに日頃から気をつけて生活をすることで蓄膿症を改善することができます。『でも、自己管理は難しい・・・。』『自分には自信がない。』という方は、漢方の力を借りてみませんか?漢方薬の医心堂がお手伝いします。

蓄膿症・後鼻漏に用いる漢方薬に関するご質問

鼻の症状が良くなるまでどのくらいの期間飲めばよいの?

ほとんどの方は10~15日で効果があらわれます。鼻が通るようになった、喉に落ちる感覚が減ってきたなど、少しずつ快方に向かっていきます。治療期間としては病状によって前後しますが、4~6ヶ月が目安になります。症状が良くなっていけば、漢方薬の量を徐々に減らしていき最後は止めるようにしていきます。

人間には本来、自然治癒力が備わっています。それらが積極的に働くように、病状の原因となる部分を漢方で整え改善していくことが大切です。 医心堂ではお客様一人一人とじっくりと話し合い、症状・状態・生活環境・体質をチェックし、お客様に最も合った漢方薬をお選びしています。ぜひご相談ください。

お喜びの声はこちら 漢方オリジナル調合の申し込みはこちら 無料相談はこちら ページのトップへ

当店は静岡市中心に全県対応!
静岡市(葵区・駿河区)・島田市・焼津市・藤枝市・牧之原市・吉田町・川根本町・沼津市・熱海市・三島市・富士宮市・伊東市・富士市・御殿場市・裾野市・伊豆市・伊豆の国市・函南町・清水町・長泉町・小山町・芝川町・浜松市・磐田市・掛川市・袋井市・湖西市・御前崎市・菊川市・森町・新居町・下田市・東伊豆町・河津町・南伊豆町・松崎町・西伊豆町

現在地:トップページ蓄膿症・後鼻漏

漢方薬のご注文 無料相談のお申し込み 無料相談のお申し込み