梅雨の体調不良は気のせいじゃない? 原因と対処法について!


6月といえば梅雨の時期。雨の多い日が続き、かと思えば突然晴れたりと天気が不安定です。何となく『嫌だなぁ』と気分が落ち込むと思いますが、『気分だけではなく、体調も悪い気がする』なんてこともあると思います。多くの方はただの気のせいだと思っていますが、実は気のせいではありません。梅雨の時期に体調が悪くなるのはちゃんとした原因があるのです。

そこで、今回は梅雨時の体調不良にまつわる情報をご紹介します。また、体調不良の対処法などもご紹介しますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

目次

  1. 梅雨時に見られる体調不良はなぜ起きる?
  2. 梅雨時の健康管理
  3. 梅雨時の体調不良に効く漢方薬とは?

1.梅雨時に見られる体調不良はなぜ起きる?

我々人間は知らず知らずのうちに天候による影響を受けています。すなわち、『気圧』『気温』『湿度』という3つの変化による影響です。そして、梅雨の時期というのは、これら3つの要素が極端に変動する時期。そのため、あらゆる季節の中でも特に体調に変化をきたしやすい季節なのです。

そして、気象の変化によって体調に変化をきたす病気を『気象病』といいます。

1-1.気象病って?

気象病とは、近年認知され始めた病気で、気象の変化によって症状が出現することから名付けられました。気象病における代表的な症状、あるいは悪化させる病気としては以下のものがあります。

  • 天気痛
  • めまい症
  • メニエール病
  • 頭痛
  • 腰痛
  • 肩こり
  • 神経痛
  • 関節炎
  • リウマチ
  • じんましん
  • 吐き気
  • ぜん息
  • うつ病
  • 心臓発作
  • 脳出血

気象病の発生するメカニズムはいまだに解明されていませんが、『ホメオスタシス』が急な天候の変化に追いついていけないことが原因ではないかといわれています。また、気圧の低下により人体の押される力が減り血管が拡張しやすくなることも挙げられているようです。

1-2.ホメオスタシスとは?

ホメオスタシスは日本語で『生体恒常性』といい、その名のとおり体を一定の状態に保つ働きのこと。簡単にいえば体の調整役です。

分かりやすいところで説明すれば、『食べ物を食べていないのでおなかが減った』『飲み物を飲んでいないのでのどが渇いた』といった症状が代表的。この症状が出なければ、空腹にも乾きにも気が付かず、気が付いたら餓死や脱水で死ぬことになってしまいますよね。ですから、人間には必要不可欠な機能なのです。

しかし、ホメオスタシスは何も自分自身の変化に対応するだけではありません。外の変化にも対応するのです。

どういうことかというと、たとえば、寒いところではロシアのサハ共和国のように冬、-70℃まで下がるような国。あるいは、タンザニアやイスラエルのように50度以上の暑さを記録する場所でも人は生活できていますよね。それは、外の状態にかかわらず体を一定の状態に保とうという働きが生じるから。つまり、寒いところでなら体を暖かく保とうとし、寒いところでなら体を冷たく保とうとするわけです。

さて、その働きが生じているときに、全く逆の環境に置かれたらどうなるかを考えてみましょう。日本から海外に行けば時差ボケが発生するように、ホメオスタシスも『環境差ボケ』が発生してしまうわけです。

もちろん、梅雨は上記したような激しい環境変化は起こらないでしょう。しかしながら、天候が不安定なことには変わりがありません。ホメオスタシスをつかさどる自律神経の働きが鈍っていたりすると、梅雨程度の環境変化でも『環境差ボケ』が生じてしまうのです。

2.梅雨時の健康管理

梅雨の体調不良がホメオスタシスと関係することはすでにお話ししました。そのときに軽く触れましたが、ホメオスタシスは『自律神経』がつかさどっているものです。

ですから、梅雨のような環境変化がはげしい時期に対応するためには、自律神経を整えることが重要となってきます。この項で自律神経の整え方を覚えていきましょう。

2-1.しっかりと日に当たろう

梅雨時は曇りや雨が多くなり、日光に当たる時間が減ります。日光と自律神経は密接な関係があり、長い間日光を浴びていないとさまざまな不調が現れるようになるでしょう。

そこで、晴れた日などにはなるべく日光に当たるように心がけてください。

2-2.生活を規則的に

自律神経を整えるために1番重要なのは生活の規則正しさです。人間は基本的に昼に行動するの生き物で、夜に寝るという生活をしています。そのため、昼夜の逆転した生活を行っていると自律神経が混乱してしまうのです。ですから、夜に寝て昼に寝ることが重要となります。

しかし、中には仕事などでそれが難しいという人もいるでしょう。そのような方は、なるべく寝起きの時間を規則的にすることが大切です。

2-3.食生活も規則的に

梅雨の時期は気温が不安定で食欲も落ちます。そのため、食事の時間が不規則になりがち。不規則な食事は体にとってストレスとなります。自覚はなくても、自律神経に負担がかかって乱れてしまうことがあるでしょう。

食事は朝昼晩。規則的にとりましょう。

2-4.ストレスを発散する

梅雨時は曇りや雨が多いため気分が落ち込みますし、遊びに行くこともできないのでストレスがたまりますよね。このストレスは自律神経と深い関係があり、些細なストレスでも自律神経のバランスが崩れることは珍しくありません。

そのため、定期的にストレスを発散することが重要となってきます。どのような方法でストレスを発散するかは人それぞれですが、おすすめはカラオケです。

カラオケ店は駅前に多くあるので、仕事や学校帰りに通えます。そしてなにより、大声を出せるのでストレス発散につながるでしょう。

3.梅雨時の体調不良に効く漢方薬とは?

梅雨時による体調不良には漢方を使った対処法が効果的です。この項ではおすすめの漢方をご紹介していきます。

3-1.だるさには『勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)』

梅雨に入って湿度が高くなると、体の中にも不要な水分がたまります。この不要な水分が『湿邪(しつじゃ)』です。この湿邪(しつじゃ)が長期間たまることを『湿濁(しつだく)』といいます。そして、湿濁(しつだく)によって体にさまざまな影響が出るのです。

たとえば、胃腸の働きが悪くなることが挙げられるでしょう。このような状態では いくら栄養のある食事や栄養剤を飲んでもうまく吸収できません。ですから、まずは体の湿気(しっけ)を追い出して湿濁(しつだく)から抜け出すことが必要なのです。

そして、湿濁(しつだく)に対処する漢方が『勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)』。その名のとおり、『湿気(しっけ)』に『勝つ』漢方であり、湿濁(しつだく)に効果があります。症状としては、だるい、夏風邪、食欲不振、下痢などに効果的です。

3-2.めまいには『苓桂朮甘湯(りゅうけいじゅつかんとう)』

湿邪(しつじゃ)は内耳のリンパ液を増やしてしまいます。リンパ液が増えるとめまいやメニエール病などの症状が発生するでしょう。

そのようなときには『苓桂朮甘湯(りゅうけいじゅつかんとう)』が効果的です。

3-3.血行をよくするには『冠元顆粒(かんげんかりゅう)』

血行が悪くなると冷え性や肩こり、腰痛などの症状が現れます。血行不良は万病の元といわれることもありますし、どうにか改善したいところですよね。

そこで、おすすめしたいのがこの『冠元顆粒(かんげんかりゅう)』。血行をよくする働きがあります。

まとめ

いかがでしたか?

今回は梅雨時の体調不良にまつわる情報をご紹介しました。

  1. 梅雨時に見られる体調不良はなぜ起きる?
  2. 梅雨時の健康管理
  3. 梅雨時の体調不良に効く漢方薬とは?

梅雨時は気象病などの病気が発生しやすい時期であり、かつ、季節の変わり目です。あと1か月もたてば、暑い暑い夏がやってきます。

日本の夏は毎年強力です。きっと、今年も我々の体力を奪うことでしょう。梅雨の時期に体調を崩すと、暑い夏を耐えきれないかも知れません。しっかりと梅雨対策をして、夏に備えましょう!