鼻づまりに効果のある漢方薬とは? こんなときに便利です。


鼻づまりや鼻炎はありふれた体の不調ですが、長期間鼻水が止まらないとつらいです。
また、花粉症やアレルギーを発症すると症状が和らぐまでに時間がかかることもあるでしょう。
そこで、今回は鼻づまりや鼻水を改善する漢方薬についてご紹介します。
病院で処方される薬の違いとはなんでしょうか?
また、漢方ならではのメリットもご紹介します。
花粉症や鼻炎などでつらい思いをしているという方は、ぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. 鼻づまりの原因とは?
  2. 東洋医学の鼻水に対する考え方とは?
  3. 漢方薬が効果を発揮する鼻づまりとは?
  4. 漢方薬を処方してもらう方法とは?
  5. 1か月は飲み続けよう
  6. おわりに

1.鼻づまりの原因とは?

まず始めに、鼻づまりになる原因をご紹介します。
鼻づまりというと風邪の代表的な症状ですが、風邪以外にも鼻づまりが起きることもあるのです。

1-1.風邪や鼻炎

風邪や鼻炎になると、鼻水が出て鼻がつまります。
鼻水には、どろどろとした黄色がかったものとさらさらとした水のようなものの2種類があるのです。
風邪の場合は、どろどろとした黄色がかった鼻水が出ることが多いでしょう。
これは風邪の菌や白血球の死骸で、症状が改善するにつれて収まっていくことが多いです。

1-2.アレルギー

ハウスダストや花粉が原因でアレルギー症状が出ると、鼻水が止まらなくなる人が多いです。
この場合は、さらさらとした水のような鼻水が出ます。
アレルギーの場合は、アレルギーの元になる物質がなくならない限り、症状が収まりません。
また、花粉のアレルギーといえばスギやヒノキの花粉が有名ですが、イネ科の花粉でもアレルギーを発症する場合があります。
ですから、夏や秋でも花粉症を発症する人もいるのです。

1-3.鼻の構造の問題

鼻は、鼻中隔(びちゅうかく)というもので、ふたつに区切られています。
しかし、人によっては生まれつきこの鼻中隔(びちゅうかく)が曲がっていることがあるのです。
鼻中隔(びちゅうかく)が曲がっていると、片側だけ鼻中が狭くなりつまりやすくなります。
「しょっちゅう片側だけ鼻がつまる」という方は、鼻中隔湾曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)を疑いましょう。

2.東洋医学の鼻水に対する考え方とは?

漢方薬は、東洋医学の考え方に基づいて処方される薬です。
東洋医学とは中国を中心に東洋で発展してきた医学のことで、鍼灸(しんきゅう)やつぼなども東洋医学の一種になります。
現在、日本の病院では西洋医学に基づいた治療が行われているため、東洋医学を健康法や民間療法と同じように考えている人もいるでしょう。
しかし、東洋医学はれっきとした医学であり、漢方薬も科学的に効果が立証されているのです。
東洋医学では、鼻水の原因を水分代謝の異常と考えています。
ストレスや消化不良などが原因で、うまく体内から排出されなかった水分が鼻水となって出てくるというわけです。
ですから、体内の水分を排出しやすくしたり胃腸の調子を整えたりする漢方薬が処方されます。

3.漢方薬が効果を発揮する鼻づまりとは?

鼻の構造が原因の鼻づまりは、手術でしか改善できません。
しかし、花粉症をはじめとするアレルギーや慢性副鼻腔炎(蓄のう症)などは、漢方薬で改善できる可能性があります。
病院の治療でも、鼻水の治療は難しいのです。
花粉症や慢性の鼻炎で治療に通っている方は、通院が長引いている方も多いでしょう。
また、鼻水を止めたり花粉症の症状を和らげたりする薬の中には、副作用として眠くなるものもあります。
「花粉症の薬を使いたいけれど、眠気が来るから使えない」という場合にも、漢方薬は効果的でしょう。
さらに、耳鼻咽喉科によっては、花粉症やアレルギーの治療に漢方薬と西洋の薬を組み合わせて処方するところもあります。

4.漢方薬を処方してもらう方法とは?

では、漢方を処方してもらうにはどのような方法があるのでしょうか?
この項では、その一例をご紹介します。

4-1.ドラッグストアで買う

今は、ドラッグストアでも漢方薬が販売されています。
ドラッグストアで販売されている漢方薬は、「誰が飲んでも一定の効き目がある漢方薬」です。
つまり、病院で処方されている薬と同じような効果が期待できるもの。
処方せんがなくても買えますので、「風邪を引いたので、眠くならない鼻づまりの薬が欲しい」という場合などによいでしょう。

4-2.病院で処方してもらう

現在は、漢方薬を処方してくれる病院も多いです。
「漢方を試してみたいのです」と医師に申し出れば処方してくれる場合もありますし、医師から「漢方を試してみましょう」と提案されることもあるでしょう。
この場合も、ドラッグストアで販売されている漢方と同じように、万人に効果のある漢方薬が処方されます。

4-3.漢方薬局を利用する

漢方薬局とは、漢方薬を専門に扱う薬局のことです。
入りにくいのではないか、と思う方もいるかもしれませんがそんなことはありません。
「家の近くの漢方薬局を探したい」という場合は、インターネットやイエローページを利用してみましょう。
漢方薬局は、薬を処方する前に脈や舌などを見ることが多いです。
また、生活習慣や食生活について聞かれることもあるでしょう。
どれも必要なことですから、正直に答えてください。
「乱れた食生活などを申告するのが恥ずかしい」という方もおられますが、治療に必要なことです。
また、「漢方薬は高価」というイメージを持っている方もいるかもしれません。
しかし、高価な漢方薬はごくわずかです。
高価な漢方薬を使う場合は、必ず事前に顧客に確認を取りますから安心してください。
普通の漢方薬は、病院で処方される薬と同じくらいの値段です。
苦いのが苦手という方は、カプセルでの処方をしてくれる薬局もあります。
漢方薬局で処方された漢方薬は、その人の体質や症状に合わせたものです。
ですから、市販薬のように「誰が飲んでも同じ効き目が出る」というわけではありません。
家族間でも薬の共有をしないように気をつけましょう。

5.1か月は飲み続けよう

漢方薬は、効果が現れるまで時間がかかるものが多いです。
ですから、最低1か月は飲み続けてみましょう。
また、漢方薬は副作用がないものと思われがちですが、薬の飲み合わせによっては副作用が出る場合もあります。
ですから、別の薬を処方してもらう場合は、必ず飲んでいる漢方薬を申告してください。
さらに、漢方薬は健康食品ではありません。
用法や用量を必ず守って飲みましょう。

6.おわりに

いかがでしたか?
今回は、鼻づまりに効く漢方薬についてご紹介しました。
まとめると

  • 鼻づまりの種類によっては、漢方が効果的である。
  • 自分に合った漢方薬を処方してもらいたい場合は、漢方薬局にいこう。
  • 漢方薬局で処方された漢方薬は、家族間でも共有してはならない。
  • 漢方薬は用法と用量を守って1か月は飲み続けよう。

ということです。
花粉症やアレルギー性鼻炎で悩んでいる方は、薬を何度も変えたりいろいろな治療法を試したりしている方もいるでしょう。
漢方薬が必ず効果があるとは限りません。
しかし、試してみる価値は大いにあると思います。
今は、漢方薬の摂取方法も変わってきて、カプセルや粉薬のようになっているものもあるのです。
ですから、病院の処方薬や市販の薬と同じように飲めますし、匂いや味も気になりません。
それに、眠くなることもありませんから、仕事中でも飲めますよ。