不妊症で悩んでいる人は必見!漢方の効果は不妊症に有効なの?


女性にとって子供を出産するこそ最大の幸せです。
いつかは自分と愛する人の子供を産み、大事に育てていきたいもの。しかし、体質によってはなかなか子供ができない人も大勢います。
けれども、「不妊症」を改善できる方法もあるので安心してください。
そこで、なぜ不妊症になってしまうのか原因や不妊治療に漢方薬は効果があるかどうか、不妊症によく使う漢方、漢方薬の値段・注意点について説明します。
漢方薬が不妊症に効くが知りたい人はぜひチェックしてください。

目次

  1. 不妊症の原因と漢方薬
  2. 不妊症によく使う漢方薬
  3. 漢方薬の値段と注意点について

1.不妊症の原因と漢方薬

なぜ不妊症になってしまうのか「原因」についてご存じでしょうか。
不妊症に漢方が有効かどうかは「原因」を把握しなければわかりません。
不妊症の原因や漢方薬とのかかわりについて詳しくチェックしましょう。

1‐1.月経に問題がなくても不妊症になる

不妊症の自覚症状としては、月経異常(無排卵・生理不順など)がありますが、実際には自覚症状がない不妊症も少なくありません。
月経異常の場合は、ストレスや肥満・やせ過ぎ・無理のあるダイエット、不規則な生活習慣が大きく関係しています。
人によっては子宮系統の病気になっている可能性もあるので注意しなければなりません。
また、検査をしても原因がわからずに不妊で悩んでいる方もとても多くいらっしゃいます。

1‐2.漢方は「体質改善」を目標にしている

病院で処方してもらう薬は病気のもととなる菌をやっつける、痛みを和らげることが目的ですよね。
しかし、漢方は違います。漢方は「体づくり」「体質改善」を目標にしているのです。免疫力の弱い人は、免疫力を高めることに目標を置いています。
つまり、病気になりにくい体づくりをするのが漢方の目標なのです。
不妊症に漢方は効くかどうか気になっているでしょう。
個人差はありますが、自然妊娠の確率を高めることはできます。
不妊症の人は月経に異常があるため、体のリズムが崩れている状態です。
漢方の力によって自然に体のリズムを正常に戻していきます。リズムが正常に戻ると、自然と妊娠しやすい体質になるのです。
漢方薬は自然から生まれた「生薬」を混ぜ合わせてつくるので副作用の心配もありません。
体への負担が薬よりも少ないのです。

1‐3.生理周期・月経のリズムを整える効果

漢方は不妊症に直接効果があるとは断言できません。
しかし、直接的ではなくても不妊症の原因を改善できる力を持っているのです。
漢方薬は乱れている生理周期や月経のリズムを整える効果があります。
生理周期・月経リズムを整えることができれば、自然と妊娠しやすい体になるでしょう。
不妊症の人ほど月経に異常があるため、整えることができるのはうれしい効果です。
また、不妊症だけでなく、女性にとってうれしい効果はたくさんあります。
冷え性の改善や基礎体温の上昇、体調不良の改善などさまざまな効果が生まれるのです。

2.不妊症によく使う漢方薬

2‐1.温経湯(うんけいとう)

漢方薬にはさまざまな種類があります。生薬を何種類も混ざっているのが漢方薬です。混ぜ合わせる生薬の種類・量・数によって漢方薬の効果は変わります。必ず知っておいてください。
不妊症によく使う漢方薬もたくさんの種類があります。
主に使っているのは「温経湯(うんけいとう)」です。
温経湯(うんけいとう)は、生理不順・生理痛・冷え性・めまい・頭痛などの症状を改善してくれると言われています。
実際に飲んだ人の中には「排卵が起きにくい体質が改善した」「基礎体温が上昇した」など、うれしい効果を実感しているのです。
妊娠しやすい体質になるには、基礎体温が大切なポイントになります。
温経湯(うんけいとう)を飲み続けながら基礎体温のグラフをつくっていきましょう。
月経周期がきちんと正常かどうか確かめることができますよ。

2‐2.当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

不妊症はもちろん、女性特有の悩みを解消してくれる漢方薬です。
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は、冷え性・貧血・むくみ・生理痛・生理不順・肩こり・更年期障害などさまざまな症状に効果を発揮します。
男性よりも女性の使用が多い漢方薬ですね。
漢方薬によって効果が期待できる体質が異なります。
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)はやせていて体力がない人におすすめです。
不妊症だった人が飲んで妊娠したと言う話も出ていました。
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は病院でも処方することが多い漢方薬です。
しかし、効果を実感している人がいても体質によって異なります。
自分の体質に合っていれば効果はすぐに実感できるものです。女性すべてが効果があるとは限りません。注意してくださいね。

3.漢方薬の値段と注意点について

3‐1.1か月でおよそ20,000円前後

不妊症に漢方薬を試したいけれども気になるのが「値段」ですよね。
漢方薬はすぐに効くのではなく、毎日飲み続けることで効果が出てくるもの。そのため、飲み続けやすい値段でなければ続きません。
漢方薬の種類や病院・漢方薬局によって異なりますが、目安は1か月でおよそ20,000円前後と考えてください。
漢方薬はさまざまな生薬が混ざっているので値段が高くなってしまうのです。
また、質の良い漢方であればあるほど値段は高くなるでしょう。
成分の濃さや質のことを考えたうえで、漢方薬を選ばなければなりません。
同じ漢方薬でも値段は異なります。

3‐2.体質や症状に合った漢方薬を選ぶ

値段はあなた自身で決めて良いですが、漢方薬は専門家に相談した方が良いでしょう。漢方薬にもさまざまな種類があり、不妊症に効く種類も多いです。
そのため、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。
不妊症に効く漢方薬かどうかは、自分の体質に合っているかどうかが大きなポイントになるのです。
漢方薬を飲み続けても一向に効果が実感できないのなら、あなたの体質に合っていなかった証拠になります。
確実に効果を実感するためには、体質や症状に合った漢方薬を選ばなければなりません。
素人では判断しにくいので漢方に詳しい専門家に相談してください。
近くにある漢方薬局、または漢方を処方している病院を受診しましょう。

まとめ

不妊症の原因と漢方薬との関係、不妊症によく使う漢方薬、漢方薬の値段と注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
不妊症で悩んでいる人はぜひ自分に合った漢方薬を試してみてください。
漢方薬によって妊娠しやすい体づくりができますよ。

  • 月経に問題がある人ほど不妊症になりやすい
  • 漢方は「体質改善」を目標としている
  • 生理周期や月経リズムを整えてくれる
  • 温経湯(うんけいとう)と当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 1か月でおよそ20,000円前後
  • 体質や症状に合った漢方薬を選ぶ

以上のポイントは要チェックです。
自分の体質に合った漢方薬を選ぶためにも漢方に詳しい専門家に相談してくださいね。そして、正しい方法で漢方薬を飲み続けていきましょう。
体質に合った漢方薬を飲み続けると、必ず効果が生まれます。