抜け毛に効果がある漢方薬とは?抜け毛の原因や漢方が効く理由について


抜け毛抜け毛が多くなるほど心配になりますよね。
髪の毛は外見を美しく保つ大切な部分です。
若いのに髪の毛がなくなってしまうと一気に老けた印象を与えてしまいます。
そこで、抜け毛の原因や漢方薬が抜け毛に効く理由、抜け毛に有効な漢方薬について説明しましょう。
抜け毛で悩んでいる人は、まず「原因」をつかまなければなりません。
原因から適切な対処法を実践していきましょう。

目次

  1. 抜け毛の原因
  2. 漢方薬が抜け毛に効く理由
  3. 抜け毛に有効な漢方薬
  4. まとめ

1.抜け毛の原因

抜け毛は人によってさまざまな原因があります。
原因をきちんと把握しなければ対処ができません。そこで、主な3つの原因を紹介します。
あなたの抜け毛は何が原因で発生しているのか、一緒に確認していきましょう。

1‐1.忙しい人に多い“栄養不足”

毎日仕事や家事・育児で忙しい日々を送っている人に多いのが“栄養不足”です。
栄養不足に陥ると髪の毛が抜けやすくなります。
健康的な髪の毛は常に栄養が行き渡っている証拠です。
しかし、栄養が足りなくなってしまうと頭皮環境が悪くなります。
そして、次第に髪の毛も健康を失い、すぐに抜けてしまうのです。
最近、栄養バランスの悪い食生活になっていませんか?
栄養バランスの悪い食生活は悪い影響をおよぼすものです。
特に、ダイエットをしている女性は注意しなければなりません。ダイエットは食生活が乱れる原因になっています。
血行不良・頭皮環境の悪化につながるので、食事抜きダイエットなどは絶対にしないでください。

1‐2.“ストレス”による抜け毛

最近、特に多い原因が「ストレス」になります。
今はストレス社会と言われているため、過剰なストレスによる抜け毛が非常に多いのです。
過剰なストレスは自律神経の乱れを起こします。
自律神経は体をリラックスする副交感神経と緊張するときに活性化する交感神経で成り立っているものです。2つのバランスを保ち続けるからこそ、頭皮も健康になります。
しかし、ストレスは血管を収縮してしまうのです。
よって、血液が十分に行き渡らず、栄養不足に陥ってしまいます。
毎日ストレスを感じている人は、できるだけリラックスを心がけましょう。

1‐3.AGAや若ハゲが原因になることも

抜け毛はどちらかと言うと、男性に多い悩みです。
規則正しい生活習慣を送っているのにもかかわらず抜け毛ひどい男性は“男性型脱毛症(AGA・若ハゲ)”になっている可能性があります。
男性型脱毛症の場合は食生活の見直しと同時に、専門的な治療を続けていかなければなりません。
一般人では知識不足なため、男性型脱毛症になっているのか判断できないでしょう。
抜け毛の原因がわからない人は、1度病院で検査することをおすすめします。
男性型脱毛症と判断した場合は、すぐに専門的な治療を受けていきましょう。
抜け毛はできるだけ早めの対策が大切です。しっかり原因に合った対策をしていかなければ、抜け毛の量が増えてしまいます。

2.漢方薬が抜け毛に効く理由

2‐1.「髪の毛」は血が変化したもの

漢方薬は西洋医学とはまったく違う考え方を持っています。
西洋医学は症状を緩和するために薬を使う方法が主流です。
しかし、漢方薬は原因そのものにアプローチをする方法になります。
原因をしっかり考えたうえで生薬を何種類も組み合わせて漢方薬をつくるのです。
また、漢方薬の考えでは抜け毛=血の不足、血行不良が問題になっています。
つまり、髪の毛は血のあまり、血が変化したものととらえているのです。
よって、血行不良や血の不足による原因の抜け毛は、漢方が効果的と言われています。
血液の流れによって頭皮に影響が行き渡るため、血を増やすことで発毛・育毛をうながすことができるのです。

2‐2.人の体質・状態に合わせて漢方薬を選ぶ

漢方薬は人の体質や状態によって選ばなければなりません。
自分に合っていない漢方薬を選んでも効果は現れないでしょう。
漢方を飲んで効果がなかった人は、自分の体質・症状に合っていない証拠なのです。
漢方に関する知識がなければ、自分に合った漢方薬が選べません。
よって、漢方薬に詳しい病院や専門的に取り扱っている漢方薬局に相談してください。自分の体質や症状について詳しく説明することが大切ですよ。
また、漢方薬は“毎日飲み続けること”が重要になります。
毎日飲み続けることで、必要な成分が体の中に保持できるのです。

3.抜け毛に有効な漢方薬

3‐1.桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)

抜け毛に有効な漢方薬は主に2つだと言われています。
桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)は、抜け毛・脱毛症、神経のたかぶり、神経衰弱、不眠症などの症状に効果的です。
気がとどこおっているタイプに効果があるため、ストレスによる抜け毛を心配している人に効果があります。
漢方薬の効果を実感するには、最低でも3か月間飲み続けてくださいね。3か月間飲み続けることで次第に抜け毛の状態も良くなります。
漢方薬の力を借りながら、日常生活を規則正しく改善することが大切です。
規則正しい生活を送ることで基盤がしっかりします。基盤がしっかりしなければ漢方薬の効果も発揮しません。

3‐2.加味逍遥散(かみしょうようさん)

桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)のほかにもう1つ効果的な漢方薬があります。
「加味逍遥散(かみしょうようさん)」です。
加味逍遥散(かみしょうようさん)は抜け毛はもちろん、便秘や頭痛など炎症・のぼせに効果を発揮します。
さらに、血行不良や冷え性、月経不順にも効果的です。
血が不足している人は加味逍遥散(かみしょうようさん)を試してみてはいかがでしょうか。
血の流れをよくすることで頭皮の血行も活性化します。栄養は血の流れとともにやってくるため、栄養が行き渡るのです。
抜け毛に有効な漢方薬は主に以上の2つになりますが、ほかにもさまざまな漢方薬があります。
自分の体質に合っている漢方薬を選ぶためにも、漢方薬局に相談してくださいね。

4.まとめ

抜け毛の原因や漢方薬が抜け毛に効く理由、抜け毛に有効な漢方薬を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
漢方薬は副作用がないので安心して飲めます。
効果が出てくるまで時間がかかる可能性もありますが、地道に飲み続けていけば効果が現れるでしょう。
しかし、自分に合っているかどうかが大切なポイントになります。
漢方に詳しい漢方薬局や病院に相談して選んでくださいね。

  • 忙しい人に多い“栄養不足”
  • “ストレス”による抜け毛
  • AGAや若ハゲが原因になることもある
  • 「髪の毛」は血が変化したもの
  • 人の体質や状態に合わせて漢方薬を選ぶ
  • 桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
  • 加味逍遥散(かみしょうようさん)

以上のポイントを踏まえて、漢方薬を飲み続けましょう。
他人に効果があったとしても、自分に効果があるとは限りません。
自分の抜け毛の状態や体質、原因をしっかり確認してから、専門的知識を持っている人に相談してください。
効率的に抜け毛を治すためにも大切なポイントですよ。