アトピー性皮膚炎の原因は何?効果的な予防法と治療法を学ぼう!


スキンケアアトピー性皮膚炎のつらさは、本人しかわからないですよね。
ここでは、アトピー性皮膚炎の原因や、効果的な予防法と治療法について解説していきましょう。

  1. アトピー性皮膚炎の原因には何があるの?
  2. アトピー性皮膚炎の予防法はどうすればいい?
  3. アトピー性皮膚炎の治療法を学ぼう
  4. まとめ

この記事を読むと、アトピー性皮膚炎の原因や予防策・治療法について、理解できますよ。

1.アトピー性皮膚炎の原因には何があるの?

もともと肌質が弱い人が、なんらかの原因によりアトピー性皮膚炎を引き起こすのですが、その原因はさまざまです。
ここでは、アトピー性皮膚炎の主な原因とされている例を挙げてみましょう。

1-1.刺激の強い食べ物

刺激の強い食べ物は、皮膚のかゆみや赤みを誘発します。
たとえば、辛(から)い物、が代表的でしょう。
さらに、食べ物の温度も大切で、熱すぎる物や冷たすぎる物も、避けた方が良いです。
また、一般的にアレルギーが出やすいとされる食材も、アトピー性皮膚炎の原因になると言われていますので、注意しましょう。

1-2.ダニやほこり

ダニやほこりに対してアレルギー反応を起こす人は多いですが、これらもアトピーの原因のひとつとされます。
アトピー患者は、ダニやほこりに対する抗体反応が高く出るとのデータからも、因果関係は深いと言えるでしょう。
衛生状態の悪い環境に身を置くと、症状が悪化しやすい場合は、ダニやほこりに反応している可能性がありますね。

1-3.皮膚の細菌バランスの崩れ

最近、皮膚の細菌バランスが崩れることが原因となる、との研究報告に注目が集まっています。
具体的な内容としては、アトピー性皮膚炎の患者の皮膚上では、黄色ブドウ球菌などが異常発生しており、このことによる細菌バランスの崩れを指摘。
免疫力の低下などにより、皮膚上で特定の細菌が異常繁殖して、細菌バランスが崩れることでアトピー性皮膚炎の原因となることが、報告されたのです。

1-4.自分の汗に過敏反応

自分の汗の成分によって、アトピー性皮膚炎を発症する人もいます。
なので、汗をあまりかかないようにするか、汗をかいたらすぐに拭き取るなどを対応をしなくてはなりません。
汗の中にはナトリウムが含まれており、これが刺激となって、かゆみや赤みを引き起こしてしまうのですね。

1-5.パソコンやスマホからの電磁波

アトピーの原因とされるものの中には、まだ根拠が解明されていないものもあります。
そのひとつが、電磁波。
私たちは、パソコンやスマホを操作することで、これらの機器から出ている微弱な電磁波を浴びています。
この電磁波が、皮膚表面に静電気を引き起こし、それによってほこりが引き寄せられて、アトピー性皮膚炎を発症させるとのこと。
また、知らず知らずのうちに、電磁波はストレス要因になっていることもあり、スマホやパソコンを長時間扱う際には特に気を付けたいところです。

2.アトピー性皮膚炎の予防法はどうすればいい?

では、アトピー性皮膚炎の予防策を考えてみましょう。
完全に予防することはできないとしても、意識的に行うことで、症状の悪化を防ぐことはできます。

2-1.原因が判明している場合は取り除く

もしも、アトピー性皮膚炎の原因が判明していたら、その原因を取り除くことが大切です。
原因を取り除かない限り、アトピー性皮膚炎は治らないとも言えるでしょう。
でも、原因がわかっているということは、予防策も行いやすいので、その意味では幸運と言えます。
今後、アトピー性皮膚炎に悩まされないためにも、特定された原因の除去に努めましょう。

2-2.刺激の強い食べ物を食べない

辛(から)い物や、刺激の強い物を食べないようにしましょう。
なぜなら、辛(から)い物や、刺激の強い物を食べると、血流が増加したり、神経が興奮したりするからです。
食べ物の影響は、思ったよりも大きいので、気を付けなくてはなりません。
アトピー体質の人の場合、皮膚のかゆみや赤みを増長させてしまうので、注意しましょう。

2-3.身の回りを清潔に保つ

肌を清潔に保つことはもちろん、寝具や肌着など、身につける物も清潔な物を使うことが大切です。
アトピー体質の人は、一般の人よりも、細菌類やウイルス類に対する抵抗力がありません。
そのため、極力清潔な環境の中に身を置くのが良いのです。
また、空気清浄器を使用するなど、室内のハウスダストにも気を付けましょう。

2-4.ストレスをためないようにする

ストレスがたまると、体内の免疫力が下がって症状が悪化してしまいます。
そのため、アトピー性皮膚炎を予防するには、ストレスをためない生活を送るようにしましょう。
あまり神経質にならず、ゆったりとした心構えでいることが大切です。
ストレスをためないためにも、自分なりの解消法を持ったり、十分な睡眠をとったりすることも心がけましょう。

3.アトピー性皮膚炎の治療法を学ぼう

アトピー性皮膚炎の治療法も、いくつかあります。
今回は、現在行われている主な治療法を3つ取り上げてみましょう。

3-1.適切なスキンケアと保湿ケアを行う

アトピー性皮膚炎の治療で、適切なスキンケアと保湿ケアを外すことは考えられません。
肌本来のバリア機能を保つためにも、入浴を行って清潔にし、その上での保湿ケアが重要になってきます。
ただし、入浴中に体を洗うときには、刺激が強いのでスポンジやタオルは使わず、手のひらで低刺激性のせっけんを泡立ててから、やさしく洗いましょう。
また、保湿ケアは入浴後、肌が乾燥しないうちに保湿ローションを使って、お手入れします。
コツは、保湿ローションをたっぷり使うことと、使うときにこすらないこと。
適切なスキンケアと、保湿ケアは基本中の基本なので、丁寧に行ってください。

3-2.外用薬を塗る

皮膚科で治療を受けると、多くの場合、アトピー性皮膚炎の症状を抑えるための外用薬が処方されます。
医師の指導に従って、適切な使用を行えば、症状の改善が期待できるでしょう。
皮膚のただれや赤みが気になる、かゆみがひどくて耐えられない、などの場合には、外用薬を塗ることで症状を鎮めることができるかもしれません。
ただし、薬が体質に合わなければ、かえって悪化することもあります。
その場合は、医師に相談してほかの薬への変更を試みるか、薬以外の治療法を模索しましょう。

3-3.自然治癒力を高める漢方薬を飲む

漢方では、病気を治す際に体の弱いところを補う、という東洋医学の考え方により、漢方薬を処方します。
つまり、体が本来持っている自然治癒力を高めよう、という考えに基づいているのですね。
アトピー性皮膚炎についても、その人の体質や症状に合わせて、適切と思われる漢方薬を処方して改善を狙います。
そのため、それぞれの人で処方が全く異なることもあり、この漢方なら必ずアトピーに効くとは一概には言えません。
漢方薬の処方は、体質や症状を慎重に見極めながら、服用中の経過を観察していきます。
基本的には、体質改善による症状の軽快を目指すため、穏やかな効果の出方になると考えて良いでしょう。
根本的にアトピー体質から解放されたい場合は、漢方薬での治療も積極的に検討するのがおすすめです。

4. まとめ

アトピー性皮膚炎の原因や、予防法・治療法について、解説してきました。
ここで、もう一度今回の内容をまとめておきましょう。

  • まずはアトピー性皮膚炎の主な原因を学ぶ
  • 症状の原因に対して適切な予防法を学ぶ
  • アトピー性皮膚炎の主な治療法を学んで実践する

アトピー性皮膚炎は、原因も多岐にわたり、その予防法や治療法もいくつか選択肢が存在することが、おわかりいただけたはずです。
どの治療法を選択するのかは自由ですが、体に負担が少なく、根本的に体質を改善する治療法を積極的に取り入れることが、ベストでしょうね。