つらいアレルギー体質を改善したい人必見の体質改善方法は?


アレルギー体質を何とか改善したい…。
そう考えている人は、多いでしょう。花粉症やハウスダスト、動物・食べ物アレルギーなどは非常に厄介なものです。アレルギーのせいで気軽に外を散歩できなかったり、動物に触れなかったりするのは、なかなかつらいもの。そこで、この記事では代表的なアレルギーのことや、アレルギー体質の原因、改善方法などをご紹介していきます。アレルギー体質で悩んでいるという人は、ぜひ参考にしてくださいね。

  1. アレルギー体質になる原因は?
  2. 代表的なアレルギー疾患について
  3. アレルギー体質を改善するには?
  4. まとめ

1.アレルギー体質になる原因は?

そもそも、何が原因でアレルギー体質になるのでしょうか。ここでは、アレルギー体質になる原因についてお話していきます。

1-1.遺伝が原因の場合もある

自分の両親がアレルギー体質である場合、自分もアレルギー体質になる可能性が高くなります。このように、アレルギー体質は遺伝することもあるのです。

1-2.食生活が原因

近年の日本では、食の欧米化が進んでいます。そのため、カロリーが高く脂質の多い食事をする人が多くなっているのです。その上、野菜を摂取する機会が減っているため、栄養バランスが偏りがちになります。その結果、アレルギー体質になってしまう人は多いのです。ほかにも、忙しくて満足に食事をとっていなかったり、ダイエットで断食していたりすることも、アレルギー体質につながるキッカケとなります。

1-3.生活習慣の乱れが原因

ついつい夜更かしして寝不足ぎみになっていたり、運動不足になっていたりしませんか? このように、生活習慣が乱れることもアレルギー体質を作り出すキッカケになるので注意が必要です。生活習慣を見直して、体内の抵抗力を高めていきましょう。

1-4.亜鉛不足が原因

意外かもしれませんが、実は亜鉛不足によってアレルギー体質になることもあるのです。実際、アレルギー体質の人は亜鉛が少ないという傾向があります。

1-5.ストレスが原因

ストレス社会であるため、日本では誰でもストレスを抱えやすいです。特に、ストレスは無意識のうちにたまってしまうものなので、非常に厄介なもの。このストレスがたまりすぎると、ビタミンが破壊されてしまうため、アレルギー体質になりやすくなってしまうのです。

2.代表的なアレルギー疾患について

ひとくちにアレルギーと言っても、さまざまなものがありますね。そこで、ここでは日本人に多いと言われている代表的なアレルギー疾患をご紹介しましょう。

2-1.アトピー性皮膚炎

乳幼児や子どもを中心に多いアレルギー疾患の1つです。昔は子どもに多く、大人になると治るというケースが多いと言われていました。しかし、最近では成人してから発症したり、成人するとよりひどくなったりするケースが増えているので注意が必要です。

2-2.気管支ぜん息

こちらも、子どもを中心に多いアレルギー疾患の1つでしたが、最近では成人してから発症する人が増えています。過剰な運動やストレス、抗原を吸い込んでしまうことがキッカケとなって発症することが多いです。

2-3.アレルギー性鼻炎

花粉症やハウスダスト、動物アレルギー、カビアレルギーなどがこれですね。特に日本では花粉症に悩まされる人が多く、人によっては1年を通してさまざまな花粉による鼻炎症状に悩まされています。

2-4.アナフィラキシー

全身にアレルギー反応が起こって、重症状態に陥る危険性の高いアレルギー疾患です。アレルゲンはもちろんのこと、ペニシリンなどの薬物を投与したことが原因となることもあります。アナフィラキシーを起こすと血圧が低下したり、全身にじんましんが出たりするほか、最悪の場合は呼吸困難や意識障害に陥るので注意が必要です。

2-5.薬物・食べ物・金属アレルギー

対象の薬物・食べ物や金属に反応してアレルギー症状が出ます。そのため、アレルギー症状を起こしている対象となっている薬物の投与をやめたり、食べ物を食べないようにしたりすることで、アレルギー症状を緩和できるでしょう。

3.アレルギー体質を改善するには?

じんましんや鼻水、鼻づまり、目の痒(かゆ)み、発作など、とにかくアレルギーの症状にはつらいものが多いです。できれば改善して、アレルギー症状に怯(おび)えることのない生活を手に入れていきたいと思う人は多いでしょう。そこで、ここではアレルギー体質を改善するためのポイントをご紹介します。

3-1.腸内環境を改善させる

アレルギー症状に悩まされている人のうち8割以上が、便秘にも悩まされていると言われています。便秘になると、腸内に便が長時間とどまることになり、その便はどんどん腐敗していくわけです。その結果、有毒なガスが発生し、血管をめぐって全身に行き渡ってしまいます。この有毒なガスが原因となり、肌荒れを起こし、アトピー性皮膚炎につながることもあるのです。
また、人間の腸内には免疫細胞があります。腸内に長時間便がとどまると、腸内環境も悪くなるため、免疫力も下がってしまうのです。その結果、アレルギー体質になるケースも増えています。積極的に食物繊維や乳酸菌が多く含まれた食べ物・飲み物を摂取するようにして、腸内環境を整えていきましょう。

3-2.亜鉛を積極的に補おう

アレルギー体質に悩まされている人の多くは、亜鉛不足に陥っています。亜鉛は活性酸素を除去する働きのほかに、炎症反応を抑制したり細胞の再生を助けたりと、さまざまな働きを持っているのです。亜鉛が不足すると、これらの働きが正常に行われなくなるため、炎症を起こしやすく、粘膜の細胞も壊れやすくなってしまいます。その結果、アレルギー体質となりさまざまなアレルギー症状を発症しやすくなるのです。

3-3.適度な運動を心がける

特に金属アレルギーに悩まされている人の場合、体内に金属物質が残っていると、それがなくなるまでアレルギー症状に悩まされてしまいます。そこで、適度な運動を心がけて汗を流して体をデトックスしてあげましょう。こうすれば体内にとどまっている金属物質が汗によって流れていくため、アレルギー症状を早く緩和できます。

3-4.漢方薬で改善する

アレルギーの治療では、ステロイド剤など長期間使用していくことに問題のある薬も多いです。そこで近年注目されているのが、漢方薬。西洋医学で使われている薬剤と違って、体に対する負担が少ないことから、安心して飲み続けていけることが人気のヒミツとなっています。西洋医学で使われている薬のように、即効性はありませんが、飲み続けていくことによって体の内側から少しずつ体質を改善していくことができるでしょう。ある程度時間を必要とする治療法ではありますが、安心して飲めること、体質そのものを変えていけることなど、さまざまなメリットがあります。

漢方薬は、ドラッグストアでも販売されています。しかし、購入できる漢方薬は万人に効果が出るように調合されているため、人によっては効果が出にくいこともあるでしょう。そこでおすすめなのが、漢方薬局です。漢方薬局とは、漢方薬を専門に調剤・販売する薬局になります。薬剤師に改善したい症状や体質を説明して薬を処方してもらえば、自分の体質に合った漢方薬を購入することが可能です。医心堂薬局では、店頭でのご相談のほか、電話やメールでの相談もできます。遠方の方もぜひ利用してみてください。症状や治したい体質から最適な漢方薬をおすすめできます。なお、漢方薬の処方をご希望の人は、直接ご来店ください。

医心堂薬局無料相談
http://www.ishindo.net/無料相談のお申し込み.html

4.まとめ

アレルギー体質の原因や改善策についてご紹介してきましたが、いかがでしたか? アレルギー症状による苦しみは、抱えている本人にしか分からないもの。1年を通して悩まされる症状は本当につらいものですが、季節限定で現れる症状も、その季節が来るたびに憂鬱になってしまいます。また、アレルギーによってはアナフィラキシーのように、命にかかわるものもあるため、侮れないのです。アレルギー体質に悩まされている人は、自分でできる対策を行い、少しずつ体質の改善を行っていきましょう。根気よく続けていくことで、アレルギーに悩まされることのない、強い体を作ることができるはずです。