倦怠感や疲労感の原因は?解消法・効果的な漢方を紹介!


風邪を引いているわけでもなく、特に具合が悪いわけではないのになぜか疲れる。そんなことありませんか?原因が分からない倦怠感や疲労感は、非常に厄介です。ここでは、そんな疲労感や倦怠感の原因と解消法を紹介します。

  1. 倦怠感・疲労感の原因
  2. 倦怠感・疲労感の解消法

1.倦怠感・疲労感の原因

倦怠感の原因はさまざまな要因があります。考えられる原因別に紹介しましょう。

1-1.睡眠不足や疲れ

仕事が忙しく時間に追われ、睡眠不足が続いていませんか?心身ともに疲れがたまっていると倦怠感が起こります。不規則な生活によって、全身がだるくちょっとしたことで疲れてしまうことも。しっかり寝ていてもなぜか疲れがとれないという場合、質のいい睡眠がとれていない可能性があります。ただ寝ていればいいというわけではなく、上質な睡眠をとることで体も回復し疲れもとれるのです。寝たのに寝た気がしないという人は、睡眠自体を見直してみましょう。
もしかすると、睡眠時無呼吸症候群の可能性も考えられます。呼吸停止が頻繁に起こるため、さまざまな障害を引き起こす可能性があるため要注意です。

1-2.ストレスの蓄積

仕事でのストレスを抱え込んでいませんか?業績のプレッシャーや人間関係、引っ越しなどの環境の変化もストレスの原因になります。このようなストレスが積み重なることで、倦怠感や疲労感を発生させるのです。そのまま放置すると、うつ病などになる可能性がありますから、十分に注意しましょう。

1-3.食生活の乱れ

偏った食生活を送っていると、ミネラルやビタミンなどが不足します。体に必要な栄養が不足した場合、倦怠感を引き起こすでしょう。特に重要なのはビタミンB類です。ビタミンB群は、栄養をエネルギーに変換する役割を持っています。不足することでエネルギー不足に陥り、体が疲れやすくなるのです。さらに、鉄分が不足しても貧血などからだるさを感じさせます。

1-4.病気

倦怠感や疲労感がある場合、病気の可能性も否定できません。原因となる病気は、

  • 風邪
  • インフルエンザ
  • 急性肝炎

などが考えられます。ほかにも、むくみが伴う場合は腎臓や心臓の疾患が考えられるでしょう。貧血や更年期障害、低血圧なども倦怠感や疲労感を引き起こします。うつ病などの精神的な疾患はもちろんのこと、糖尿病や胃がんなども原因のひとつです。

少しでも体がおかしいな?と感じたら、診察を受けましょう。ただの風邪程度ならいいですが、大きな病気が隠れている可能性があります。定期的に人間ドックなどを受けておくと安心ですね。食欲不振や微熱、吐き気などを伴う場合も一度順したほうがいいでしょう。

1-5.週末疲れ

平日は仕事で忙しく時間に追われ、週末になるとぐったり1日寝て過ごすなんてことありませんか?毎日働き日曜は1日寝て過ごしたとしても、月曜に疲れがとれず披露感たっぷりでまた仕事。これでは悪循環です。疲労感や倦怠感を積み重ね、いつまでもすっきりしない日々を送ることになりかねません。

2.倦怠感・疲労感の解消法

日常の中で倦怠感や疲労感をなくす予防法があります。病気の予防にもつながりますので、毎日の生活の中にとり入れましょう。

2-1.規則正しい生活

これは当然ですが、一番難しいことですね。分かっていてもできない人のほうが多いと思います。昼夜逆転の生活を改善し、朝日をしっかりと浴びるように意識してみましょう。自律神経を正すことで改善に向かいます。

2-2.良質な睡眠をとる

倦怠感や疲労感が出てきたら、まず休息をとりましょう。無理をせずに息抜きすることも大切です。寝具を見直すことで、睡眠の質を高めることができます。枕一つでも違ってきますので、自分にあった寝具を選びましょう。寝る前のコーヒーなど、カフェインの摂取は控えます。

2-3.バランスの良い食生活

食事は体の基礎です。バランス良く食べることで、健康な体を作ります。極端に野菜だけ食べていればいい、炭水化物を抜くといった食生活はやめましょう。朝食も必ずとるようにします。朝からしっかりと食べるのはちょっと・・・という人は、栄養価の高いものを少量でいいので食べるといいですね。白米を玄米に変えるだけで、ミネラルやビタミンといった必要不可欠な栄養素を補うことができるでしょう。
忙しくて「どうしても食事に気を使っていられない!」という人は、市販のサプリメントに頼る方法もありでしょう。

2-4.ストレスを発散する

趣味に没頭する、自然に触れるなどのストレス発散を行いましょう。日々の仕事も大切ですが、たまのリフレッシュはさらに大切です。悩みを一人で抱えているなら、誰かに相談してみましょう。ペットを飼うというのも、ストレス発散方法のひとつです。

2-5.適度な運動

過度な運動は必要ありませんが、適度に運動することで体も適度に疲れ、十分な睡眠をとることができます。食欲増進の効果もあるため、しっかりと栄養を補うことにもつながるでしょう。

2-6.漢方の力をかりる

疲労感が長期的に続く場合、漢方の力をかりる方法もおすすめです。漢方の観点から考える疲労感の原因は3つあります。

  • 気虚(ききょ)・・・気が不足している状態です。
  • 気滞(きたい)・・・必要なところにエネルギーが届かず、停滞してしまっている状態。
  • 熱証・・・体内で過剰にエネルギーが消費されている状態です。

それぞれに使用する漢方は違いますが、薬と違って優しく体に作用します。さすがに薬までも必要ないというときはいいですね。

まとめ

いかがでしたか?たかが倦怠感と侮っていた人もいるでしょう。ちょっと疲れているだけと割り切ることも大切ですが、できれば自分の生活を見直し受診してみてもいいと思います。誰でも同じ原因のわけではなく、個々で原因が違うのです。原因を見つけ出し解消することができれば、おのずと倦怠感も疲労感もなくなるでしょう。

ここで紹介した解消法を組み合わせて、自分なりに毎日続けられる方法をみつけましょう。体にも良く、疲れもとれるなら一石二鳥です。日々の健康と維持のためにできることをやりましょう。ストレス発散の方法として、大きな声を出すカラオケや、マイナスイオンたっぷりの森林浴などもいいですね。読書で心穏やかに過ごす時間も大切で、ストレス発散できる時間の過ごし方といえます。