目の疲れの原因や解消法が知りたい!効率的に症状を和らげるコツ


毎日パソコン画面や携帯電話を扱っていると目の疲れがたまります。
目の疲れを放置していると、目をあけることもおぼつかなくなるでしょう。
頭痛や肩こりなどの症状にもつながるので、できるだけ早めに解消しなければなりません。
そこで、目の疲れの原因や解消法、予防について詳しく説明します。
眼精疲労グッズもご紹介するのでぜひチェックしてください。

  1. 目の疲れの原因
  2. 目の疲れの解消法
  3. 目の疲れの予防法
  4. まとめ

1.目の疲れの原因

多くの人が目の疲れを経験しています。
何とかして疲れをとりたいけれどなかなか治らない人は多いでしょう。
目の疲れを解消するには「原因」を把握しなければなりません。
主にあがっている原因を3つご紹介します。

1‐1.目に悪い生活環境

バスや電車の中ではほとんどの人が携帯電話・スマートフォンを扱っています。
インターネットが普及してきた現代、パソコンやスマートフォン・携帯電話は生活に必要不可欠なアイテムです。
しかし、以上の電子機器は目に悪い光を出しています。
長時間見続けるほど目が疲れやすくなるでしょう。
デスクワークで長時間パソコン画面を見るのなら、定期的に休憩をいれていかなければなりません。
また、部屋の明るさや画面との距離、エアコンの風による乾燥など目に悪い環境はたくさんあります。
自分の生活環境を見直してみてください。
さらに、ストレスも目が疲れる原因の1つです。
ストレスの多い環境は心理面だけでなく、体にも悪影響をおよぼします。

1‐2.近視・乱視・遠視・老眼などの矯正不良

近視や乱視、遠視、老眼など矯正不良が目の疲れを起こしている可能性が高いです。
目の疲れを感じるほとんどの人が矯正不良という原因を抱えています。
人によって視力の低下スピードは異なるでしょう。
眼科で検査してもらったのにすぐコンタクトやメガネの度数が合わなくなってしまいます。
ずっと合わないまま過ごしていれば、目が疲れやすくなるのです。
自分で調整できればいいでしょう。できない場合はすぐ眼科を受診してください。
また、左右の視力の差が激しいことも原因の1つです。
左右で視力が合わなくなってきたときは素早く対処しましょう。
中でも老眼は40代~60代に進行する傾向があります。定期的な検査が必要です。

1‐3.病気が原因の場合

病気が原因となって目に疲れが出てくるケースもあります。
一般的な症状としては、目のかすみや痛み、充血、乾燥、しょぼしょぼするなどが代表的です。
しかし、めまいや吐き気、頭痛など体に表れる症状が出てくるのなら病気が原因の可能性が高いでしょう。
体や精神面への悪影響がひどい場合は病気の確率が高いです。
主な原因としては、自律神経失調、更年期障害、脳や耳・歯の異常、循環器系・消化器系の疾患があるでしょう。病気が原因の目の疲れは放置するほど悪化します。
日常生活に支障をきたす恐れもあるため、できるだけ早めに解消してください。
専門的な医療施設での検査が必要になります。

2.目の疲れの解消法

2‐1.メガネやコンタクトの調整、目薬の使用

目の疲れを解消するため、さまざまな方法を試している人は多いです。
もし、メガネやコンタクトを使用しているなら矯正不良が原因になっている可能性があります。
まずは視力検査をして、視力に合った度数に調整しましょう。
特に、左右の目の視力に差があると目が疲れやすくなります。
40代~60代に多い老眼は視力低下のスピードが速いです。定期的な視力検査を受けなければなりません。
そして、目薬の使用も1つの解消法になります。
乾燥しやすい環境で働いている人ほどドライアイになりやすいです。
ドライアイは目薬を使用して潤いを与えていきましょう。
目薬にもさまざまな種類があります。自分に合った目薬を使用するため、眼科で処方してもらったほうが安心です。

2‐2.生活習慣の改善と漢方薬の使用

あなたは毎日規則正しい生活を送っているでしょうか。
実は、乱れた生活習慣も目の疲れを引き起こす要因になります。
睡眠不足が続く、栄養が偏った食事、運動不足など生活が乱れている人は規則正しく改善してください。
規則正しい生活習慣は基本中の基本です。
生活をきちんと改善したうえで「漢方薬」を活用していきましょう。
目の疲れに効果的な漢方薬がたくさんあります。
たとえば、血の不足から目の疲れが起きている場合、「こ菊地黄丸(こぎくじおうがん)」が効果的です。
視力低下や目の痛み、乾燥、花粉症にも効力が発揮します。
また、ストレスを抱えている人は「杭菊花(こうきっか)」という漢方薬がおすすめです。
杭菊花(こうきっか)は菊の香りが特徴的なのでリラックス効果を得ることができるでしょう。
ほかにも、さまざまな漢方薬があります。
自分の体質や症状によって適切な漢方薬が変わるでしょう。
適切な種類を選ぶため、漢方に詳しい漢方薬局に相談してくださいね。

3.目の疲れの予防法

3‐1.適度に休憩をいれる

目の疲れは自分しだいで予防できます。
最も効果的な予防法としては、「適度に休憩をとること」です。
デスクワークをしている人は1時間ごとに休憩をいれてください。
休憩するときは明るい光を見ず、遠くにある緑を眺めましょう。
休憩中でも携帯電話やスマートフォンをさわってはいけません。結局、画面を見たままの状態になるため、筋肉が緊張してしまいます。
遠くをジーッと見る、目をとじるなどゆっくり目を休めてあげましょう。
また、睡眠は目の疲れの回復に効果的です。
睡眠不足が続けば続くほど休憩をいれても休まりません。最低でも毎日7時間は睡眠をとってください。
そして、寝る前にスマートフォンや携帯電話、パソコンなどの電子機器は扱わないよう気をつけていきましょう。
寝る前に明るい画面を見るとリラックスできません。目の筋肉がリラックスできるかどうかが大きなポイントになるでしょう。

3‐2.目のまわりの血行を活性化する

血液の流れが悪くなるほど目のまわりの筋肉が緊張します。
筋肉の緊張状態が長く続けば目が疲れやすくなるでしょう。
よって、目のまわりの血行をよくすることも立派な予防法になります。
軽めのマッサージやツボ押しなど方法はさまざまでしょう。
中でも、「目をホットタオルで温める」方法がおすすめです。
温かいお湯にタオルをひたしてしぼってください。
そして、数分間目にホットタオルをあてましょう。
数分間あてただけでも目のまわりの血流が活性化します。
緊張していた筋肉がほぐれ、リラックス状態に導くことができるでしょう。
薬局にはホットアイマスクが販売しているので、ぜひチェックしてみてください。
リラックス効果のあるグッズを活用するのも1つの予防法です。

4.まとめ

目の疲れの原因や解消法、予防法について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。目の疲れは早めに対処しなければ蓄積していきます。
最終的に体だけでなく精神面まで悪影響をおよぼしかねません。
更年期障害や生活習慣病といった病気にも関係する症状です。
日ごろから目の疲れを感じたときは休憩して休めてください。
目の疲れをとるために「漢方薬」を使用する方法もあります。
漢方薬は体質改善が目的なので、疲れにくい目に改善してくれるでしょう。
漢方薬の効果を発揮するには規則正しい生活習慣が基本です。
自分の生活を見直しながら対策・予防を始めてくださいね。
自分に合った漢方薬を選ぶためにもプロの漢方薬局に相談しましょう。