腹部膨満感に潜む恐怖!お腹の張りの即効解消法・併発症について


お腹が張る…お腹がゴロゴロする…という症状でお悩みではありませんか? 腹部膨満感は、放置しておくと大腸がんや腸閉塞(へいそく)・子宮筋腫(きんしゅ)などの大病に発展する恐れがあります。また、すでに大病の一症状としてお腹が張っているという可能性もあるため要注意です。

腹部膨満感を今すぐ解消したい、胃のガスを抜きたい、という方のために腹部膨満感の解消法・原因・併発病などをまとめました。

  1. 腹部膨満感とは?
  2. 生活習慣による腹部膨満感の原因
  3. 腹部膨満感から考えられる病気
  4. 妊娠時の腹部膨満感について
  5. 腹部膨満感の治し方について
  6. 自分でできる腹部膨満感の即効解消法
  7. 腹部膨満感に効果のある漢方薬
  8. 腹部膨満感予防のためのセルフケア
  9. 腹部膨満感についてよくある質問
  10. まとめ

腹部膨満感の症状には、注意すべき体のシグナルや重篤な病気の危険も潜んでいます。腹部膨満感の解消のヒントや、見逃してはいけない体の症状が満載ですので、ぜひ最後まで読んでください。

1.腹部膨満感とは?

1-1.主な症状

腹部膨満感には、主に以下の症状があります。

  • お腹の張り
  • 腹部にガスが溜(た)まっている感じ
  • 腹部にしこりのようなものを感じる
  • 胃もたれ・胃の弱りを感じる
  • 便秘・下痢・吐き気がある

1-2.腹部膨満感のメカニズム

腹部膨満感は、以下の影響によってお腹が膨らむ状態のことをいいます。

  • 腹部にガスが溜(た)まっている
  • 胃が弱っている
  • 水が溜(た)まっている
  • 腫瘍(しゅよう)がある
  • 炎症している

早食いやしゃべりながら食事をすることで、食事とともに空気を取り込みすぎてしまうと腹部膨満感を引き起こす原因になります。また、胃の消化機能が弱まり胃の膨満感を引き起こすことがあるので、食事はゆっくり食べるようにしましょう。

1-3.腹部膨満感の主な原因

腹部膨満感を引き起こす原因は主に以下のとおりです。各原因の詳細は「2.生活習慣による腹部膨満感の原因」で後述します。

  • 食べすぎ/飲みすぎ
  • 早食い
  • ストレス
  • しゃべりすぎ
  • イモ・ゴボウなどでんぷん質が多くガスを発生させる食べ物の摂取
  • 大腸がんなど大病の一症状

1-4.腹部膨満感を放置してはいけない

腹部膨満感は、放置すると以下の病気に派生する可能性や、病気の一つの症状として膨満感になっている可能性があります。

  • 大腸がん
  • 腸閉塞(へいそく)
  • 巨大結腸症
  • 卵巣腫瘍(しゅよう)

「ただの張りにしてはしぶとい」「吐き気もする」「便秘が1週間続いている」というような場合は迷わず病院にいきましょう。

1-5.腹部膨満感になりやすい人

下記に当てはまる人は、腹部膨満感になる可能性が高いです。

  • 早食いの人
  • 食事をしながらおしゃべりをする人
  • 便秘気味の人
  • ストレスが胃腸にきやすい人

よく噛(か)んでゆっくり食べる、運動をする、積極的にストレス解消をおこなうなどの生活習慣の改善が必要です。

生活習慣の改善と併せて、体を温める漢方・血行をよくする漢方・便秘を防ぐ漢方・整腸作用のある漢方を日常的に飲むと、体質改善の近道になります。

2.生活習慣による腹部膨満感の原因

2-1.腹部膨満感の原因~食べすぎ・飲みすぎ

食べすぎ・飲みすぎは、胃の中にたくさんの食べ物が滞在し続けることになり、消化に時間とエネルギーを使います。消化不良は、胃のむかつきおよび、腹部膨満感の原因となってしまうのです。

2-2.腹部膨満感の原因~早食い・おしゃべり

早食い・しゃべりながら食事をとると、腹部に空気が溜(た)まり、腹部膨満感を引き起こす原因になってしまいますので要注意です。腹部に空気が溜(た)まることを呑気症(どんきしょう)・空気嚥下症(くうきえんげしょう)ともいいます。普段からしゃべる仕事をしている人も、空気を吸いすぎて呑気症(どんきしょう)になる可能性があるため、芸能人にも多い症状です。

2-3.腹部膨満感の原因~便秘によってガスが溜(た)まる

便秘になると、便だけでなくガスも腸内に溜(た)まってしまい、腹部膨満感の原因となります。運動・食物繊維の摂取・便秘薬を使ってガスを体外に排出するようにしましょう。

2-4.腹部膨満感の原因~ストレス

ストレスを受けると胃の活動や腸の蠕動(ぜんどう)運動が弱まりやすくなります。腹部膨満感とともに胃がキリキリ/シクシクと痛む人は、胃・腸ともにストレスの影響を受けている可能性が高いです。

3.腹部膨満感から考えられる病気

3-1.腹部膨満感の併発病~急性胃炎・慢性胃炎

急性胃炎

食べすぎ・飲みすぎ・ストレス・ウイルスなどが原因となり、突発的に胃が痛くなる場合は、急性胃炎の可能性があります。嘔吐(おうと)や発熱を引き起こし、かなりつらい症状になりますが、3日ほどで収まることがほとんどです。ウイルス性急性胃炎は、感染力が強いのでなるべく人と接触しないようにし、使用後のトイレは念入りに洗浄しましょう。

慢性胃炎

胃の粘膜が慢性的にただれていたり、炎症を起こしていたりする場合は、慢性胃炎の可能性があります。胃の痛みが数週間以上続く場合は慢性胃炎を疑いましょう。コーヒーや固い食べ物・脂っこい食べ物は避けてください。特に、空腹時に痛みを感じる場合や、胃に不快感がある場合、口臭が強くなった場合は慢性胃炎の可能性が非常に高いです。慢性胃炎を放置すると胃潰瘍(いかいよう)になってしまう可能性がありますので、病院にいって早めに治療してください。

3-2.腹部膨満感の併発病~胃下垂、胃腸虚弱

胃下垂自体は病気ではありませんが、へそや骨盤あたりまで胃が下がりすぎてしまうと、胃が正常に機能しなくなる可能性があります。胃下垂→胃腸虚弱になるパターンと胃腸虚弱→胃下垂になるパターンがあり、いずれにせよ胃下垂と胃腸虚弱は密接にかかわっているのです。胃腸の機能が弱まると胃が膨満感になるとともに、腸も膨満感になる可能性があります。

3-3.腹部膨満感の併発病~過敏性腸症候群

腹部膨満感とともに便秘や下痢を繰り返す場合は、過敏性腸症候群の可能性があります。ストレスが主な原因で、腸が知覚過敏状態になってしまう状態です。ストレスケアをメインとした治療をおこなう必要があります。

3-4.腹部膨満感の併発病~腸閉塞(へいそく)=イレウス

腸閉塞(へいそく)は、腸の機能が弱まり便・ガス・腸液が腸内に溜(た)まってしまう症状のことです。腸内の血管を圧迫したり、膨れ上がった腸が他の臓器を圧迫したりして、最悪の場合死に至るケースもあります。お腹がゴロゴロと鳴るのに便やガスが出ない場合や、吐き気を伴う場合は腸閉塞(へいそく)の可能性がありますので、今すぐ検査を受けてください。

3-5.腹部膨満感の併発病~巨大結腸症

腸閉塞(へいそく)と同様、腸の内容物が腸内に溜(た)まってしまう症状で、腸が以下のサイズまで膨らむと、巨大結腸症として取り扱われます。

  • 盲腸:12cm以上
  • 上行結腸:8cm以上
  • 直腸S状結腸:6.5cm以上

慢性的な便秘も巨大結腸症を引き起こす原因になります。

3-6.腹部膨満感の併発病~大腸がん

大腸がんの症状の一つとして腹部膨満感があります。貧血・便秘・体重の減少も大腸がんの症状の一つです。血便が出た場合は今すぐ検査にいってください。家族にがん患者がいる人や、喫煙習慣がある人、食物繊維が慢性的に不足している人は大腸がんになりやすいです。

3-7.腹部膨満感の併発病~子宮筋腫・卵巣腫瘍

女性で膨満感とともに下腹部の鈍痛を感じる方は、婦人科で定期的に検査することをおすすめします。子宮筋腫(きんしゅ)や卵巣腫瘍(しゅよう)は症状がわかりにくい病気ですので、検査による早期発見が重要です。女性にとって、腹部膨満感や腹部の鈍痛は生理痛にまぎれてしまいがちですが、積極的に定期健診にいってください。

3-8.腹部膨満感の併発病~その他

他にも、肝硬変・胃がん・網膜炎など、腹部膨満感にはさまざまな併発病があります。お腹の張りや、胃の痛みが続く場合は病院でエコー検査や胃カメラなどの検査を受けてください。

4.妊娠時の腹部膨満感について

4-1.腹部膨満感が妊婦に多い理由

妊娠中は、子宮が大きくなることにより、胃や腸などの消化器官が圧迫されてしまいます。妊娠する前と同じ食事量でも消化にも時間がかかるので、胃腸の負担が多くなり腹部膨満感になりやすいのです。

また、妊娠中は便秘になりやすいうえに便秘薬を控えることも多いので、便秘により腹部膨満感になってしまうこともあります。

4-2.妊娠時の腹部膨満感の原因

妊娠中に腹部膨満感になりやすい原因は他にもあります。

  • ホルモンバランスの変化による内臓の機能低下
  • 運動不足
  • 妊娠により腹壁が伸びやすくなる=お腹が膨らみやすくなる

4-3.妊娠時の腹部膨満感の症状

妊娠中の腹部膨満感は、お腹の張りや、妊娠初期なのにお腹が出るなどの症状が多いです。また、子宮が収縮することによって、腹部に違和感・重さを感じることもあります。朝起きた時にお腹が張っている状態は、子宮がブラクストンヒックス収縮という、痛みを伴わない収縮を起こしている可能性が高いです。

4-4.妊娠時の腹部膨満感の対処法

妊娠中でも服用できる便秘薬や漢方があるので、医師や調合師に相談してください。特に漢方は、便秘による腹部膨満感だけでなく、冷えや貧血を防ぐおまけ効果も期待できます。

また、無理のない範囲での散歩・運動や、血行をよくするためにストレッチをすることも効果的です。体を冷やさないようにし、腹部膨満感による体の違和感があったら、すぐに医師に相談してください。

5.腹部膨満感の治し方

5-1.腹部膨満感の自己チェック方法

先述のとおり、腹部膨満感には、さまざまな併発病があります。中には命にかかわる病気もありますので、下記のフローチャートで確認してみてください。

腹部膨満感の症状からわかる病気フローチャート

5-2.腹部膨満感について病院にいくべき症状

腹部膨満感は、時間経過や食生活の見直しなどによって自然に回復することもありますが、下記のような症状がある場合は迷わず病院にいってください。大腸がん・胃潰瘍(いかいよう)・腸閉塞(へいそく)など、重篤な病気の予兆である可能性が高いです。

  • 血便
  • ゴロゴロ音
  • 胃の痛み・違和感
  • 吐き気

5-3.腹部膨満感は何科へ?

腹部膨満感は内科・胃腸科にいってください。ストレス起因の場合は心療内科やセラピーなどに併せて通うのも効果的です。薬の飲み合わせには注意し、お薬手帳を使って飲んでいる薬を医師に伝えましょう。

5-4.腹部膨満感の治療法

腹部膨満感には、食事・ストレス・ウイルスなどのさまざまな原因が絡んでいるため、まずは腸内に細菌があるどうかを確認します。血液検査・尿検査などで内臓の調子を見る検査もすることになるでしょう。

検査の結果しだいで、以下のような薬を処方されることになります。

  • 腸内を殺菌する
  • 消化を助ける
  • 胃の粘膜を守る
  • 整腸剤
  • ガスをつぶす

5-5.腹部膨満感の治療について注意点

病院によっては、症状や問診によって(あるいは検査後でも)経過観察といわれることがあると思います。腹部膨満感は時間経過により治りやすい症状ですので、焦らず医師の指示に従ってください。ただし、経過観察中には食生活の改善や運動などを心がけ、症状が悪化した場合や、別の症状が出てきた場合にはすぐに医師に相談しましょう。

6.自分でできる腹部膨満感の即効解消法

6-1.腹部膨満感に効くツボ

腹部膨満感や胃の違和感に効くツボをご紹介します。腹部膨満感になった時や、なる前にも日ごろからツボ押しの習慣を身に付けておくと良いでしょう。

【食べすぎ・膨満感全般】

◆公孫(こうそん)…足の側面。親指の根本あたり。骨の出っ張った部分よりやや下。

【胃炎】

◆厲兌(れいだ)…足の人差し指。中指寄りの爪(つめ)の生え際。

【吐き気】

◆関衝(かんしょう)…手の薬指。小指側の爪(つめ)の生え際。

6-2.腹部膨満感に効く体操

腹部膨満感や、お腹・胃腸のガス抜きには体操が有効です。どれも妊娠時にもできる簡単な体操ですので、妊婦さんも体操を日課にしましょう。ウォーキングなど他の運動と併せておこなうとベターです。

【ガス抜き体操】

【整腸マッサージ】

【便秘に効く体操】

6-3.お腹を温める

お腹を温めることで、腹部膨満感を解消することができます。カイロや湯たんぽを使って外側から温めたり、ショウガなど体内から温める食べ物を摂ったりする方法がおすすめです。夏場でも、意外にお腹がヒンヤリしていることがあります。なるべく素肌を表に出さないようにしてください。

夏場でも足先・指先が冷たい人は、慢性的な冷え性の可能性があります。冷え性の改善には漢方が効果的です。漢方にはさまざまな調合方法があるため、冷え性改善と併せて整腸作用・便秘改善などにも効果のあるものを作ってもらうこともできます。

冷え性を改善することで基礎体温があがると、当然基礎代謝量もあがるのでダイエット効果も期待できるおまけ付きです。

7.腹部膨満感に効果のある漢方薬

便秘・ガスによる満腹膨満感の場合にはキャンドルブッシュ・大麦若葉などが配合された漢方がおすすめです。キャンドルブッシュは便秘に効きすぎる効果もあるため、必ず薬剤師の指示のもと、適当量をとるようにしましょう。

また、日常生活に漢方を取り入れることにより、満腹膨満感を予防することも可能です。漢方の得意技は、便秘・冷え性体質の解消や整腸作用などで、腹部膨満感の予防・解消にはとても効果があります。

さらに、漢方は血液の流れを整える作用があるので、子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)の予防にもなりますし、妊娠時でも飲めるのが強みです。しかし、妊娠時でも飲めない漢方もありますので、薬剤師・調合師と相談しながら、飲み合わせも考慮した漢方を選んでもらうことをおすすめします。

医心堂薬局でも、腹部膨満感に関する漢方相談を受付中です。お気軽にお問い合わせください。

医心堂薬局 無料相談フォーム
http://www.ishindo.net/無料相談のお申し込み.html

8.腹部膨満感予防のためのセルフケア

8-1.生活習慣で気を付けること

腹部膨満感を解消するには、他にもさまざまな方法があります

  • ゆっくり噛(か)んで食べる/食べる量を減らす
  • 食事の回数を増やし、一回あたりの食事で食べる量を減らす
  • 禁酒日を作る
  • 炭酸飲料・ガムをとらない
  • 体を冷やさない
  • 漢方などで胃腸を整える・血行をよくする

など、なるべく胃腸をはじめ、体に負担のかからない生活を心がけてください。

8-2.便秘対策

便秘は、なってから治すよりも、なる前に対策するほうが楽です。以下の方法で日ごろから便秘ケアに臨んでください。

  • 食物繊維を多くとる(ただし、イモ類・豆はガスのもとになるため注意。緑黄色野菜や青汁がおすすめです。)
  • 体を冷やさない
  • 運動/ストレッチをする
  • 筋肉量を増やし代謝をあげる

9.腹部膨満感についてよくある質問

9-1.腹部膨満感とともに、左腹部に痛みがある

  • 血便がある場合…大腸がん
  • 下痢がある場合…S状結腸憩室炎
  • 発熱・吐き気がある場合…急性胃炎・慢性胃炎

の疑いがあります。すぐに医師に相談してください。

9-2.腹部膨満感とともに、右腹部に痛みがある

  • 嘔吐(おうと)・発熱がある場合…胆のう炎
  • 突然痛み出した場合/右肩へかけた痛身がある場合…胆石症
  • 時間とともに痛くなる場合…虫垂炎

の疑いがあります。すぐに医師に相談してください。

9-3.職場でもできる腹部膨満感の解消法は?

椅子(いす)に座ったままおしりを軽く叩(たた)いてください。叩(たた)く位置をずらしながらウエストラインあたりまでトントンと軽く叩(たた)きます。気持ちいいと感じるくらいの軽い力でOKです。腰の筋肉をリラックスさせることで、腸の機能を活発にする効果があります。

9-4.腹部膨満感になる頻度が高い

軽い腹部膨満感でも、何度も繰り返すとジワジワと体全体に負担がかかってしまいます。ご紹介した頓服(とんぷく)薬・体操・ツボや病院での治療により、「なってしまった」腹部膨満感を解消することはできますが、理想は腹部膨満感にならないように体質を改善することです。「8-1.生活習慣で気を付けること」を参考に、生活習慣を見直してみてください。

また、いわゆる「お腹が弱い」人は、過敏性腸症候群の可能性も視野に入れましょう。漢方で日ごろから腸を整えることで腹痛体質を改善し、腹部膨満感の症状を減らすことができます。

9-5.食後に腹部膨満感や胃の張り・痛みを感じる

早食い・食べすぎに心当たりがない場合で、食後に腹部膨満感や胃の張り・痛みを感じる場合は、胃酸の出すぎや、胃腸が弱っている可能性があります。食後はなるべく動かず、胃の中の胃酸を薄めるため温かい水分をとりましょう。(飲めば飲むほどいいというわけではありません。水分のとりすぎにも注意です。)

食後以外の時間帯にも痛みが出てきた場合は、慢性胃炎の可能性もあります。様子を見ながら、胃の不調が続く場合は医師に相談してください。

10.まとめ

いかがでしたでしょうか。体の痛みや不調は体からのシグナルです。腹部膨満感が原因となる病気は、早期発見により治療の負担が大幅に減る病気ばかりですので、重篤な病気を見逃す前に、早めに腹部膨満感の解消を目指しましょう。また、腹部膨満感になる前に、食事・運動・漢方によって体質を改善することも大切です。