長引く後鼻漏は漢方薬が効く!後鼻漏の症状・原因・治療法を徹底解説


”湿った咳(せき)が続く””口臭が気になる””痰(たん)がからみやすい”などの症状にお悩みではないですか?なかなか治らないあなたの症状は「後鼻漏 」という病気の可能性があります。”風邪かな?””体調を崩しただけかな”と放置していると睡眠障害や味覚障害など、日常に支障をきたす症状へと悪化してしまうでしょう。そこで、この記事では、後鼻漏の原因や治療法を解説していきます。後鼻漏は病院の治療だけでは再発してしまうことも多いです。漢方薬を使って治療する方法も検討してみましょう。

  1. 後鼻漏について
  2. あなたの症状は後鼻漏?チェックリスト
  3. 後鼻漏の病状の経過影響
  4. 後鼻漏の治療方法
  5. 後鼻漏の病院ついて
  6. 後鼻漏のケアや生活習慣で気をつけたいこと
  7. 後鼻漏に関するよくある質問

”私は大丈夫かな?”と心配な方にはセルフチェックリストをご用意しています。気になる症状がある場合は確認してみましょう。また、すでに後鼻漏でお悩みの方にオススメする後鼻漏ケア方法や生活習慣で気をつけたいこともまとめています。この記事を読むことで後鼻漏のすべてがわかりますから、ぜひ読んでみてくださいね。

1.後鼻漏について

後鼻漏についての基礎知識をまとめました。まずは後鼻漏がどのような病気かを知りましょう。

1-1.後鼻漏ってどんな病気?

後鼻漏とは、鼻水がのどに流れてしまう状態です。
通常鼻水は鼻の前に流れてきます。これを前鼻漏と言うのですが、後鼻漏は反対で鼻の奥からのどに流れてしまうのです。鼻水がのどに流れるだけでは、体にさほど影響はないのではないかと思ってしまいますよね。しかし、それが違うのです。人は1日に約6リットルもの分泌物が出ています。正常でもこの量ですから、風邪をひいたときはもっと多くなるでしょう。多くの分泌液がのどに流れることで体にはさまざまな症状が現れます。後鼻漏を軽く見ていると命の危険にさらされる重大な病気になることもあるのです。

1-1-1.後鼻漏の原因とは?

後鼻漏の症状を引き起こす原因はさまざまです。慢性副鼻腔(びくう)炎や風邪によるもの、アレルギー性鼻炎や後鼻孔ポリープ・萎縮性鼻炎など鼻の疾患から起こります。後鼻漏は”鼻水が大量に出る状態”が1番の原因です。ですから、鼻水が発生する疾患は後鼻漏のリスクを高めてしまいます。また、鼻とはあまり関係のない自律神経失調症や低血圧なども原因です。鼻に腫瘍があり腫れているときも後鼻漏になることがあります。

1-2.後鼻漏の主な症状

後鼻漏の主な症状は”のどの痛み””痰(たん)がからむ””湿った咳(せき)”や”口臭”です。何らかの原因で粘り気の強くなった鼻水がのどに流れると、痛みや痰(たん)のからみ、咳(たん)を引き起こします。いつも痰(たん)がからんだような違和感がある方は要注意です。後鼻漏の症状を総称して”後鼻漏症候群”と呼ばれます。不快感から睡眠不足に悩む人も多いです。

1-3.どんな人がなりやすいの?

アレルギー性鼻炎や副鼻腔(びくう)炎を患っている人は、鼻水の出る症状があるため後鼻漏になりやすいと言われています。風邪をひいた人やのどちんこが炎症を起こしてしまった人も注意が必要です。花粉症も鼻水に悩まされる疾患ですから、花粉症の時期にだけ後鼻漏になるという人も少なくありません。これらアレルギーを引き起こす原因には、体の免疫力が落ちていることが上げられます。免疫力が落ちる生活習慣や食生活・ストレスを抱えている人は後鼻漏になりやすいです。

1-4.患者数は全国でどのくらい?

インターネットのリサーチ会社によると成人の3割が後鼻漏の疑いがあると言われています。しかし、後鼻漏を知っている人は全体のわずか2.2%と非常に少ないです。後鼻漏と診断される患者の多くは、アレルギー性鼻炎や花粉症で病院を受診していると言います。鼻炎や花粉症が悪化してしまったと考える人がほとんどなのです。このことから、自分の症状が後鼻漏と知らずに苦しんでいる人はもっと存在すると考えられています。

2.あなたの症状は後鼻漏?チェックリスト

いつまでも治らないその症状、あなたは知らず知らずのうちに後鼻漏になっている可能性があります。当てはまる症状はないかチェックしてみましょう。

2-1.後鼻漏自己チェックリスト

あなたはこのような症状に心当たりはありませんか?

  • のどがごろごろする
  • 痰(たん)がからみやすい
  • 咳(せき)込む
  • 咳(せき)払いが多い
  • 痰(たん)の吐き出しがある
  • 鼻水がのどに流れる
  • 口の中が粘つく
  • 口の中に分泌液が溢(あふ)れてくる
  • 口臭がする
  • のどがつかえている感じがあり
  • 胃の不快感や膨張感
  • 声がかすれている
  • あお向けで熟睡できない
  • 不眠がち
  • 味覚障害がある
  • 食事をすると変な味がする

上記のような症状が2個以上あると後鼻漏の疑いがあります。当てはまる方は早めに対策をとりましょう。

2-2.後鼻漏に関連する病気とは?

先述したとおり、後鼻漏はほかの病気で受診して見つかることが多いです。この項では、後鼻漏に関連する主な病気をご紹介します。

2-2-1.鼻水が苦しい!鼻炎

鼻水が多い症状に鼻炎があります。特にアレルギー性鼻炎は鼻水の量が増え、後鼻漏を引き起こすことが多いです。鼻水の量が多く、常にのどに流れてくる不快感を抱いたら注意してください。吐き気や精神的な辛(つら)さから体が重く強いコリを感じる方も多いです。風邪が原因の細菌性鼻炎も後鼻漏を引き起こします。

2-2-2.くしゃみが止まらない!花粉症

目の痛みやくしゃみ・鼻水に悩まされる花粉症も後鼻漏に関連する病気です。花粉症はアレルギーが原因で引き起こされる疾患ですから後鼻漏を引き起こす条件は揃(そろ)っています。花粉が飛ぶ時期だけ後鼻漏になるという患者も少なくありません。鼻粘膜が炎症を起こし、弱ると花粉症の治療も難しくなります。

2-2-3.鼻呼吸が辛(つら)い!副鼻腔(びくう)炎

副鼻腔炎(蓄膿症)は、副鼻腔(びくう)という鼻の空洞に炎症が起きる病気です。副鼻腔(びくう)炎には慢性と急性があります。慢性副鼻腔(びくう)炎は粘り気のある鼻水が原因で後鼻漏になるのです。急性副鼻腔(びくう)炎は、風邪などの影響で起こった鼻詰まりや頭痛・発熱などが後鼻漏を引き起こします。

3.後鼻漏の病状の経過影響

後鼻漏の症状は日常生活にどのような影響があるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

3-1.日常生活への影響

後鼻漏になると、声がかれる・痰(たん)がからむ・咳(せき)が止まらないといった症状に悩まされます。話す機会が多い職業の方は仕事もままなりません。のどの不快感が続きますから”イライラする”ことも多くなります。特に食事のときは分泌量が増え、咳(せき)込むことも多くなるでしょう。人と食事することが億劫になる方もいます。また、口臭もするため、接客業の方は早急に治療しましょう。苦しさで夜中に何度も目を覚ますなど不眠に悩む方も多いです。このように後鼻漏を患うと生活の質が大きく低下します。周囲への気遣いから、何度も咳(せき)をすることができず心理的ストレスを抱えてしまうことも少なくありません。

3-2.後鼻漏を放置するとどうなるか?

後鼻漏を放置して悪化すると深刻な症状に悩まされることになります。たとえば、鼻水が肺に流れることで起こる肺炎です。鼻水が胃に流れて胃炎になることもあります。後鼻漏は何らかの要因があり引き起こされている病気です。その要因を治療しなければ、根治することは難しくなります。症状を放置すれば後鼻漏が慢性化し何年も苦しい症状に悩まされることになるでしょう。気になる症状がある方は早めに治療しましょう。

4.後鼻漏の治療方法

後鼻漏の治療法についてお伝えします。治療薬や気になる薬の副作用などまとめてチェックしていきましょう。

4-1.後鼻漏の治療法は?

後鼻漏の治療では薬物療法が基本です。使う薬は後鼻漏を引き起こした原因で異なります。悪化して重度の症状になれば外科手術も必要です。抗生物質やステロイドの入った液を霧状にして吸引するネプライザー療法は副鼻腔(びくう)炎に効果があります。また、漢方薬で病気を引き起こす原因を根元から改善する方法もオススメです。

4-2.治療薬と副作用について

後鼻漏の治療に使われる主な薬をご紹介します。

4-2-1.慢性副鼻腔(びくう)炎が原因の場合

慢性副鼻腔(びくう)炎はいわゆる蓄のう症で、後鼻漏を引き起こす一番の原因です。慢性副鼻腔(びくう)炎が原因で発症した後鼻漏は、粘性調整剤や抗生物質・殺菌作用のある マクロライド系抗菌薬などを用います。アレルギー症状を抑える 抗ヒスタミン薬なども代表的な治療薬です。

4-2-2.アレルギー性鼻炎が原因の場合

アレルギーが原因で引き起こされる鼻炎には、抗ヒスタミン薬が効果的です。抗ヒスタミン薬はアレルギー薬の中でも即効性が高く、幅広い症状に効果があります。アレルギー性鼻炎が原因の後鼻漏でも、抗ヒスタミン薬が第一選択として用いられるのが一般的です。

4-2-3.薬の副作用について

薬には当然副作用があります。副作用が出るかは個人の体質や体調により異なりますが、薬は医師の指導の下、服用することが大切です。抗ヒスタミン薬は高い効果が期待できる反面、眠気が強くなるタイプがあります。日中車を運転する方は注意したほうがいいでしょう。 慢性副鼻腔(びくう)炎の治療薬で使われるマクロライド系抗菌薬の副作用は、吐き気や下痢・腹痛です。服用後、体に気になる症状が出た場合は速やかに医師に相談してください。

4-2-4.市販薬について

後鼻漏の治療には市販薬を使う人も多いです。”病院へ行く暇がない””不快だが病院へ行くまでもない”方が市販薬を選びます。後鼻漏の治療に使う有名な市販薬は「チクナイン」です。チクナインの中身は漢方の辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)と同じもので、膿(うみ)の排出を促す効果があります。また、「ベルエムピ」という市販薬も有名です。ベルエムピも中身は漢方の 荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)と同等のものが使われています。市販薬は万人に合うように作られた薬です。使われている成分も漢方と同等のものなので、どうせなら自分の体にあった漢方薬を選ぶ方が賢明でしょう。

4-3.後鼻漏の治療は漢方薬がオススメ!漢方の力で治そう

後鼻漏の治療には漢方薬がオススメです。その理由は、漢方薬の効能が”体質を改善し病気起こしにくい体にする”ことにあります。漢方薬について詳しく知っていきましょう。

4-3-1.漢方のメリット

漢方薬のメリットは、自分の体調や症状に合った薬を選べるところです。病院の薬や市販薬は症状を落ち着かせることがメインですが、漢方薬は違います。病気を引き起こす原因を改善することで、病気にならない体を作るのです。市販薬などでいったん症状が落ち着いたように見えても完治はしていません。後鼻漏はさまざまな要因で繰り返し引き起こされ、徐々に症状が悪化していきます。漢方薬を使い病を元から改善していきましょう。漢方薬で体質改善すると、便秘の解消や婦人病・慢性的な疾患など後鼻漏だけではなく、体か抱えているさまざまな症状を改善することができます。

4-3-2.漢方の服用について

漢方薬は副作用が少ないのですが、やはり薬には変わりありません。服用するときは必ず漢方薬局で処方してもらいましょう。ドラッグストアなどで販売している漢方薬は市販薬と同じで万人に向けて作られています。漢方薬局では症状や環境、体調に合わせて調合してくれるため、漢方の効能をより実感することができるのです。”近くに漢方薬局がない””漢方薬局へ行く時間がない”といった方は、メールや電話で相談・注文できる「医心堂薬局」をご利用ください。

医心堂薬局
http://www.ishindo.net/

4-4.鼻うがいの効果と方法について

後鼻漏を治すには”鼻うがい”も有効とされています。
鼻うがいとは、抗菌処理された生理食塩水を鼻から流し洗浄することです。鼻水にはウィルスやほこりが含まれています。これらを鼻うがいで洗浄すれば鼻詰まりを解消し症状を緩和できるでしょう。

4-4-1.鼻うがいに使う水について

鼻うがいに水道水を使うのはオススメできません。水道水にはたくさんの菌が潜んでいます。傷ついた粘膜に菌が繁殖するのを防ぐためにも、鼻うがいは抗菌処理された水を使いましょう。鼻に水が入るとツンとした痛みを感じます。この痛みを感じないようにするには、生理食塩水が有効です。水に塩を混ぜることで体液と同じような液体となり痛みを防止することができます。抗菌処理した生理食塩水は薬局で購入可能です。よく売られているものは「ソフコンプラス」という水で、鼻うがいに適切な濃度になっています。また、鼻うがい専用の水「ハナノア」もオススメです。

4-4-2.鼻うがいのやり方

鼻うがいに使う水(生理食塩水)を30度くらいのぬるま湯にします。次に片方の鼻を押さえながら、もう一方の鼻に食塩水を流し込んでください。液がのどに落ちるように上を向きのどに流れたものを口から出します。この流れを左右の鼻の穴5回ほど繰り返しましょう。液を出した後、鼻をかむと鼻水や膿(うみ)が出てきます。

4-4-3.鼻うがいで注意すること

高齢者や子供は鼻うがいが上手にできません。咳(せき)込み、器官や肺に水が入ることで呼吸困難を起こしてしまう恐れがあります。子供や高齢者は、鼻うがいをしないようにしましょう。また、鼻うがい中に水を飲みこむと液体が耳に流れ込むことがあります。鼻を通った液体にはウィルスや細菌が含まれているため中耳炎を引き起こすこともあるのです。耳に流れ込むと強い耳の痛みを感じる人もいます。鼻うがいの水は飲みこまないよう十分注意して行いましょう。

4-5.後鼻漏に使えるグッズとは?

後鼻漏のときに役立ちグッズをご紹介します。

4-5-1.マスク

後鼻漏の原因となるアレルギー性鼻炎や花粉症にはマスクが必須アイテムです。アレルギーの元となる細菌や花粉をブロックしてくれます。また、マスクをすることでのどの乾燥を防ぎ保湿効果も高いです。マスクをつけて眠ると少し楽になりますよ。

4-5-2.ミスト吸入器

ミスト吸入器は、水や生理食塩水を霧状に蒸発して吸引することができる機器です。ひどい鼻づまりのとき病院で使ったことがある方も多いのではないでしょうか。家庭用には超音波を使った吸引機がオススメです。のどに潤いを与え血行をよくします。妊婦さんや子供でも安心して使えるアイテムです。ミスト吸引機がない方は、応急処置でお風呂やお湯の湯気を吸い込むだけでも違います。お湯を使う場合はやけどしないよう注意してください。

4-5-3.口臭対策グッズ

後鼻漏が原因で口臭が気になる方は、ガムやマウススプレー(口臭スプレー)がオススメです。ただし、唾液の分泌が活発になるため粘液が増え、苦しくなることも考えられます。症状が悪化する恐れもあるため常用はせず短時間にしておきましょう。

5.後鼻漏の病院ついて

後鼻漏ってどの段階で病院に行けばいいのでしょうか? 後鼻漏の手術についても解説していきます。

5-1.病院を受診すべき症状とは?

後鼻漏で病院を受診すべき症状は”不快に思う”ものすべてです。今はたいしたことがないと思っていても、放置すれば症状が徐々に悪化していくことは間違いありません。慢性化すると治りづらくなるため、早めに治療を始めましょう。もし忙しくて病院を受診できない場合は、漢方も効果的です。漢方薬局へ相談してみましょう。

5-2.後鼻漏の診断方法

後鼻漏の診断は、問診から行います。鼻水がのどに流れる症状がある場合は、すでに後鼻漏になっている可能性が高いです。医師に伝えてください。検査では、鼻咽腔X線検査や前鼻鏡検査・高鼻鏡検査などを行います。アレルギー検査も必要です。後鼻漏が発生する箇所は鼻の奥のため触診では見つけることができません。内視鏡検査やX線検査はとても大切です。

5-2-1.後鼻漏の診断について

後鼻漏の診断では、”後鼻漏の有無”を検査結果から見極めていきます。”原因はどこにあるか”を確認し治療方針が決まるのです。

5-3.手術について

薬物療法の効果がなく後鼻漏の症状がひどい場合は手術で治療する方法もあります。アレルギー鼻炎の方など、アレルギーの起こる粘膜を切除することで症状が緩和する治療法です。レーザー治療を使うことが多く、短時間で効果が出ます。しかし、再発することも多いのが難点です。外科手術で症状を抑えつつ、再発しないような体質に変える必要があります。

6.後鼻漏のケアや生活習慣で気をつけたいこと

後鼻漏は日常のちょっとした習慣でも引き起こされる病気です。後鼻漏の予防に必要なことを確認してみましょう。

6-1.予防のために気をつけたい生活習慣とは?

後鼻漏にならないためには、原因となる疾患を予防することが大切です。日常生活で気をつけたい生活習慣をご紹介します。

  • タバコを控える
  • 鼻を強くかみすぎない
  • 脂っこいものは控える
  • 白砂糖を使ったお菓子は避ける
  • アイスクリームはやめる
  • もち米は控える
  • 添加物の多い加工食品は避ける

甘いものは体を冷やします。添加物や脂っこい食事は体に多量の活性酸素が発生し、免疫力が低下してしまうでしょう。規則正しい生活を送りバランスのいい食事を食べ免疫力を高めてください。お風呂は疲れを癒(いや)すと同時に血行促進に効果があります。お風呂の湯気はのどや鼻のケアに最適です。温かいお湯をシャワーで鼻の上にかけてみてください。症状が緩和しますよ。空気の乾燥は鼻水を出やすくするため、加湿器などを利用して湿度を保つといいでしょう。

6-2.後鼻漏によく効くツボ

後鼻漏は鼻が原因で起こることが多いですよね。鼻や鼻水に対して効果のあるツボを押すことで症状を改善することができます。後鼻漏に効果のあるツボをご紹介しましょう。小鼻の横のほうれい線の上にあるツボ(げいこう)や足の甲にある三半規管のツボ(きょうけい)は、鼻詰まりに効果があり後鼻漏のストレスが緩和します。鼻の左右にある「鼻通」というツボは、鼻水や鼻詰まりに効果的です。指の腹をつかってゆっくり押してみましょう。ツボ押しは1日数回、気付いたときにやってください。血行のいいお風呂上りにやるのも効果的です。

6-3.絶対にやってはいけないこととは?

鼻炎や副鼻腔(びくう)炎で出る鼻水にはたくさんの細菌が含まれています。後鼻漏でのどに流れた鼻水が何かの拍子に器官や肺へ流れると気管支炎や肺炎・咽頭炎を引き起こす恐れもあるのです。特に高齢者は後鼻漏による肺炎の危険性が高く、注意しなければなりません。後鼻漏で絶対にやってはいけないことは、鼻にティッシュを詰(つ)めることです。鼻水が垂れるからといって無理やりティッシュを詰(つ)めると鼻の粘膜を傷つけ、後鼻漏が悪化してしまいます。鼻水が気になる場合は病院で吸引してもらいましょう。

7.後鼻漏に関するよくある質問

7-1.子供も後鼻漏になるのですか?

子供も大人同様、鼻炎や風邪が悪化して後鼻漏になります。しかし、小さな子供は自分の症状をうまく説明できません。後鼻漏になっているのに親が気付かないことも多いです。子供が後鼻漏になると、のどの炎症や気管支喘(ぜん)息を引き起こす可能性が高くなります。赤ちゃんや子供は鼻うがいが上手にできませんから病院で鼻水を吸引してもらいましょう。

7-2.高齢になり鼻水が出やすくなりました。後鼻漏ですか?

高齢者は加齢とともに鼻水が出やすくなります。そのため、のどに流れる粘液が増え後鼻漏のような症状を引き起こすのです。これを老人性鼻漏と言います。加齢による免疫力や鼻の繊毛運動の低下が原因です。老人性鼻漏は加齢が原因のため治療薬がありません。漢方薬などで体質を改善して、体本来の力を取り戻すことをオススメします。

7-3.どうして自律神経失調症で後鼻漏になるのですか?

ストレスやうつ・自律神経失調症は、心身の疲れから体にさまざまな症状を発症しますよね。後鼻漏もその1つです。後鼻漏の症状が原因でストレスがたまる人も多く、症状が緩和されるまで悪循環を繰り返してしまいます。できるだけストレスのかからない生活を心がけましょう。

7-4.仕事が不規則でなかなか生活習慣を改められません。後鼻漏が悪化するか心配です。

規則正しい生活が体にいいとわかっていても自己管理は難しいですよね。そんな方は、漢方薬の力を借りて自然治癒力を高めましょう。漢方薬なら服用し続けるだけで、病気の原因となる部分を整えることができます。

7-5.後鼻漏を漢方薬で治す場合、どのくらいの期間がかかりますか?

漢方薬の効果が現れるのは個人差があります。症状が緩和されたからといってすぐに服用をやめては根本的な治療にはなりません。漢方薬は漢方薬局の指示に従い2~3か月ほど続けてみましょう。

まとめ

いかがでしたか? あまり知られていない後鼻漏という病気は、痰(たん)や咳(せき)・鼻水などの不快症状を放置していると慢性化してしまいます。慢性化した病気は治りづらく長い間症状に苦しむことになるでしょう。辛(つら)い症状に耐え切れず病院を受診する方も多いと思います。しかし、病院の治療では症状を抑えることができても再発する恐れが十分にあるでしょう。後鼻漏の治療は漢方薬を使って根本的に治していく方法を検討してみてください。