花粉症に効く漢方薬とは? 正しい飲み方ともらい方をチェック!


春の訪れと同時に花粉症がやってきます。毎年、くしゃみや鼻水で悩んでいる方は多いのではないでしょうか。花粉症の症状を緩和するために薬を飲んでも、なかなか治まらない方はいるはずです。また、強い薬ほど体に負担がかかり、倦怠感(けんたいかん)やだるさなどの副作用も出てきます。そこで、注目が集まっているのが「漢方薬」です。漢方薬は天然由来の生薬でできているため、体に負担がかからないといわれています。本当に効果があるのか、本記事では、花粉症の基礎知識・主な対策と治療法・花粉症に効く漢方薬などについて詳しく見ていきましょう。

  1. 花粉症の基礎知識
  2. 花粉症の主な対策と治療法
  3. 花粉症と漢方について
  4. 花粉症の漢方薬について
  5. 花粉症の漢方薬の飲み方、もらい方
  6. 花粉症と漢方薬にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、花粉症に効果的な漢方薬のことがわかり、症状をやわらげるための知識を身につけることができます。漢方の効果を知りたい方や花粉症で悩んでいる方は要チェックです。

1.花粉症の基礎知識

症状をやわらげるためには、花粉症の基礎知識を把握しておかなければなりません。花粉症とはどのような症状なのか、主な症状・原因などについて詳しく説明します。

1-1.花粉症とは

アレルギー性鼻炎の一種であり、植物の花粉が目や鼻などの粘膜に接触することで起こる症状のことを花粉症といいます。花粉などの異物をアレルゲンといい、体内に侵入すると排除するための抗体が生まれるのです。その抗体が粘膜にある細胞と結合し化学物質が分泌されます。そして、アレルゲンを体外に放り出そうとするときに発生するのが、花粉症の症状です。花粉症には季節性アレルギーと通年性アレルギーと2つの種類があります。

  • 季節性アレルギー:スギ・ヒノキ・ブタクサなどの花粉が原因。花粉の飛散時期に症状が起こる
  • 通年性アレルギー:1年中症状が出るアレルギー。ダニ・ホコリ・ペットのフケなどが原因

1-2.主な症状と原因

花粉症の主な症状は、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみです。これらは、一般的に花粉症の4大症状と呼ばれています。特に、季節性アレルギーはくしゃみ・鼻水・鼻づまりが代表的な症状です。必ずしも、すべての症状が起きるとは限らず、くしゃみと鼻水がひどいタイプ・鼻づまりだけなど個人差があります。また、主な原因は種類によって異なるのが特徴です。季節性アレルギーはスギなどの花粉、通年性アレルギーはハウスダスト・ノミ・ダニなどのアレルゲンが原因となります。

1-3.どのくらいの人が悩んでいるか

現在、日本人のおよそ25%が花粉症で悩まされているといわれています。つまり、国民の4人に1人が花粉症になっているのです。季節性アレルギーと通年性アレルギーの患者数はどちらとも増加しています。

2.花粉症の主な対策と治療法

それでは、花粉症の主な対策と治療法について詳しく説明します。

2-1.一般的な対策

一般的な花粉症対策は、薬の服用・私生活における注意が挙げられます。花粉が飛散する前に病院で処方された薬や市販薬を飲む方は多いことでしょう。使用される薬としては、抗アレルギー薬・抗ヒスタミン薬が挙げられます。いずれもアレルギー症状を誘発する物質の放出を抑制し、症状を緩和する効果がある薬です。症状がひどくならないうちに服用することで、花粉症対策ができます。また、日ごろの生活でできる対策もたくさんあるので以下にまとめてみました。

  • 花粉飛散量が多い日や時間帯は外出を控える
  • 外出時はマスクやメガネをする
  • 帰宅後はうがい・洗顔をする
  • こまめに室内を掃除する
  • 空気洗浄機や加湿器を利用する
  • 栄養のある食事・睡眠など正しい生活を送る

2-2.主な治療法

花粉症の主な治療法は、薬物療法・民間療法・セルフケア・手術が挙げられます。薬物療法は対策で取り上げたものと同じく、抗ヒスタミンや抗アレルギー薬などを用いることが多いのです。服用薬や直接注射するなどさまざまな方法があります。民間療法としては、鍼灸(しんきゅう)・花粉症グッズ・食品や飲料の摂取など、セルフケアは掃除や規則正しい生活習慣への改善など自宅でできることです。また、症状がひどい場合はレーザー手術や舌下免疫療法という治療を行うケースもあります。

3.花粉症と漢方について

花粉症の治療法として漢方を用いる医療施設もあります。漢方とはどのようなものなのか、花粉症との関係についても詳しく見ていきましょう。

3-1.漢方、漢方薬とは

漢方は症状を緩和すると同時に体質改善を目的としているものです。そのため、漢方薬を選ぶときはその人の体質に合っているかどうかを重視します。自然由来の生薬を複数組み合わせているものであり、体に負担がかからないことが特徴です。

3-2.漢方における花粉症とは

漢方医学から見た花粉症は、体内の水分バランスに異常=水毒が出ている状態とみなされています。水毒とは必要なところに水分が足りず、特定の場所にたくさんたまっている状態のことです。そのため、花粉症になると体の一部がむくむという方も多いのではないでしょうか。漢方では、乱れた水分のバランスを整えることに力を入れます。

3-3.向いている人とは

薬物療法が効かない人・体に負担をかけたくない人・毎年起こる花粉症で悩まされている人などに、漢方薬がおすすめです。また、生活で過剰なストレスを感じている人・冷えが強い人にも向いています。「体質を改善したい!」と思っている方にはぴったりの治療法でしょう。

3-4.注意点

薬よりも副作用の心配がないといわれている漢方薬ですが、服用方法が間違っていると体調不良や吐き気という副作用を起こす可能性があります。また、体質に合っていない漢方薬も副作用が出る恐れがあるのです。まったく副作用が出ないというわけではありませんので注意してください。

4.花粉症の漢方薬について

花粉症に効く漢方薬には、一体どのような種類があるのでしょうか。効果のある漢方薬や種類・成分、効果などについて詳しく説明します。

4-1.効果のある漢方薬とは

花粉症に効く代表的な漢方薬は、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)と麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)です。小青竜湯(しょうせいりゅうとう)はやや虚弱体質で鼻水が出るアレルギー性鼻炎に効果があるといわれています。麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)は手足に冷えがあるアレルギー性鼻炎に効果的です。

4-2.成分について

漢方薬は生薬を複数組み合わせてできているものです。花粉症に効く漢方薬には、主に、乾姜(かんきょう)・甘草・桂皮(けいひ)・細辛・芍薬(しゃくやく)・半夏・麻黄という生薬が配合されています。それぞれの特徴を以下にまとめてみました。

  • 乾姜(かんきょう):ショウガ科のショウガを湯通し、または蒸して乾燥したもの。健胃・腹痛・冷えに効果がある
  • 甘草:マメ科のスペイン甘草やウラル甘草の根などを乾燥したもの。去痰(きょたん)・鎮痛・毒性緩和の効果がある
  • 桂皮(けいひ):クスノキ科のケイの樹皮を乾燥したもの。発汗・止痛・手足の冷え・のぼせに効果的
  • 細辛:ウマノスズクサ科のケイリンサイシン、またはウスバサイシンの根や茎を乾燥したもの。喘息(ぜんそく)・頭痛・神経痛などに効果的
  • 芍薬(しゃくやく):ボタン科のシャクヤクの根を乾燥したもの。血の不足状態・筋肉痛・止痛に効果的
  • 半夏:サトイモ科のカラスビシャクの塊茎を乾燥したもの。去痰・鎮静・吐き気・咳(せき)などに効果的
  • 麻黄:マオウ科のマオウなど地上茎を乾燥したもの。発汗・利尿・発熱・咳(せき)などに効果的

4-3.効果について

漢方の効果は即効性がありません。最低でも3か月以上飲み続けていかなければ、効果が実感できないといわれています。毎日飲み続けることで有効成分が体内に蓄積され、体質が改善できるのです。中には、2週間で効果が現れた方もいますが、長期的服用が基本となります。

4-4.市販の漢方薬について

漢方薬はドラッグストアや薬局でも簡単に手に入れることができます。しかし、市販の漢方薬は自分の体質に合っているものか判断できません。漢方で大切なのは、症状・体質に合っている種類を選ぶことです。利用する際は漢方薬局、または漢方を処方している医療施設に相談してください。

4-5.注意点

「効果がないから」と1か月で服用をやめてはいけません。長く飲み続けることで効果を発揮する漢方薬は、1か月でなかなか実感できないでしょう。1か月でやめてしまうと、せっかく蓄積され続けてきた有効成分が十分に効力を発揮できなくなってしまいます。効果が現れるまで辛抱強く飲み続けていきましょう。

5.花粉症の漢方薬の飲み方、もらい方

花粉症の漢方薬の選び方や飲み方、もらい方などについて詳しく把握しておかなければなりません。服用を考えている方はぜひチェックしてください。

5-1.漢方薬局への相談が必要

最初に、漢方薬局へ相談をしてください。市販の漢方薬よりも漢方薬局に相談して選んでもらったほうが、症状・体質に合った漢方薬を服用できます。また、漢方薬局の中には服用方法はもちろんのこと、生活におけるアドバイスなどもしてくれるところがあるのです。どうすれば花粉症が緩和できるのか、1度相談してみてください。

5-2.漢方薬の選び方

漢方薬局では、起きている症状や体質・日々の過ごし方などを聞かれます。それは、あなたに合った漢方薬を選ぶためです。そのため、具体的に伝えてください。また、持病などで薬を服用している方もきちんとその旨を伝えましょう。漢方薬によっては飲み合わせが禁じられているものもあるため注意が必要です。

5-3.使用方法

漢方薬にも飲み方やルールが決まっています。たとえば、飲むタイミングです。漢方の有効成分が吸収しやすくなるのは空腹時だといわれています。食事の最中や食後すぐに服用しないように気をつけましょう。食前、または食間(食後から2時間後)に服用してください。また、漢方薬には煎じ薬・丸薬・顆粒(かりゅう)状・粉状・エキス製剤など形状の種類が豊富です。毎日飲みやすい形状を選ぶことも大切なポイントになります。

5-4.漢方薬局の選び方のポイント

どこの漢方薬局に依頼すべきか悩んだときは、以下のポイントに注目してみてください。自分にとって気楽かつ安心して相談できる漢方薬局を選びましょう。

  • 漢方薬にかんする知識や経験が豊富
  • 無料相談を行っている
  • 症状やお悩みなどをホームページに記載している
  • 口コミや評判がいい
  • 丁寧に相談に応えてくれる
  • 食事や生活の仕方などのアドバイスも行っている

5-5.相談窓口

症状・体質に合った漢方薬を選んでいる「医心堂薬局」では、メール・電話・来店にて無料相談を行っています。漢方にかんするお悩みはもちろんのこと、症状や自己管理のやり方についてもぜひご相談ください。

6.花粉症と漢方薬にかんしてよくある質問

花粉症と漢方薬にかんしてよくある質問を5つピックアップしてみました。

6-1.漢方薬は保険適用できるのか?

一部をのぞいて健康保険の適用になっている漢方薬があります。また、病院で取り扱っているエキス剤などは保険が適用できるものです。しかし、医療機関によっては自費診療だけというところもあるので注意してください。

6-2.妊娠中でも服用できるのか?

妊婦向きの漢方薬はありますが、妊娠中には控えておいたほうがいい生薬もあります。その人の体質によっても異なるため、まずは漢方薬局、またはかかりつけの医師に相談してください。絶対に、自分の判断で勝手に服用してはいけません。

6-3.副作用が現れやすい生薬とは?

稀(まれ)に、麻黄が配合されている漢方薬を飲んで神経刺激作用が出てくることがあります。不眠・発汗過多・動悸(どうき)・全身脱力感が起きるでしょう。しかし、あくまで個人差によるものなので、きちんと体質・症状に合ったものを服用すれば副作用の心配はいりません。

6-4.漢方薬の服用をやめたら再び症状は出てくるのか?

漢方薬を飲み続けて効果が現れ始めたら、体質が根本的に改善できているあかしです。そのため、体質が改善されれば、再び症状が現れることはないので安心してください。

6-5.漢方薬はジュースと一緒に飲んでもいいのか?

ジュースや緑茶などで飲んでしまうと、漢方薬の有効成分が吸収できなくなることがあります。そのため、服用する際は白湯(さゆ)か、または常温のお水で飲んでください。

まとめ

いかがでしたか? 花粉症には植物の花粉などが原因の季節性アレルギーとホコリやダニなどが原因の通年性アレルギーにわけることができます。異物となるアレルゲンが体内に入ることで、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみが起きる症状です。症状を緩和するためには、日常生活を正しくしていかなければなりません。また、漢方薬を利用するという方法もあります。漢方薬は体質改善を目的としているため、根本的な原因にアプローチできる治療法です。自身の体質・症状に合った漢方薬の服用が大切なポイントなので1度漢方薬局に相談してみてください。きちんと漢方の知識を習得しておけば、スムーズに症状をやわらげることができます。