【注目】物忘れの改善には漢方を! 選び方や気になる効果を徹底解説!


「最近、物忘れがひどくなった気がする」と、思い当たる人も多いことでしょう。年齢を重ねると誰でも多少の物忘れはあるものです。しかし、実際に起こると日常生活に不便が出て困ります。何とか対策をして、現状を改善したいですよね。実は、物忘れには漢方が良いと言われています。そこで、今回は、漢方を中心とした物忘れの改善方法について詳しく解説しましょう。

  1. 物忘れの基本を理解しよう
  2. 物忘れのセルフチェック
  3. 物忘れの治療・予防について
  4. 物忘れと漢方について
  5. 物忘れに効果のある漢方薬を解説
  6. 物忘れ改善・予防に向けた漢方薬の飲み方・もらい方
  7. 物忘れと漢方に関するよくある質問

この記事を読むことで、物忘れと漢方について正しい知識が身に付き、何をするべきか理解できるようになります。症状を改善するためには、1日も早く適切な対策をすることが大切です。物忘れの悩みを解消するためにも、まずは、最後まで記事を読んでみてくださいね。

1.物忘れの基本を理解しよう

最初に、物忘れの基本を学びましょう。定義や関連する病気・主な原因などを解説します。

1-1.物忘れとは?

物忘れとは、覚えているはずのことが思い出せない状態を言います。たとえば、買うべきものが何だったのか思い出せない・人の顔はわかるけど名前が出てこないなどです。一時的なものであることが多く、ふとした瞬間に思い出すこともあります。物忘れは、本人に自覚があることも大きな特徴です。

1-2.物忘れに関連する病気について

物忘れに関連する病気としては、以下のようなものがあります。

  • 認知症
  • うつ病
  • 健忘症

1-3.病気と正常範囲の違いとは?

誰しも加齢で物忘れが出てくるものです。しかし、病気の場合は物忘れをしているという自覚症状が乏しくなります。しかし、認知症などの病気であっても、物忘れの自覚がある例もあるため、まずは医師の診断を受けましょう。また、正常範囲のものは一時的なものであることが多く、病気のものは継続性があります。

1-4.物忘れの主な原因

物忘れの主な原因には、以下のようなものがあります。

  • 加齢
  • 大きなストレス
  • 脳の病気
  • 投薬の影響

中でも、加齢によるものが大きいと言えます。加齢によって記憶力が低下することが、物忘れとして表れるのです。しかし、加齢以外の原因である場合は、適切な治療が必要となります。まずは、原因を正しく突き止めましょう。

1-5.物忘れになりやすい人や最近の傾向について

以下の人は物忘れになりやすいので気を付けましょう。

  • ほかの人との会話やコミュニケーションが少ない
  • 物事を深く考えない
  • 趣味を持っていない
  • 大きなストレスがある
  • 外出の機会が少ない
  • 家事をしない
  • 仕事を退職した
  • 引っ越しをして住環境が変わった
  • 家族を失った
  • 運動の習慣が無い
  • 睡眠不足の状態が続いている
  • 栄養バランスの悪い食事を摂(と)っている

最近は、核家族化が進み、個人を尊重する傾向が強く、ほかの人との会話が少なくなっているものです。会話やコミュニケーションが少ないため、脳への刺激も減り、物忘れを助長していると言えます。普段から社交的な人や活発に行動する人は物忘れになりにくいことからも、深刻な問題です。そのほかにも、生活習慣の乱れが物忘れに大きく関係していることも忘れないようにしましょう。

1-6.若者や子どもの物忘れについて

物忘れは、高齢者だけのものではありません。若者や子どもでも見ることがあります。たとえば、大きなストレスがある・うつ病・投薬による影響・頭部に外傷を受けたなど、さまざまな原因によって物忘れが出るものです。若者や子どもの場合、何らかの異常が起きていることが明らかですからすぐに受診してください。

2.物忘れのセルフチェック

物忘れが心配なときは、セルフチェックをしてみましょう。受診の判断基準にもなります。

2-1.物忘れのセルフチェックをしてみよう

物忘れが気になるときは、以下のセルフチェックをしてみましょう。2人1組で問題を出す人・回答する人に別れていってください。

  • 自分の年齢は?
  • 今いる場所は?(自宅の場合は住所)
  • 今日の日付・季節は?
  • 100から7を引いた数は?(正解の場合は再度同じ質問をする)
  • 昨日の晩御飯は何を食べた?
  • 「さくら・えんぴつ・くるま・ライター・テレビ」の単語を逆から言えるか?
  • 知っている野菜の名前を10個言えるか?

2つ以上わからない・間違えたときは、物忘れを疑いましょう。また、質問の意味自体がわからない場合は、物忘れではなく認知症などほかの病気である可能性が高くなります。いずれにしても、間違いが多いほど深刻な状況であるため、医療機関を受診してください。

2-2.物忘れのセルフチェックに関する注意点

物忘れのセルフチェックをするときは、1問に時間をかけ過ぎないことと、ほかの誰かと一緒に行うことが大切です。ほかの人に答え合わせをしてもらうことで、客観的に評価できます。わからない点は、素直にわからないと答えましょう。セルフチェックは、物忘れの度合いをテストするものです。正直に答えることで、正確な状況をつかんでください。

3.物忘れの治療・予防について

物忘れの治療や予防について、主な方法を解説します。それぞれにしっかり理解しておきましょう。

3-1.物忘れの主な治療法

物忘れの治療は、病気によるものと判断が下った場合に行います。原因が加齢によるものではなく、認知症やそのほかのことが原因で起こっている場合です。物忘れの原因となる病気を治療することで、症状が改善することがあります。認知症を完全に克服することは難しくても、投薬・作業療法・理学療法など適切な治療を早く開始することで進行を抑えることは可能です。

3-2.物忘れの予防法とは

物忘れを予防するには、以下の方法が有効です。ひとつだけではなく、複数の方法を実行するとより効果があります。

  • ほかの人との会話やコミュニケーションを積極的にする
  • 規則正しい生活をして体調を整える
  • 高血圧・糖尿病などの生活習慣病を治療する
  • 栄養バランスのいい食事を心がける
  • 十分に睡眠を取る
  • 適度な運動をする
  • 趣味を持つ

4.物忘れと漢方について

物忘れと漢方について詳しく解説します。漢方における考え方や、向いている人・場合などじっくり学びましょう。

4-1.漢方における物忘れの考え方

漢方では、個人の症状と体質に合わせた処方によって、物忘れを改善できると考えます。漢方において、物忘れが起きるときは主に腎機能の低下を疑うものです。また、物忘れが起きるときは、血や気の巡りも悪くなっていることもポイントでしょう。実際の処方は、症状と体質を総合的に考えて、適切なものを選ぶことになります。

4-2.漢方治療が向いている人や場合について

漢方治療に向いている人や場合については、以下を参考にしてください。

  • 一定期間飲み続けることに抵抗が無い
  • 穏やかな効き目を望む
  • 明らかな病変が見つからない

漢方薬は、西洋薬と違って直接病気を治療するものではありません。そのため、物忘れなど、はっきりした病変が無い症状には漢方が向いていると言えます。ただし、漢方薬は一定期間飲み続けることが前提です。根気強く飲むことができる人であることが重要となります。

4-3.子どもの物忘れと漢方

子どもで物忘れが激しいときは、頭を強く打っていないか確認してください。念のため、MRIなどを受けることをおすすめします。頭部に異常が無いときは、大きなストレスがあるか、うつ状態になっていないかも確認しましょう。なお、子どもの物忘れにも、漢方を処方することで改善を期待できます。まずは、漢方薬局に相談してみてください。体が成長段階で強い薬を使いたくない場合でも、安心です。

5.物忘れに効果のある漢方薬を解説

物忘れに効果のある漢方薬について、どんなものがあるのか具体的に解説します。市販の漢方薬や注意点についても学びましょう。

5-1.物忘れに効果のある漢方薬・成分について

物忘れに効果のある漢方薬や成分は、以下を参考にしてください。実際には、漢方に詳しい薬剤師が依頼者の症状・体質を見極めて処方することになります。

  • 八味地黄丸(ハチミジオウガン):体を温めて代謝をよくする
  • 帰脾湯(キヒトウ):血流をよくし、うつ症状を緩和する
  • 抑肝散(ヨクカンサン):精神の興奮を抑える
  • 抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ):感情の高ぶりやイライラを抑える

5-2.市販の漢方薬の効果は?

市販のものでも効果が期待できるものもあるでしょう。しかし、市販の漢方薬は、漢方薬局での処方より穏やかな効果となります。また、漢方薬局のように個人の体質や症状を詳しく見て調合することはできません。物忘れを本気で治したい場合は、市販の漢方薬よりも漢方薬局での処方をおすすめします。

5-3.物忘れに効果のある漢方薬に関する注意点

「物忘れに効果がある」との表示があっても、すぐに飛びつかず、内容を調べるようにしてください。特に、よくわからない企業が販売している漢方薬には疑問が残ります。確かに、漢方薬の成分には物忘れの改善を期待できるものもあるでしょう。しかし、信頼できる漢方薬局もの以外は、本当に効果がある処方であるのかわかりません。信頼できる漢方薬局を選び、品質を重視して購入しましょう。

6.物忘れ改善・予防に向けた漢方薬の飲み方・もらい方

漢方薬の処方を受けるために必要なことや、飲み方・もらい方に関する知識を学びましょう。信頼できる漢方薬局選びのポイントも解説します。

6-1.処方には漢方薬局への相談が必要

漢方薬は、漢方薬局へ相談して処方を受けましょう。豊富な知識を持った薬剤師が、体質や症状を見極めて、最適なものを選んでくれます。そのためにも、以下の内容を伝えながら相談しましょう。

  • いつから物忘れが出たか
  • 生活でどんな点に不自由があるか
  • ほかの病気で治療中のもの
  • 物忘れの症状以外に気になること

事前に紙に書いておけば、相談するときに慌てずに済みます。店頭で処方を受けるときには、念のためほかの人に付き添ってもらうといいでしょう。

6-2.漢方薬の飲み方やもらい方に関する注意点

漢方薬は、指示どおりに服用しましょう。食前・食間・食後などタイミングを間違えると効果が期待できません。また、決まった量を守ることが大切です。多く飲んでも効果が高まることはありません。むしろ、飲み過ぎで副作用のリスクが出るので絶対にやめてください。漢方薬は、西洋薬と比べて即効性がありません。一定期間飲み続けることで徐々に効果が出るものなので焦らないでください。漢方薬は、信頼できる漢方薬局で症状と体質を総合的に考えて処方してもらいましょう。特に、体質チェックは重要です。処方を受けるときに、いい加減なチェックをして早く売ろうとしてくる漢方薬局には注意してください。

6-3.漢方薬局を選ぶときのポイントは?

漢方薬局を選ぶときは、以下のポイントを参考にしてください。

  1. 漢方薬の処方で豊富な実績がある
  2. 漢方や病気に関する知識量が多い
  3. 無料相談窓口を持っている
  4. 価格がリーズナブル・良心的な設定
  5. 必要な量だけを販売している(むやみに大量販売しない)
  6. 対応が親切で説明がわかりやすい
  7. 顧客からの評判がいい

なお、当医心堂薬局でも、漢方薬の処方で大きな信頼をいただいています。物忘れなど、お悩みの状況を聞き、体質に合わせた漢方薬をご提案しているのでぜひご利用ください。

7.物忘れと漢方に関するよくある質問

最後に、物忘れと漢方に関するよくある質問に回答します。それぞれの内容を理解し、物忘れに対する不安や疑問点を解消しましょう。

7-1.物忘れがひどくなった状態が認知症なのですか?

物忘れと認知症は、似ているようで違いがあります。物忘れは、健康な状態でも加齢で自然に起こるものです。しかし、認知症は脳の病気であり、物忘れ以外にもさまざまな症状を示します。物忘れがひどくても、認知症とは限りません。まずは、病院で診断を受けてください。認知症の心配があるときは、病院の「認知症外来」に行くとより正確な結果が出ますよ。

7-2.物忘れがひどくないときに漢方薬を飲み始めれば治りますか?

ごく軽い物忘れの場合は、ほとんど症状が出なくなることもあるでしょう。しかし、確実に治るとは断言できません。物忘れの大きな原因が加齢である限り、年月が経過すればまた症状が出る可能性が高くなります。しかし、放置すると症状が進む可能性が高いのも事実です。適切な漢方薬を飲むことが、結局のところ最良の方法と言えるでしょう。

7-3.高血圧の治療薬と漢方薬を同時に飲んでもいいですか?

まずは、かかりつけ医に確認してください。高血圧の薬によっては、飲み合わせによって効き過ぎたり弱くなったりする可能性があります。また、副作用が出るリスクもあるため、自己判断での同時服用はやめましょう。漢方薬局での処方を受けるときにも、高血圧の治療薬を飲んでいることを必ず告知してください。

7-4.漢方薬を飲むことを忘れてしまいそうなのですが?

投薬の管理を自分でできない場合は、家族やヘルパーの人に手伝ってもらってください。また、飲み忘れを防ぐ方法としては、小分けにして1日ごとに分包し日付を書いておくといいでしょう。また、飲んだ後、カレンダーに記入していく方法をおすすめします。飲み忘れた場合、後でわかるからです。漢方薬も続けて飲むことに意味があるので、飲み忘れを防ぐためにもいろいろ工夫をしましょう。

7-5.飲み忘れていた漢方薬は捨てるべきですか?

漢方薬は、飲む日数分だけ処方を受けているはずです。飲み忘れで余った場合でも、1回の量を増やしてはいけません。余った分があるときは、漢方薬局に伝えて次回分を減らしてもらえるか聞いてみましょう。捨てなくても活用できる場合があります。ただし、保管期限が切れた漢方薬は処分してください。

まとめ

今回は、物忘れと漢方について詳しく解説しました。年を重ねると誰にでも出る症状であっても、実際に症状が出ることで何かと支障があるものです。しかし、早めに適切な対策をすることで、症状の進行を防ぎ、改善することは十分にできます。漢方なら、体質改善をしながら自然素材の力を利用した物忘れの対策をすることが可能です。物忘れを本気で改善したい人は、ぜひ今回の記事を参考に試してみてください。信頼できる漢方薬局に相談すれば道が開けますよ。