【必見】胃もたれに効く漢方ならこれ! 飲み方・漢方薬局の選び方も!


「食事をすると必ず胃がもたれる」「脂っこいものを食べたいけど胃がもたれるのが心配」など、胃もたれがあると悩んでしまうものです。食事を心おきなくおいしく食べるためにも、早く治してしまいましょう。今回は、胃もたれに効果が期待できる漢方について詳しく解説します。胃もたれに悩んでいる人は、必見ですよ。

  1. 胃もたれの基本を学ぼう
  2. 胃もたれと漢方について
  3. 胃もたれに効果のある漢方とは?
  4. 漢方薬の飲み方やもらい方を解説
  5. 胃もたれと漢方に関するよくある質問

この記事を読むことで、胃もたれに関する正しい知識が身に付き、漢方への理解も深まります。漢方のメリットを取り入れながら、症状の改善ができるでしょう。そのためにも、必要なことをひとつずつ学びながら読み進めていってください。胃もたれ知らずの丈夫な体を手に入れましょう。

1.胃もたれの基本を学ぼう

最初に、胃もたれの基本を学びましょう。主な症状や原因・なりやすい人など詳しく解説します。

1-1.胃もたれとは?

胃もたれとは、消化不良のために不快感を伴う症状のことです。「胃がムカムカする・重い」などの表現をすることがあります。胃もたれと混同されやすい症状が、胸焼けです。胃もたれと胸焼けの違いは、不快感を覚える場所にあります。胃もたれは胃に原因があり、胸焼けは食道が原因です。

1-2.胃もたれの主な症状

主な症状には、以下のようなものがあります。

  • 胃がムカつく
  • 食欲がなくなる
  • 胃に異物感がある
  • 胃が重い
  • 胃に鈍い痛みがある
  • お腹(なか)の上部が張る
  • ゲップが出る
  • 吐き気がする

1-3.胃もたれの主な原因・メカニズムについて

胃もたれの主な原因は、食べすぎ・飲みすぎによるものです。しかし、大きなストレスのために胃壁が荒れることが原因の場合もあります。胃の消化能力には限界があるものです。食べすぎや飲みすぎで消化能力を超えた分は、消化に時間がかかり、胃もたれとなって現れます。

1-4.胃もたれになりやすい人や放置した場合について

以下の人は胃もたれになりやすいので注意してください。いずれも胃に負担がかかりやすい状態です。

  • 暴飲暴食をしている
  • 運動不足である
  • 不規則な生活リズムである
  • 大きなストレスを抱えている
  • 高齢者(加齢による消化機能の低下)

胃もたれは、即座に命にかかわるものではありません。そのため、放置してしまう人もいます。しかし、放置すると症状がひどくなって、胃潰瘍(かいよう)を引き起こすこともあるのです。また、胃もたれの裏にほかの病気が隠れていることもあるので気を付けましょう。

1-5.胃もたれの主な治療方法を学ぼう

胃もたれは、投薬と食事療法・生活改善の総合治療となります。胃もたれは、胃に過剰な負担がかかっていることが大きな原因です。まずは、投薬により荒れた胃壁を整え、食事療法や生活改善により、胃に負担のかかりにくい状態を目指します。ただし、胃にポリープなどの腫瘍(しゅよう)がある場合は、切除手術が必要です。

2.胃もたれと漢方について

胃もたれには、漢方がおすすめです。漢方の基本を学び、胃もたれを改善するための知識を身に付けましょう。

2-1.漢方とは

東洋医学では、病気や体調不良は「気」のバランスが崩れることが原因と考えます。漢方は、東洋医学に基づき、「気」のバランスを整えるために足りない部分を補う処方を行うのです。西洋医学は、病気を手術で直接取り除くことや、投薬で治療します。しかし、漢方は直接病気を治す方法ではありません。そのため、腫瘍(しゅよう)など、漢方だけでは治療に向かない病気もあります。漢方は、万能ではないことを覚えておきましょう。

2-2.漢方における胃もたれの考え方

漢方では、胃もたれを起こす場合、気が不足している「気虚(ききょ)」もしくは、水のバランスが悪くなっている「水毒」の状態とみなします。体質改善のためには、漢方薬によって胃の周辺の血流をよくしたり、胃にとどまりがちな水分の代謝を促したりすることが効果的です。すると、胃が本来の働きを取り戻し、消化吸収を正常に行うことができるようになります。

2-3.胃もたれと漢方に関するそのほかのこと

胃もたれは、生活習慣の乱れで胃に負担が大きくかかることと、消化不良を起こしやすい体質の両方を改善することが必要です。漢方は、体質改善を行って胃の機能を正常に戻す効果が期待できます。ただし、胃もたれに効果のある漢方薬を飲むと同時に、生活習慣や食習慣などの原因を取り除くことが重要です。そうしなければ、せっかく効果の高い漢方薬を飲んでも、台無しになってしまいます。胃もたれの原因を解消する努力も必要です。「漢方薬を飲んでいるから大丈夫」と考えず、胃の健康回復のためにいいこと(暴飲暴食を改める・たっぷりの睡眠・規則正しい生活リズム)などを心がけましょう。

3.胃もたれに効果のある漢方とは?

胃もたれに効果のある漢方について、詳しく解説します。具体的な種類や副作用・効果や注意点など、しっかり学んでください。

3-1.胃もたれに効果がある漢方薬には何がある?

胃もたれの改善で処方することが多いのは、以下の漢方薬です。実際の処方は、体質や体力に合わせて行います。

  • 六君子湯(りっくんしとう)
  • 人参湯(にんじんとう)
  • 四君子湯(しくんしとう)
  • 安中散(あんちゅうさん)

いずれも、胃の不調を改善し胃弱をサポートする役目があります。

 

3-2.漢方薬の効果について            

漢方薬は、体質改善を行うことで不調をなくすという考えに基づいています。そのため、効果の出方は一般の治療薬よりもおだやかです。飲んですぐに劇的な効果を見込むことができなくても、継続することで体質改善をしつつ症状を改善できます。体への負担の少なさを考えても、漢方薬を飲むメリットは大きいでしょう。

3-3.市販の漢方薬について

市販の漢方薬の中にも、胃もたれに効果があると表記しているものがあります。市販のものを試す場合は、自己判断で選ばないようにしましょう。必ず薬剤師に相談して、体質・症状に合ったものを選んでもらうことです。胃もたれに効く漢方でも、体質に合わないと、悪化したり副作用が出たりする原因になるので気をつけてください。

3-4.胃もたれに効果のある漢方薬に関する注意点

現在、病気治療中で、ほかの薬を飲んでいる人は漢方薬を飲むことで薬の効果が強まったり弱まったりすることがあります。また、服用中の薬との相性が悪い・成分が重複しているなどのために、思わぬ副作用が出る可能性もあるため、漢方薬を飲んでいいか、かかりつけ医に確認してください。

4.漢方薬の飲み方やもらい方を解説

漢方薬の飲み方やもらい方を学びましょう。漢方薬局の選び方・飲み方やもらい方に関する注意点なども解説します。

4-1.まずは漢方薬局へ相談しよう

漢方薬を飲みたいときは、漢方薬局へ相談してください。体質と症状に合った調合をしてもらえます。豊富な経験がある漢方薬局で、品質が確かなところを選びましょう。実際に相談するときには、胃もたれの症状の出方・体調で気になるところなどをスムーズに伝えられるようにしてください。

4-2.信頼できる漢方薬局の選び方

信頼できる漢方薬局を選ぶためには、以下のポイントをチェックしてください。

  • 漢方の知識と経験が豊富にある
  • 漢方薬の質にこだわりがある
  • 価格設定がリーズナブル
  • 相談や質問に対する説明がわかりやすい
  • 体の不調に関する無料相談を行っている
  • 親身になって相談に乗ってくれる
  • 利用者からの評判が上々

なお、当医心堂薬局でも、胃もたれをはじめ、体の不快な症状を改善するために、誠意を込めて処方しています。まずは、無料相談をご利用ください。

4-3.漢方薬の飲み方やもらい方の注意点

漢方薬は、決まった量・タイミング・回数をきちんと守って飲みましょう。効果を早めたいがために、規定量より多く飲んではいけません。また、飲むタイミングを間違うと、思うような効果が期待できなくなります。必ず指示どおりに飲んでください。また、漢方薬をもらうときは1回で大量にもらうのではなく、2週間分程度をこまめにもらいましょう。新しくもらうときに、症状や体調チェックを行うことで、現在の処方が適切かを判断できます。

4-4.漢方薬の飲み方やもらい方に関する相談窓口

漢方薬の飲み方やもらい方に不安があるときは、漢方薬局の問い合わせ窓口を利用しましょう。親切な漢方薬局なら必ずお問い合わせ窓口があり、誠意をもって対応しているはずです。なお、当医心堂薬局のお問い合わせフォームにいただいた場合は、基本的に24時間以内に返信します。土曜日・日曜日も営業していますから、お気軽にご利用ください。

5.胃もたれと漢方に関するよくある質問

最後に、胃もたれと漢方に関するよくある質問に回答します。不安や疑問を残さないためにも、ひとつずつ確認しておきましょう。

5-1.市販の胃腸薬を飲んだら胃がキリキリするのですが?

胃もたれに効果があると言われる市販薬でも、症状によっては逆効果になることがあります。飲んで胃痛がする場合は、体に合っていないのですぐに服用をやめてください。時間が経過しても胃痛が治らないときは、病院を受診しましょう。受診の際には、薬の名前を告げるか、パッケージごと持参すると役立ちます。

5-2.親子で体質がよく似ている場合、漢方薬を共用していいですか?

体質がよく似ている場合でも、漢方薬の共用はおすすめしません。漢方薬が合う・合わないは、体質だけでなく胃もたれの症状や体力の有無も関係します。人それぞれに最適な漢方薬は異なるのです。親子であっても、別の種類がいい場合もあるので、漢方薬局に相談して処方を受けてください。

5-3.子どもの胃もたれで漢方薬を与えるときの注意点は?

漢方薬は、苦い味がするものが多いため、子どもが飲むのを嫌がることがあります。特に小学生以下の子どもは飲んでくれないことも多いでしょう。好物に紛れ込ます方法もありますが、胃もたれが原因の場合は食べることも嫌がるため、困難なことがあります。飲むと体が楽になることをわかりやすく説明する(治ったら好物を食べることができる)・飲むことができたらきちんとほめるなど、根気よく対応してください。特に、子どもに対しては、ほめることが有効です。また、漢方薬とはいえ、アレルギーにも注意してください。

5-4.漢方薬の保管で注意することは?

漢方薬は、直射日光の当たらない涼しい場所で保管してください。品質の劣化を防ぐためにも、密封できる容器での保管をおすすめします。また、使用期限を過ぎたものは飲まないようにしましょう。1回に大量の漢方薬を購入すると、保管してもそのまま使用期限が切れて無駄になりがちです。漢方薬局でも、2週間分ずつ処方してくれるところなどを選ぶといいでしょう。

5-5.漢方薬を飲み続けると胃もたれしにくくなりますか?

漢方薬には、体質改善の効果も期待できることから、飲み始める前よりも胃もたれしにくくなることがあります。ただし、同じものを長期服用していいかどうかは、話が別です。また、完全に胃もたれから解放されるわけではありません。普段の生活習慣に気を付けることも必要です。漢方薬は、健康な胃の働きを助けるためのサポート役だと考えてください。

まとめ

今回は、胃もたれについて詳しく解説しました。胃もたれする人は、食べるものを制限したり付き合いを断ったりすることが多くなります。食べたいものをおいしく食べるためにも、ほかの人との付き合いを大切にするためにも、早期に改善してしまいましょう。おすすめは、漢方を試すことです。漢方は、体質に合った処方により、不足している部分を補うことで胃もたれを改善していきます。まずは、信頼できる漢方薬局に相談してください。一刻も早く、不快な症状を改善しましょう。