耳鳴りは漢方で改善できるって本当? おすすめの漢方薬や飲み方も!


耳鳴りの症状にお悩みなら、漢方治療を検討してはいかがでしょうか。耳鳴りにはさまざまな原因があり、中には病院で検査をしても原因が分からない場合もあります。耳鳴りが起こるメカニズムはまだ解明されていない部分も多いため、適切な治療法を見つけられずに悩んでいる人も多いのです。そんな耳鳴りに、漢方治療が効果的だということをご存じでしょうか? この記事では、漢方医学における耳鳴りの考え方や効果的な漢方薬、そのもらい方・飲み方などをご紹介します。

  1. 耳鳴りについて
  2. 耳鳴りの治療について
  3. 耳鳴りと漢方
  4. 耳鳴り治療の漢方薬
  5. 漢方薬の飲み方・もらい方
  6. 耳鳴りの漢方治療に関するよくある質問

この記事を読むことで、悩んでいる耳鳴りの症状を改善できる可能性があります。ぜひ漢方治療について知ってください。

1.耳鳴りについて

まずは、耳鳴りのメカニズムや原因、考えられる病気などをまとめてご紹介します。

1-1.耳鳴りとは?

耳鳴りとは、実際には音がしていないにもかかわらず、耳の中で音がしているように感じる状態のことです。音の聞こえ方には個人差があり、1つの音が聞こえることもあれば複数の音が混じり合っているように聞こえることもあります。音の高さについても高音性のものと低音性のものがあり、耳がつまったような感覚を伴う場合があるのも特徴です。

1-2.主な症状

耳鳴りには「自覚的耳鳴」と「他覚的耳鳴」があります。自覚的耳鳴とは本人だけが音を感じるもので、他覚的耳鳴は聴診器を耳周辺に当てればほかの人にも音が分かるもののことです。他覚的耳鳴の場合は患者の耳に聴診器を当てると医師にも聞こえるため、比較的簡単に診断が可能でしょう。多くの耳鳴りは自覚的耳鳴であり「キーン」という耳鳴り特有の音だけではなく「パタパタ」「ポコポコ」というような音が聞こえてくる場合もあります。

1-3.主な原因

耳鳴りの原因としては、以下のようなものが考えられます。

  • 生理的耳鳴り
  • 耳や聴神経の異常による耳鳴り
  • 原因不明の耳鳴り

生理的耳鳴りとは、正常な状態でも起こるものです。防音設備のある部屋など、静かな環境で感じたことがある人は多いではないでしょうか。原因不明の耳鳴りは、老化やストレス・自律神経の乱れなどが引き起こしている可能性があります。

1-4.メカニズム

実際には音がしていないのに、なぜ音がしているように感じるのでしょうか。そのメカニズムは、まだはっきりと解明されていません。音の振動が伝わるのは「外耳→中耳→内耳→聴神経→脳」という順番です。このルートのどこかに異常が生じると、耳鳴りが起こるのではないかと考えられています。

1-5.考えられる病気

何らかの病気が原因で耳鳴りが起こっている場合は、まず病気に対する治療が必要です。耳鳴りから考えられる病気には、以下のようなものがあります。

  • 外耳炎や中耳炎
  • メニエール病
  • 突発性難聴
  • 老人性難聴
  • 騒音性難聴
  • 脳梗塞
  • 脳動脈瘤
  • 高血圧
  • 動脈硬化
  • 自律神経失調症

特に、めまいや吐き気・難聴などの症状が伴うときは、上記のような疾患が関係している可能性が高いでしょう。早めに受診してください。

1-6.なりやすいのはこんな人!

耳鳴りになりやすいかどうかは、体質や年齢・生活環境などが関係している場合もあります。特に、普段から大きな音が聞こえる環境で仕事をしている人や、イヤホンで音楽を聴くことが多い人などは注意が必要です。また、ストレスをためやすい人も耳鳴りが起こりやすいでしょう。子育て中の女性や更年期障害に悩む人に耳鳴りが起こるのは、ストレスが原因です。さらに、60歳以上の高齢者はその多くが耳鳴りの悩みを抱えていることが分かっています。

1-7.放置するとどうなるのか?

耳鳴りは周囲に伝えるのが難しく、症状を理解してもらいにくいため、病院に行かずに放置してしまう人も多いと思います。しかし、何らかの病気が原因で耳鳴りが起こっていることもあるのです。日常生活に支障をきたすほどの耳鳴りがある場合は、放置しておくと危険でしょう。重大な病気が原因になっている可能性もあるため、早めに耳鼻科を受診することをおすすめします。

2.耳鳴りの治療について

耳鳴りの一般的な検査方法や治療方法・セルフケアについてご紹介しましょう。

2-1.一般的な治療法

耳鳴りの原因が分かっているときは、原因を取り除くことで症状は改善されるでしょう。何らかの病気が原因の場合は、その病気を治療します。問題は、原因不明の耳鳴りについてです。この場合は、主に対症療法が主体になります。精神安定剤やビタミン剤・血管拡張剤・代謝改善剤などを用いた薬物療法、カウンセリングなどによる心理療法などが行われるのが一般的です。

2-2.検査方法

耳鼻咽喉科では、耳の中を見て異常がないかを確認します。異物や耳あか・炎症・鼓膜の異常などがあれば、耳鳴りの原因が特定できるでしょう。そのほかにも、血液検査や血圧測定・画像検査・耳や鼻の空気圧・空気のとおり・鼓膜の震え方などもチェックした上で、病気が見つかれば治療を行います。異常が見つからない場合は、心因性の問題が関係している可能性もあるため、心療内科や精神科での検査が必要になるでしょう。

2-3.セルフケアについて

耳鳴りは医療機関で適切な治療を受けると同時に、日常のセルフケアも大切です。できるだけストレスをためないように、十分に睡眠をとって規則正しい生活を送ることを心がけましょう。普段音楽を聞く習慣がある人は、音量が大きくなりすぎないように注意してください。また、首や肩まわりの筋肉がこっていると血行が悪くなり、耳鳴りを起こすこともあります。軽いストレッチやツボ押しを取り入れるなどして、血行を促進することもおすすめです。

3.耳鳴りと漢方

耳鳴りの改善には漢方が効果的と言われています。漢方における考え方や特徴などをまとめました。

3-1.漢方における耳鳴りの考え方とは?

漢方をはじめとする東洋医学では「気」「水」「血」のバランスが崩れたときに体の不調が現れると考えています。つまり、耳鳴りにおいても重要なのは体全体のバランスを整えることであり、本来持っている治癒力を高めることに重点を置いているのです。そのため、耳鳴りの原因が不明であっても、漢方を利用することで症状が改善する可能性があります。

3-2.体質改善について

西洋薬は症状を治療したり緩和したりすることを目的としています。一方の漢方薬は、体質そのものを改善するために使用されるものです。そのためには、一人一人の体質に合った漢方薬を服用する必要があります。

3-3.漢方治療の特徴と注意点

漢方治療を始める前に、いくつか知っておくべき特徴や注意点があります。まず、即効性についてです。服用してからどのくらいで効果が現れるかは、漢方薬の種類によって異なります。基本的には西洋薬に比べて効き目がゆっくりと現れるものが多く、飲み始めてから半年近くたってから効果が実感できるケースがほとんどです。耳鳴りの改善には時間が必要なため、1年単位で飲み続ける場合もあるでしょう。副作用も少ないため、長期に亘って服用が可能です。

3-4.病院の治療と同時に受けてもよいのか?

病院で治療を受けながら、漢方薬を服用することも可能です。ただし、西洋薬との飲み合わせによっては効果を打ち消してしまうものもあるため、注意してください。漢方の知識を持つ医師や薬剤師に相談して、問題のないものを処方してもらいましょう。

4.耳鳴り治療の漢方薬

耳鳴りに効果的な漢方薬についてご紹介します。

4-1.効果的な漢方薬とは?

耳鳴りの症状によく使われるのは、以下のような漢方薬です。

4-1-1.柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

ストレスに作用する柴胡(さいこ)や牡蛎(ぼれい)が主成分であり、不眠や不安・イライラなどの症状が伴う耳鳴りに効果的です。肩こりや高血圧症・神経症などに対して処方されることも多くなっています。

4-1-2.五苓散(ごれいさん)

メニエール病の耳鳴りやめまいを伴う耳鳴りに効果的です。猪苓(ちょれい)や沢瀉(たくしゃ)などの成分を含んでおり、耳鳴り以外にも頭痛やむくみ・夏ばてなどの症状によく効きます。

4-1-3.釣藤散(ちょうとうさん)

めまいや肩こり・頭痛を伴う耳鳴りに効果的です。釣藤鈎(ちょうとうこう)や陳皮(ちんぴ)などの生薬が配合されており、脳の血管を拡張して脳循環を改善し、耳鳴りや頭痛などの症状を抑えます。

4-2.効果について

体全体の機能を高めることで耳鳴りを改善するのが、漢方薬の目的です。特に効果が期待できるのは、ストレスや疲労・冷え・肩こり・不眠・更年期障害・自律神経失調症が原因の耳鳴りでしょう。ただし、漢方薬は選び方や飲み方によって効果の出方が変わってきます。必ず自分の体質や症状に合ったものを選び、正しい方法で服用するようにしてください。

4-3.子供、高齢者の場合

子供の耳鳴りは、中耳炎や外耳炎など耳の疾患が原因である場合がほとんどです。しかし、最近はストレスが原因で自律神経が乱れ、耳鳴りを引き起こすケースも少なくありません。一方の高齢者は、老人性難聴やストレスが原因で耳鳴りが起こる場合が多いでしょう。子供や高齢者にも、漢方治療は効果的です。ただし、選び方や服用する量に注意が必要なため、必ず専門の医師や薬剤師の指示に従ってください。

5.漢方薬の飲み方・もらい方

では、漢方薬の飲み方やもらい方についてご紹介しましょう。

5-1.漢方薬局に相談しよう!

漢方薬はドラッグストアや薬局でも販売されています。しかし、やはり自分に合ったものを選ぶためには、専門の薬剤師に相談するのがおすすめです。漢方薬局には漢方薬に詳しい薬剤師がおり、一人一人の症状や体質に合わせた漢方薬を調剤しています。最近は漢方薬局の数も増えてきているため、ぜひチェックしてみてください。インターネットで利用できる漢方薬局もあります。

5-2.注意点

漢方薬は複数の生薬から作られているため、漢方薬同士の飲み合わせにも注意が必要です。同じ生薬が含まれている漢方薬を2種類服用すると、効果が重複してしまい、体調不良を引き起こす原因になります。指示された組み合わせ以外の漢方薬は同時に服用しないようにしましょう。

5-3.価格について

医師の処方せんがない場合、漢方薬は保険適用外になります。価格は薬局によって異なるため注意してください。インターネットで購入できる「医心堂薬局」では、煎じ薬だと15日分11,340円、粉薬だと15日分9,720円で販売しています。ホームページのフォームから申し込みが可能ですのでぜひご利用ください。

5-4.漢方薬局の選び方

漢方薬局は全国にたくさんありますが「どこを選んだらよいのか分からない」という人は多いでしょう。薬局選びのポイントをご紹介します。

  • 漢方専門の薬剤師やアドバイザーが常駐している
  • 豊富な実績がある
  • 費用についての説明をきちんとしてくれる
  • 親身に相談に乗ってくれる

上記のような漢方薬局は信頼できるでしょう。

5-5.相談窓口

医心堂薬局」では、こちらから無料相談を受け付けています。症状に対する悩みや日常生活における改善のポイント・漢方薬の選び方などをアドバイスいたしますので、ぜひご利用ください。電話や直接来店でのご相談も受け付けています。

6.耳鳴りの漢方治療に関するよくある質問

「耳鳴りの漢方治療について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

6-1.睡眠不足が原因で耳鳴りがします。どのように改善したらよいでしょうか?

A.睡眠不足は耳鳴りが悪化する原因になります。就寝前にリラックスすることで質のよい睡眠がとれるよう心がけましょう。ぬるめのお風呂にゆっくりと入る、静かな音楽を聴く、アロマを炊くなどの方法がおすすめです。

6-2.耳鳴りは何科を受診すればよいですか?

A.耳鳴りや聞こえの悪さ・めまいなどは耳鼻科を受診しましょう。顔面の違和感が伴う場合は神経の病気である可能性もあるため、神経内科を受診してください。発熱が伴う場合は、感染症から中耳炎になっている可能性があります。まずは内科を受診して感染症を治療しましょう。

6-3.タバコやお酒は耳鳴りの原因になりますか?

A.はっきりとした因果関係は分かっていません。しかし、タバコに含まれるニコチンには血管収縮の作用があり血流が悪化するため、耳鳴りの原因になっている可能性はあるでしょう。

6-4.漢方薬による耳鳴り治療にはどのようなメリットがありますか?

A.体質改善が期待できること、一人一人に合った薬が処方されること、副作用が少ないことなどが挙げられます。

6-5.突発性難聴と診断されました。どんな生薬が使われている漢方薬がおすすめですか?

A.半夏(はんげ)や白朮(びゃくじゅつ)・天麻(てんま)・茯苓(ぶくりょう)・陳皮(ちんぴ)などの生薬が配合されている漢方薬がおすすめです。

まとめ

いかがでしたか? 耳鳴りの原因や考えられる病気・漢方による治療法などをまとめてご紹介しました。耳鳴りの原因や症状には個人差が大きく、耳鼻科でも適切な対処法が分からない場合もあります。そんなときは、漢方による治療を検討しましょう。体質そのものを改善し、不快な症状を取り除く効果が期待できます。ぜひこの記事を参考にして、自分に合った漢方薬の見つけ方を知ってください。