漢方で痩せるって本当? 驚くべきダイエット効果を徹底検証!


痩せるために漢方が効果的だということをご存じでしょうか? ダイエットにはさまざまな方法があり、何が合っているかは人それぞれです。「運動をしてもなかなか痩せない」「負担のない方法でダイエットしたい」という人には、漢方の利用をおすすめします。漢方によるダイエットは非常に安全で、健康的に効果が出るため、ぜひ試してみてください。この記事では、漢方によるダイエットの方法についてまとめてご紹介しましょう。

  1. 「痩せる」とはどういうこと?
  2. 痩せる方法について
  3. ダイエットと漢方について
  4. ダイエット効果がある漢方薬
  5. 漢方薬の飲み方ともらい方
  6. 漢方によるダイエットに関するよくある質問

この記事を読むことで、漢方によって痩せる方法が分かるはずです。漢方薬の飲み方やもらい方なども参考にしてください。

1.「痩せる」とはどういうこと?

まずは、「痩せる」とはどういうことなのか、痩せる必要性や肥満について解説します。

1-1.体重と体脂肪率の違いについて

「痩せる」とはどのようなことでしょうか。一般的には、体重が減ることを「痩せる」と考える人が多いと思います。しかし、実は体重が減ったからといって「痩せた」というのは間違いなのです。体重が減っても体脂肪の量が変わらなければ、単に筋肉量が減っただけであり、たとえ見た目が細くなったとしても美しく健康的な体にはなれません。体脂肪率とは、脂肪の重量を表す割合のことです。ダイエットで重要になるのは体重ではなく体脂肪率であり、体脂肪率が減っていれば代謝がよくリバウンドしにくい体になってきている証拠ということになります。

1-2.痩せる必要性

では、なぜ痩せる必要があるのでしょうか。もちろん「痩せて美しくなりたい」という意識からダイエットをする人がほとんどだと思います。特に、女性は「細いね」「痩せているね」といわれることに喜びを感じるものです。痩せてスタイルがよくなると似合う洋服も増えて自分に自信を持てるようになるでしょう。また、健康のために痩せる必要がある場合もあります。体脂肪が多い状態だと血圧や血糖・血中脂質などが多くなるため、高血圧や高血糖・動脈硬化などを引き起こす原因になるのです。

1-3.肥満について

医学的にいうと「肥満」とは体脂肪が過剰に蓄積した状態のことです。「体重÷(身長×身長)」で表すBMIの数値が22を標準体重とし、25以上を肥満と定義しています。肥満になると糖尿病の発症率が急激に高まり、そのほかの生活習慣病も進行しやすくなるため、注意が必要です。

2.痩せる方法について

では、痩せるためにはどうしたらよいのでしょうか。

2-1.運動

まずは、運動によるダイエットについて解説します。

2-1-1.有酸素運動

有酸素運動とは、体内に取り込んだ酸素を使って脂肪を燃焼する運動です。ウォーキングやジョギング・水泳・自転車などが有酸素運動に当たります。深く呼吸をしながら運動を行い、ゆっくりとエネルギーを燃やしていくため、長い時間継続することが可能です。ダイエット以外にも、心肺機能の改善や脳への刺激・骨の強化・ストレス緩和などの効果が期待できるでしょう。

2-1-2.無酸素運動

筋トレや短距離走など、酸素を必要としない運動を無酸素運動といいます。筋肉中に蓄えられた糖質と酵素の働きによってエネルギーを生み出すしくみです。有酸素運動だけでは筋肉が発達しにくいため、基礎代謝量も増えません。そこで、無酸素運動も同時に取り入れることでより効果的に痩せることができるのです。

2-1-3.体幹ダイエット

運動不足になると基礎代謝が下がります。そこで、おすすめなのが体幹ダイエットです。体幹とは胴体部分のことをいい、ここを鍛えることで基礎代謝量がアップしてエネルギーの消費量が増加します。筋肉が鍛えられるため、引き締まった美しいボディーラインを手に入れることも可能です。

2-2.食事

痩せるためには食事の見直しも必要です。ただ単に「食べなければよい」というものではありません。食べる量を極端に減らすダイエットでは、必要な栄養が不足し、健康的にダイエットすることができないのです。重要なのは、食事の仕方と内容でしょう。理想的な食事の方法は以下のとおりです。

  • 食事の回数は1日3回
  • 朝食はしっかり食べて、昼・夜は少なめに
  • たんぱく質、脂質、糖質をきちんととる

よくダイエットのために朝食を抜く人がいますが、体脂肪を落とす上でこの方法はおすすめできません。

3.ダイエットと漢方について

漢方によるダイエットについてご紹介します。

3-1.漢方の考え方

漢方は「気」「血」「水」という考え方に基づいています。太るのはこのバランスが乱れているためであり、バランスを整えることで肥満体質を改善できると考えられているのです。漢方の目的は「太りにくい体に体質改善すること」であり、ほかのダイエット方法に比べてリバウンドしにくいという特徴があります。

3-2.漢方治療の特徴と注意点

漢方薬は自然の材料でできているため、効き目が穏やかだと思っている人が多いでしょう。確かに、西洋薬と違って即効性がなく、効果を実感するまで半年近くかかるものもあります。また、効果が現れ始めてからも数か月は飲み続ける必要があるものもあるでしょう。しかし、その分副作用の心配が少ないのが特徴です。ただし、まったく副作用がないわけではありません。体質に合わない漢方薬を飲んだとき、指示された量を守らなかったときなどは、食欲不振やじんましんなどの副作用が出ることもあると覚えておきましょう。

4.ダイエットと漢方について

漢方によるダイエットについてご紹介します。効果のある生薬や注意点などをまとめました。

4-1.ダイエットに効果的な漢方薬とは?

ダイエットに効果的な生薬には、以下のようなものがあります。

  • 代謝を高める生薬:センキュウ・ショウキョウ・トウキ
  • 便通改善効果がある生薬:ダイオウ・オウゴン・カンゾウ
  • 老廃物排出効果がある生薬:カッセキ・マオウ・レンギョウ・ビャクジュツ・ハッカ

漢方薬を選ぶときは、上記の生薬が配合されているか確認してください。おすすめなのは「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」や「防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)」「大柴胡湯(だいさいことう)」などの漢方薬です。

4-2.効果について

漢方薬は体質との相性で効果の現れ方が変わってきます。痩せやすい体に改善することが目的のため、体質に合わないものを飲むとダイエットが失敗してしまうこともあるのです。効果的にダイエットするためにも、自分の体質を把握することから始めてください。

4-3.注意点

自分の体質を理解すること、体質に合った漢方薬を選ぶことは、個人では難しい場合もあるでしょう。自己判断で漢方薬を選ぶのは避けるべきです。漢方に詳しい医師や薬剤師に相談し、指示に従うことをおすすめします。体質に合わないものを服用すると副作用が強く出る危険もあるのです。

5.漢方薬の飲み方ともらい方

漢方薬の正しい飲み方やもらい方についてまとめました。

5-1.漢方薬局に相談しよう!

漢方薬を扱っている病院であれば処方してもらえます。しかし、痩せたいという理由で病院を受診するのは勇気がいることでしょう。ドラッグストアや薬局でも市販されていますが、おすすめなのは漢方薬局を利用することです。漢方薬局とは漢方薬を専門に取り扱う薬局のことであり、漢方に詳しい薬剤師がカウンセリングを行い、患者さんに合った漢方薬を調剤しています。体質や生活習慣などをチェックした上で適切な漢方薬を処方してくれるでしょう。

5-2.注意点

漢方薬剤師に相談する前に、自分の体質を知っておく必要があります。体質に合った漢方薬を処方してもらうためにも「冷えやすい」「疲れやすい」など、普段の状態を伝えるようにしましょう。

5-3.価格

価格は薬局によって異なるため、事前に確認しておきましょう。「医心堂薬局」では、煎じ薬を煎じた液体のパックにしてお作りします。15日分一律で11,340円です。こちらからご注文ください。

5-4.漢方薬局の選び方

漢方薬局は全国に増えてきています。その中からどの薬局を利用すべきかは、慎重に選びましょう。選び方のポイントは、以下を参考にしてください。

  • 実績が豊富であるか
  • 相談をしっかりと聞いてくれるか
  • 価格についての丁寧な説明があるか
  • 無料相談を受け付けているか

5-5.相談窓口

医心堂薬局」では、こちらから無料相談を受け付けています。体質に合った漢方薬や、痩せるための生活習慣なども丁寧にアドバイスいたしますのでぜひご利用ください。

6.漢方によるダイエットに関するよくある質問

「漢方薬で痩せたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

6-1.ストレスがたまると食べすぎて太ってしまいます。この場合でも漢方薬は効果がありますか?

A.太るとさらにストレスになり、悪循環です。ストレスに効果的な漢方薬を飲むことで食べすぎを防止できるでしょう。「柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)」や「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」などがおすすめです。

6-2.生理が近くなると体重が増えます。どうしたらよいでしょうか?

A.生理によってホルモンバランスが変化すると血液が足りなくなります。その結果、老廃物の排出がうまくいかなくなるのです。ホルモンバランスを整えるために「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」や「温経湯(うんけいとう)」などの漢方薬を飲むとよいでしょう。

6-3.漢方でいう「気」「血」「水」とは何のことですか?

A.「気」は生命活動を支えるエネルギー、「血」は体に栄養を与える血液、「水」は体内の水分を指します。1つのバランスが崩れるとほかの2つにも影響すると考えられているのです。

6-4.漢方薬をやめたらまた太りますか?

A.漢方薬によって体質改善に成功すれば、再び太ることはないでしょう。ただし、飲み終わった後も生活習慣には注意が必要です。

6-5.体重を減らす効果がある漢方薬もありますか?

A.漢方薬自体に体重を減らす効果はありません。体質を改善して「痩せやすい体」になることが目的です。

まとめ

いかがでしたか? 漢方薬によるダイエットの効果や正しい飲み方・もらい方などをまとめてご紹介しました。運動や食事制限をしてもダイエットがうまくいかない人は多いでしょう。そんなときは、ぜひ漢方薬を取り入れたダイエットを試してみてください。自分に自信を取り戻すため、健康を維持するためにも、痩せることに成功しましょう。