便秘でイライラする方必見! ストレスなど便秘の原因と解消法を紹介


女性は便秘に悩む方が多いものです。便秘は肌荒れや胃腸機能の低下なども招きます。加えて、便秘になるとイライラするという方が意外と増えているのです。便秘とイライラは関連がないように感じることでしょう。肌荒れやお腹の張りなどを感じ、体調不良でイライラするという方もいます。しかし、イライラが余計に便秘を引き起こしていることをご存じでしたか?
便秘はとても辛(つら)い症状で、ひどい方だと数週間も排便がないというケースもあります。便秘は内臓機能低下にもつながるため、なるべく早めに解消することが大切です。便秘解消法の1つとして、漢方を取り入れた改善方法も注目されています。
今回は、便秘とイライラの関連についてです。

  1. 便秘とイライラの関係について
  2. 便秘によるイライラの解消法
  3. 便秘の解消・治療方法
  4. 便秘と漢方治療について
  5. 便秘とイライラでよくある質問
  6. まとめ

この記事を読むことで、便秘とイライラの解消法がよく分かります。健康的な生活を送るためにも、便秘とイライラの関係については理解しておきましょう。ぜひ、日常生活に生かしてみてください。

1.便秘とイライラの関係について

なぜ便秘でイライラするのか、原因やメカニズムについてご紹介します。

1-1.便秘が原因でイライラする?

便秘は、肌荒れ・胃腸障害・腹部膨満感・頭痛・腰痛などを起こすものです。次々と体調不良が出てくるため、頑張りたいという気持ちに体が追いつかず、思うように動けなくなることから、イライラするようになります。

1-2.イライラの原因・メカニズム

1-2-1.外的要因

前述したとおり、肌荒れや腹部膨満感はとても不快な症状です。毎日が過ごしにくくなり、いつもと同じ仕事をこなすことができなくなるなど、日常生活に支障をきたすため、イライラしてしまいます。

1-2-2.内的要因

内的要因として、腸内の悪玉菌が多くなり、善玉菌が減少することが分かっています。善玉菌は正常な排便を促すために重要な菌です。悪玉菌の増殖で排便が阻害され、老廃物が停滞することにより、イライラなどの症状が現れます。

1-3.イライラが便秘を悪化させる

ストレスで人はイライラします。交感神経が過敏になり、食欲減退や過食などを招くのです。胃腸が痛むといった症状を訴える方もいるでしょう。精神的な安定を図るよう、ストレス発散の方法を考えるのも便秘解消に最適です。ストレスが解消されなければ、イライラはいつまでも続き、便秘でイライラが増幅するという悪循環になってしまいます。

2.便秘によるイライラの解消法

便秘によるイライラの解消法は、いろいろあります。自分に合うものを試してみてください。

2-1.リラックス

前述したとおり、交感神経の高ぶりは便秘を招きます。緊張感が続く状態も同様です。ストレスは誰もが抱えるものでも、なるべくリラックスできる時間を作ることが大切でしょう。

2-2.お茶

ハーブティーなどのお茶は、精神の高ぶりを抑える作用があり、安眠効果もあります。就寝前に飲む習慣を持ち、便秘解消に役立てましょう。

2-3.運動

適度な運動は、健康維持には必要です。いきむときに必要な腹筋も鍛えられ、スムーズな排便が期待できるでしょう。体操やストレッチで構いません。蠕動運動を促すきっかけにもなります。毎日少しずつ続けてください。

2-4.香り

アロマテラピーで、好きな精油の香りを楽しむ方法もおすすめです。副交感神経の働きにより、心身ともにリラックスした状態にすることができます。体の緊張もほぐれ、自然な排便を誘発するでしょう。

3.便秘の解消・治療方法

便秘が続くと憂鬱になりますよね。解消法や治療法を覚えておきましょう。

3-1.解消方法とは?

3-1-1.食べ物

食物繊維が多い食べ物を取るようにしましょう。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方をバランスよく食べてください。果物や野菜、海藻類やこんにゃくなどは、食物繊維を豊富に含んでいます。乳酸菌も腸の働きをよくするため、味噌や納豆などの発酵食品もおすすめです。

3-1-2.飲み物

飲み物でも便秘解消が期待できます。意外なものでは、白湯(さゆ)や水です。朝起きたときに1杯飲んでください。便秘は腸内の水分が不足し、便が硬くなることで起こる場合もあり、水分で腸を刺激することで排便が促されます。

3-1-3.サプリ

食べ物や飲み物で解消が難しい場合、サプリを服用する方法があります。乳酸菌や食物繊維を補うサプリが販売されており、食事と併用しながら用いるといいでしょう。ただし、規則正しい食生活を基本としてください。

3-1-4.ツボ

ツボを刺激し、腸の蠕動運動を促す方法もおすすめです。へそから左右に指3本分の場所にある天枢というツボや、天枢から指2本分下がった場所にある大巨というツボは、さする・温める・軽く押すなどの刺激で効果があるでしょう。

3-2.治療方法について

病院での治療は、排便を促すための整腸剤や下剤などを使います。整腸剤は比較的緩やかですが、下剤は腹痛で辛(つら)いという方もいるのです。自分に合う治療方法を選択できるよう、希望は診察時に伝えましょう。

4.便秘と漢方治療について

漢方を使った便秘解消法もあります。漢方薬は穏やかで、体質改善にも最適です。

4-1.漢方における便秘の考え方

漢方では、気・血・水の流れが停滞すると体調に異変が起こるという考え方があります。便秘も同じで、腸だけではなく、体の中で流れが滞っているため、排便に支障をきたすと捉(とら)えているのです。また、体質も便秘に影響するとし、漢方で体質そのものを改善することにより、体全体の免疫力を上げ、健康な状態に導くことができます。

4-2.効果があるとされる漢方薬とは?

4-2-1.桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)

主な成分は、以下のとおりです。

  • 桂枝(けいし)
  • 芍薬(しゃくやく)
  • 生姜(しょうきょう)
  • 大棗(たいそう)
  • 甘草(かんぞう)
  • 大黄(だいおう)

4-2-2.大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)

主な成分は、以下のとおりです。

  • 大黄(だいおう)
  • 甘草(かんぞう)

4-2-3.麻子仁丸(ましにんがん)

主な成分は、以下のとおりです。

  • 麻子仁(ましにん)
  • 大黄(だいおう)
  • 杏仁(きょうにん)
  • 枳実(きじつ)
  • 厚朴(こうぼく)
  • 芍薬(しゃくやく)

4-2-4.桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

主な成分は、以下のとおりです。

  • 桃仁(とうにん)
  • 大黄(だいおう)
  • 芒硝(ぼうしょう)
  • 桂皮(けいひ)
  • 甘草(かんぞう)

4-3.効果について

漢方薬は緩やかに体全体に作用し、体内の水分調整や体調不良を改善していきます。気・血・水の流れをよくし、悪い部分をしっかり治してくれるのです。自然な排便を促し、便秘解消に効果が期待できます。

4-4.漢方薬のもらい方

市販でも漢方薬が販売されており、名称も同じで選びやすくなっています。しかし、漢方薬の服用にあたり、既往症や服用中の薬などを考慮し、処方をしっかり行うことが、便秘解消への早道です。また、体質や体格、生活習慣などによっても処方内容が異なるため、漢方薬局に相談するほうが安心でしょう。

4-5.「ツージーファイン 乳酸菌プラス」の紹介

漢方薬局の医心堂薬局では、乳酸菌を配合した和漢サプリを販売しています。「ツージーファイン 乳酸菌プラス」は、初回お試し価格を設定しており、気軽に始められるでしょう。漢方薬局が取り扱っているため、安心して服用できるのもメリットです。お得な定期コースもあります。便秘によるイライラにもおすすめです。

5.便秘とイライラでよくある質問

便秘とイライラは、日常生活を送る中で苦痛を伴うものです。質問集を参考に、便秘解消に役立ててください。

Q.冷たいものを取るのはよくない?
A.冷たい飲み物や食べ物を取ると胃腸の動きが悪くなり、便秘を招きやすくなります。飲み物は常温か温かいものを取るようにし、胃腸の働きが活発になるよう促しましょう。

Q.早食いはよくない?
A.急いで食べると十分に噛(か)めていない状態で胃へ食べ物が流れ、消化時の負担が大きいものです。なるべくゆっくり噛(か)んで食べるように意識しましょう。

Q.運動はどのようなものを行えばいい?
A.軽い運動で構いません。ウォーキングやジョギングなど、始めやすいもので、継続してできるものがおすすめです。無理に激しい運動をする必要はありません。

Q.カフェインが含まれた飲み物はイライラを助長する?
A.カフェインは、脳を刺激して興奮作用があり、イライラが増す方がいます。適量に留(とど)めるようにしてください。

Q.何日排便がないと便秘と呼ぶのか?
A.3日以上排便がない場合、便秘とされています。しかし、毎日きちんと排便があっても、残便感があるなどの場合は、便秘の疑いを持つべきでしょう。

6.まとめ

いかがでしたか? 便秘はとても苦しく、頭痛や吐き気などを伴う場合があります。老廃物が体内に停滞している状態で、イライラする方もいるのです。便秘は、腸内の善玉菌が減少することや、水分量の不足により便が硬くなることが原因で、ストレスなども起因しています。ストレスが便秘を助長するという考え方もあるのです。便秘解消には、食べ物・飲み物・サプリ・運動などがおすすめで、規則正しい生活を送ることも重要でしょう。便秘によるイライラは、日常生活に支障をきたします。なるべく早く改善するようにしてください。