肌荒れを改善したい! 原因や改善・予防方法を徹底解説!


肌荒れは、性別や年代問わず多くの人が悩みやすい皮膚のトラブルです。特に、女性の場合は肌が荒れるとお化粧ができなくなり、外出がしにくくなる人もいるでしょう。また、肌荒れがひどくなれば見た目にも影響が出て、かゆみなども強くなります。生活や仕事に影響が出る可能性もあるでしょう。肌荒れの原因はさまざまです。だからこそ、自分にあった肌荒れの改善方法を見つけることが大切になります。

今回は、肌荒れの原因や改善方法、肌荒れの改善効果が期待できる商品を紹介しましょう。

  1. 肌荒れの基礎知識
  2. 肌荒れの原因とは?
  3. 自分でできる肌荒れ改善方法
  4. 肌荒れの強い味方、実感ぷるるん習慣とは?
  5. サプリメント・健康補助食品を利用する際の注意点
  6. 肌荒れの改善に関するよくある質問

この記事を読めば、肌荒れを改善するヒントがつかめるかもしれません。肌荒れに悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.肌荒れの基礎知識

はじめに、肌荒れの症状や肌荒れが発症する原因などを解説します。性別や年代によって違いなどはあるのでしょうか?

1-1.肌荒れとは?

肌荒れとは、何らかの原因で肌の最も外側にある角質層に異常が起き

  • カサツキ
  • かゆみ
  • 毛穴の開き
  • 湿疹・ニキビ
  • 炎症

などが起きた状態です。また、肌荒れというと顔に起こるというイメージがありますが、肌荒れは全身の皮膚で発生します。顔以外では外気にさらされやすい耳や足、水に濡れることの多い手などが荒れやすいでしょう。また、背中も手入れがしにくいため、ニキビや吹き出物が出やすい傾向にあります。

1-2.肌荒れが起きやすいのはどんな人?

肌荒れは、性別問わずすべての年代で発生する可能性があります。なかでも、起きやすい年代や生活習慣をしている人などを解説しましょう。

1-2-1.乳幼児

大人より皮膚が薄いため、外部からの刺激で肌荒れが起こりやすいでしょう。

1-2-2.思春期

二次性徴によりホルモンバランスが変化して皮脂の量が増え、ニキビなどが出やすいでしょう。

1-2-3.高齢者

老化により、皮膚が保湿能力を失って肌荒れが起こりやすいのです。

1-2-4.生まれつき肌が敏感で刺激に弱い人

化粧品などの刺激で肌荒れが起こりやすいでしょう。

1-2-5.アレルギー体質の人

アレルゲンが肌荒れを引き起こします。

1-2-6.好き嫌いが多く、食生活が乱れがちな人

栄養不足から肌荒れが起こりがちです。

1-2-7.夜更かしすることが多い人、ストレスがたまりやすい人

皮脂のバランスなどが崩れやすく、肌荒れが出やすくなります。

1-3.肌荒れが起こりやすい季節とは?

肌荒れは、季節の変わり目や冬に起こりやすい傾向にあります。特に、冬は空気が乾燥して、肌からも水分が失われがちです。また、お湯を使う機会も増え、手荒れも起こりやすいでしょう。季節の変わり目は、体調を崩しやすくそれが肌に悪影響を与えます。なお、花粉症の人は、花粉が飛び交う季節にも要注意です。

1-4.肌荒れを放置する危険性

肌荒れは、放っておくと悪化するものもあります。特に、かゆみがでるとついかきむしってしまいがちです。傷口から雑菌に感染すると、感染症になる恐れもあるでしょう。また、ニキビや吹き出物は跡が残ることもあります。

なお、肌荒れは病気の症状でも出るため、肌荒れが長引く場合は病院を受診したほうがよいでしょう。内臓や血液の不調が肌荒れの原因ということもあります。

2.肌荒れの原因とは?

この項では、肌荒れが起こる原因の一例を解説します。どのような原因があるのでしょうか?

2-1.肌質が原因

生まれつき肌が弱かったり敏感だったりすると、肌荒れが起こりやすくなります。ちょっとした外部刺激でもすぐに肌が赤くなったりかゆくなったりする場合は、敏感肌の可能性があるので化粧品や衣類などに気をつけましょう。

2-2.体質が原因

花粉症やハウスダストにアレルギーがある人は、皮膚にも影響が出ることがあります。ホコリっぽい部屋に入ると皮膚がかゆくなる人や、花粉が飛散する季節になると肌に赤みやかゆみが出やすい人は、注意が必要です。また、体質的に便秘しやすい人は、たまった便の毒素や腸内環境の悪化により、肌荒れしやすい傾向にあります。

2-3.生活習慣が原因

美しい肌を作るためには、ビタミンやミネラル・良質なタンパク質などの栄養が必要です。しかし、食生活が乱れるとそのような美肌に必要な栄養素が不足しがちになり、肌荒れが起こりやすくなります。仕事などで忙しく、外食やコンビニのお弁当ばかりの食生活が続くと、肌荒れしやすいでしょう。睡眠不足や飲酒・喫煙も肌荒れの原因となります。

また、生活習慣や食生活が乱れるとストレスもたまりやすくなるでしょう。ストレスも肌荒れの原因です。特に、乳幼児の頃にアトピー性皮膚炎を発症している場合は、症状が出なくなっていてもストレスによって突如悪化することもあるでしょう。

2-4.環境が原因

外気が乾燥していると、肌から水分が失われて傷つきやすくなります。乾燥から肌荒れに移行するケースは珍しくありません。また、水やお湯で肌を濡らしてそのままにしておくと、乾燥するときに肌内の水分を奪っていきます。ですから、冬に手を濡らしっぱなしにしていると、肌荒れしやすいでしょう。

2-5.病気が原因

なお、前述したように病気が原因でも肌荒れが起こります。アトピー性皮膚炎や化粧品などのアレルギーになると、あっという間に肌荒れがひどくなることがあるでしょう。さらに、内臓が悪い場合も肌荒れが起こる場合があります。

3.自分でできる肌荒れ改善方法

この項では、自分でできる肌荒れ改善方法を解説します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.自分の肌質を知る

肌荒れをくり返す場合は、皮膚科を受診して自分の皮膚の状態やアレルギーの有無を調べてもらいましょう。アレルギーは意外な物質でも発症します。肌質を知ることができれば、対処方法も分かるでしょう。

3-2.栄養バランスを考えた食事をする

食生活は、肌にとってとても大切です。美肌に効果的な食べ物といえば、ビタミンCやコラーゲン・ビタミンB1などがあります。また、肌荒れの原因の一つである便秘も、食生活で改善する可能性が高いでしょう。ビタミンを手軽に取れる食材と言えば、果物です。生の果物を買ってもむくのが面倒という場合は、冷凍の果物を利用しましょう。冷凍果物ならば、1年中手ごろな値段で売っていますし、食べるのも簡単です。また、外食やお弁当が中心の場合は、ヨーグルトや納豆などすぐに食べられて美肌効果や便秘解消の効果がある食材をストックしておきましょう。さらに、1日3食決まった時間に食べることも大切です。

3-3.生活習慣を改善する

夜更かしは美肌の天敵です。理想は日付が変わる前に眠ることですが、社会人の場合はそうもいかない人も多いでしょう。せめて、良質の睡眠がとれるように、眠る30分にはスマートフォンなどを見るのはやめて、照明を暗くし、リラックスできる音楽などをかけましょう。また、ストレスがたまっているという自覚がある場合は、暴飲暴食以外で発散する方法を見つけてください。マッサージやお風呂にゆっくり浸かるなどは、血行も改善されて便秘解消などの効果もあります。

3-4.保湿に気を配る

乾燥は、肌荒れの始まりです。女性の場合は肌が乾燥しないように化粧水などを使うのはごく当たり前のことですが、男性の場合は何のケアもしていないという人もいるでしょう。特に冬は乾燥しがちなので、男性も保湿ケアに気を配りましょう。冬になると保湿成分を多く含んだクリームが販売されますので、そのようなものを利用してもいいですね。子どもや赤ちゃんでも使える保湿クリームもあります。

3-5.注意点

出血を伴う湿疹や強いかゆみ、多量のニキビなどができた場合は、皮膚科を受診してください。病気の可能性があります。市販の薬や化粧品をむやみに使用すると、悪化する恐れもあるのです。前述の通り、乳幼児期にアトピー性皮膚炎を発症していた場合、成人になってからストレスなどが原因で突然悪化することもあります。また、肌荒れが1か月以上続き、全く改善の兆しが見られない場合も皮膚科を受診しましょう。

4.肌荒れの強い味方、実感ぷるるん習慣とは?

肌荒れに効果的な栄養素としては、ビタミンやミネラル以外にも、コラーゲンやペプチド、ヒアルロン酸などがあります。実感ぷるるん習慣は、

  • フィッシュコラーゲンペプチド:肌にハリや弾力を与え、しわやたるみを防ぐ
  • ツバメの巣エキス:コラーゲン・ヒアルロン酸がたっぷり
  • クロセチン:紫外線を肌の内側から防ぐ効果
  • プロテオグリカン:肌の再生や成長を促進させる効果
  • ヒアルロン酸:保水力を保つ効果

を配合したスティックゼリーです。前項で、肌荒れを防ぐには食生活が重要と説明しました。しかし、肌荒れを改善させる栄養素をすべて食事で取るのは大変だと思います。そこで、活用したいのが栄養補助食品です。実感ぷるるん習慣は、肌荒れ予防や美肌効果のある成分がたっぷり含まれたスティックゼリーになっています。手軽に食べられて、美肌に効果的な成分を効率よく摂取できるでしょう。ヒアルロン酸やコラーゲンなどの物質は化粧品などにも含まれていますが、体内から摂取をした方が効果的です。

実感ぷるるん習慣は、一袋30包み入りで、3,800円とお得な価格になっています。定期購入すれば、さらに初回が50%オフの1,900円、2回目以降も10%オフの3,400円とお得です。お申し込みは、こちらから。

5.サプリメント・健康補助食品を利用する際の注意点

サプリメントや栄養補助食品に含まれている栄養素は、食品から抽出したものが多いのです。そのため、食品にアレルギーを持っている人は注意してください。また、サプリメントや健康補助食品は医薬品ではありませんが、特定の薬と一緒に摂取すると副作用が出る場合もあります。薬を服用している人はサプリメントや健康食品を利用する前に医師と相談しましょう。

6.肌荒れの改善に関するよくある質問

Q.肌荒れの相談は皮膚科でよいのでしょうか?
A.はい。まずは皮膚科に相談してください。

Q.美容皮膚科というものがありますが、それはどのような診療科でしょうか?
A.美容皮膚科は皮膚を美しく保つ施術を中心おこなう診療科です。シワを取ったりニキビ跡やシミを消す手術などが受けられます。

Q.肌荒れの時にやめたほうがよいことはあるでしょうか?
A.むやみにあれている箇所を触らないようにしてください。手に雑菌がついていると悪化する可能性があります。

Q.肌荒れした場合は、お化粧はしないほうがよいのでしょうか?
A.はい。できる限り肌に負担をかけることはやめてください。

Q.子どもの肌荒れは、すぐに病院へ行ったほうがよいのでしょうか?
A.はい。子どもは肌荒れが起こってかゆみが出ると、かきむしってしまいがちです。感染症を予防するためにも、肌荒れが起きたら皮膚科を受診してください。

7.おわりに

いかがでしたか? 今回は肌荒れの改善方法について解説しました。肌荒れは、命に別状こそありませんが、見た目に大きく影響するため、ひどくなると日常生活に支障が出ます。ひどい場合は一度皮膚科を受診しましょう。また、ご紹介した実感ぷるるん習慣のような健康補助食品を利用するのもおすすめです。