後鼻漏の原因や治療方法を知りたい! 漢方薬が効果的な場合も!


後鼻漏とは、粘性の鼻水が喉の奥に垂れてくる症状です。原因が複数あり、人によっては何が原因で後鼻漏が発症しているのか分からず、長年悩んでいる人もいるでしょう。また、鼻水は誰でも経験したことのある体の不調のため、後鼻漏のつらさは理解されづらく、誰にも相談できないという人もいると思います。

今回は、後鼻漏の治療法を漢方薬の使用を中心に解説しましょう。

  1. 後鼻漏の基礎知識
  2. 後鼻漏の治療方法
  3. 後鼻漏に有効な漢方薬について
  4. 漢方薬局の利用方法
  5. 後鼻漏のセルフケア
  6. 後鼻漏に関するよくある質問

この記事を読めば、後鼻漏の原因や治療方法もよく分かります。後鼻漏で悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.後鼻漏の基礎知識

はじめに、後鼻漏とはどのような病気かということを解説します。原因や症状はどのようなものでしょうか?

1-1.後鼻漏とはどのような症状

後鼻漏とは病名ではなく、鼻水が喉の奥へ落ちこむ際、喉の粘膜に貼りつくなど不快な症状のことです。健康な人でも毎日1L程度の鼻水が作られ、鼻の奥から喉を伝って体内へと流れ落ちていきます。しかし、健康な人の鼻水は水のようにサラサラしているため、特に鼻水を意識することはありません。

しかし、何らかの原因で鼻水の量が異常に増えたり、粘性が増したりすると、喉の奥に粘性の鼻水が貼りついたり、喉の奥へ鼻水が流れ込む気持ちの悪い感覚が絶えず続いたりします。

1-2.後鼻漏の主な症状

後鼻漏になると、以下のような症状が現れます。

1-2-1.不快感

喉の奥にたえず鼻水が流れ落ちていく感覚は、気持ちが悪いものです。また、粘り気のある鼻水が喉に貼りつくと、痰が絡んだような不快感を覚え続けることもあります。

1-2-2.咳が止まらない

後鼻漏は、常に喉へ不快な刺激が続くような症状です。ですから、自然と咳が出てしまうこともあるほか、不快な症状を軽減させようとして、つい咳ばらいをしてしまうこともあるでしょう。咳ができない場所では、つらい思いをすることもあります。

1-2-3.睡眠障害

後鼻漏は、仰向けに寝ているときにもっとも症状が激しくなります。鼻水が喉の奥に落ちこむ不快感で眠りが浅くなったり、目が覚めたりする人も、珍しくありません。仰向けに寝なければ症状は若干改善されますが、「仰向けが最も眠りやすい」という人にとっては、仰向けで寝られないこと自体がストレスになります。

1-2-4.QOL(生活の質)の低下

後鼻漏は、鼻水が流れ続ける限り症状が続きます。常に喉の奥に不快感を覚え続けていれば、集中力も途切れがちになり、気力も衰えてくるでしょう。また、激しく咳き込んだり咳ばらいをしたりすれば、周りの人の迷惑になると考えてしまい、家にこもりがちになることもあります。

1-3.後鼻漏の原因

この項では、後鼻漏の症状が出る病気を紹介します。どのような病気があるのでしょうか?

1-3-1.アレルギー性鼻炎

花粉症に代表されるアレルギー性鼻炎を発症すると、鼻水が大量に出ます。また、アレルギー性鼻炎が副鼻腔炎発症の原因となることもあるでしょう。

1-3-2.副鼻腔炎

副鼻腔とは、鼻と目の中間にある空洞のことです。鼻とは細い管でつながっています。この副鼻腔が何らかの原因で炎症を起こした状態が、副鼻腔炎です。副鼻腔炎には急性と慢性(蓄膿症)があり、慢性になると膿のような臭いの強い粘性の鼻水が大量に出るため、後鼻漏にもなりやすいでしょう。後鼻漏を発症している人の7割が、副鼻腔炎患者という報告もあります。

1-3-3.その他の病気

風邪・咽頭炎などを発症しても、後鼻漏が症状として現れることもあります。また、風邪から副鼻腔炎に移行することも多いので、鼻風邪が長引く場合は、耳鼻咽喉科を早めに受診することが大切です。

1-3-4.加齢や心理的な原因

年を取ると、どうしても体の粘膜が乾燥しやすくなります。また、強いストレスを感じて自律神経に狂いが生じても、粘膜が乾く場合があるでしょう。すると、正常な量の鼻水であっても喉に貼りつきやすくなり、不快感などを覚えやすくなります。なお、この症状は後鼻漏ではなく、「後鼻漏感」と呼ばれることもあり、通常の後鼻漏とは区別されているのです。ただし、自律神経が不調になった場合、鼻水が大量に出る症状が現れることもあります。

1-4.後鼻漏を放置する危険性

後鼻漏は、鼻水が大量発生したり、喉の粘膜が乾いたりすることによって起こる症状です。ですから、後鼻漏が発症したということは、喉や鼻、自律神経に異常が起こっているということになります。鼻や喉に症状が出る病気のうち、自然治癒がのぞめるのは風邪程度です。副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎・自律神経の失調などは、病院で治療を受けないと回復しません。中でも、アレルギー性鼻炎はある日突然発症し、放置しておくと重症になることもあります。副鼻腔炎も、治療開始が遅れるほど完治まで時間がかかるでしょう。ですから、後鼻漏の症状が現れたら、早めに耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診してください。

2.後鼻漏の治療方法

この項では、後鼻漏の治療方法について解説します。どのような治療方法があるのでしょうか?

2-1.後鼻漏の治療を行える診療科

後鼻漏の診断や治療は、耳鼻科・耳鼻咽喉科で行います。後鼻漏の疑いがある場合は、これらの診療科を受診してください。鼻の状態・喉の状態・鼻水の状態を診察し、アレルギーの有無を検査すれば、後鼻漏の原因までほぼ特定できます。また、内視鏡検査で喉の粘膜の状態を検査することもあるでしょう。副鼻腔炎・風邪・アレルギー性鼻炎などが原因で後鼻漏が起こる場合は、そのまま耳鼻科・耳鼻咽喉科で治療を行います。自律神経の不調が原因という場合は、鼻水を止める治療を行いながら、神経内科などで自律神経に関する治療を受けることもあるでしょう。

2-2.治療方法その1 投薬治療

耳鼻科・耳鼻咽喉科では、主に投薬と手術による治療で、後鼻漏の原因となっている病気を治療します。アレルギー性鼻炎の場合は抗ヒスタミン薬、副鼻腔炎の場合は抗生物質が処方される薬の代表格です。これらの薬を服用することにより、鼻水の量を抑えたり炎症の原因となっている細菌を死滅させたりして、症状を軽減させます。

ただし、現在の医学ではアレルギー性鼻炎を完治させることは難しいため、薬で症状を抑えながら、アレルゲンを除去する生活を続けてください。また、抗ヒスタミンは眠気・便秘などの副作用が出ることもあるので、必ず医師の指示通りに薬を飲みましょう。抗生物質の場合は腸内細菌も死滅させてしまうので、下痢が副作用としてあらわれることもあります。

一方、副鼻腔炎は発症してすぐを急性副鼻腔炎、発症から3か月以上経過した場合は慢性副鼻腔炎と呼ばれ、慢性副鼻腔炎のほうが圧倒的に治療に時間がかかるでしょう。風邪をひいた後で鼻水だけなかなか止まらないという場合は、急性副鼻腔炎が疑われます。できるだけ早く耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診してください。

2-3.治療方法その2 手術

重症のアレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎の場合は、手術をすすめられることもあります。また、「鼻中隔湾曲症」といって、鼻の中央にある軟骨(鼻中隔)が生まれつき曲がっていると、鼻炎が悪化しやすいため、矯正手術をすすめられることもあるでしょう。

どの手術も現在は日帰りで行うことも可能ですが、症状によっては入院をすすめられることもありますので、医師とよく相談して受けましょう。手術方法は、

  • アレルギー性鼻炎の症状を抑える手術:鼻の粘膜をレーザーで焼く
  • 慢性副鼻腔炎の手術:鼻の穴から内視鏡や手術器具を入れて、副鼻腔炎の病巣を取り除く
  • 鼻中隔湾曲症:鼻の軟骨の一部を削る

以上のようなものです。

2-4.漢方薬による治療

前述のとおり、アレルギー性鼻炎は現在のところ、必ず完治する治療法がありません。また、副鼻腔炎は再発をくり返すこともある病気です。さらに、自律神経の不調も、確実に治るという治療法はありません。そのため、西洋医学に基づく病院での治療と併せて、漢方薬を治療に取り入れている人もいます。漢方薬とは、自然の草木や鉱物などを原料とする生薬を東洋医学の考えに基づき、調剤した薬です。化学合成された処方薬に比べて効き目が穏やかな反面、長期間飲み続けることができます。
また、病気ではない体の不調や体質を改善する効果も期待できるため、花粉症や副鼻腔炎・自律神経の不調に関する治療にも活用されているのです。

3.後鼻漏に有効な漢方薬について

この項では、後鼻漏に効果のある漢方薬について解説します。どのような薬があるのでしょうか?

3-2.漢方薬の特徴とメリット

東洋医学では、気(生命エネルギーや神経系統)・血(血液)・水(血液以外の体液)が、バランスよく体を巡り、健康を維持していると考えています。何かの原因で気・血・水の流れがとどこおったり、量のバランスが崩れたりしている状態が病気です。漢方薬は体に溜まった余計なものを排出したり、足りないものを補ったりして、健康を回復させます。

ですから、漢方薬は病気ではなく症状別に処方されることもあるでしょう。前述のとおり、漢方薬は効き目が穏やかな反面、長期間飲み続けることができます。時間をかけて体質を改善し、アレルギー性鼻炎の症状を抑えたり、副鼻腔炎の再発を予防したいという場合に、ピッタリです。

3-1.アレルギー性鼻炎が原因の場合に使用される漢方薬

アレルギー性鼻炎は、水のようにサラサラとした鼻水が出ます。そのような場合は、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)が処方されることが多いでしょう。葛根湯と並んでメジャーな漢方薬で、病院で処方されることもあります。

3-2.副鼻腔炎が原因の場合に使用される漢方薬

副鼻腔炎の場合は、強い鼻づまりや粘性のある鼻水などが、症状として現れます。このような場合は、葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせいきゅうしんい)や荊芥連翹湯(けいがれんぎょくとう)などが処方されることがあるでしょう。これらの漢方薬は体を温め、体内に溜まった余計な水を排出する効果があります。そのため、鼻づまりが解消されやすいでしょう。

3-3.自律神経が不調の場合

自律神経が不調の場合は、症状に応じて半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)などが処方されます。半夏厚朴湯は、喉の詰まり感や違和感を軽減する働きがあるとともにイライラや不安感を取り除く効果がある漢方薬です。

3-4.漢方薬の購入方法

漢方薬はドラッグストアでも調剤済みのものが販売されています。これは万人に効果が出るように調合されている薬です。そのため、人によっては効果が薄いこともあるでしょう。

このほか、​漢方薬局で自分の体質に合った漢方薬を処方してもらう方法もあります。こちらのほうが、より高い効果が期待できるでしょう。ドラッグストアで買った漢方薬を試してみたけれど効果が薄かったという人は、ぜひ、漢方薬局を利用してみてください。

なお、漢方薬はれっきとした薬です。副作用が起こりにくくはありますが、薬の飲み合わせによっては副作用が出ることもあります。なので、持病があって薬を飲んでいる人は、必ず医師や薬剤師に相談したうえで漢方の服用を開始してください。

4.漢方薬局の利用方法と選び方

漢方薬局は漢方薬の調合を専門とする薬局です。最近は、相談窓口を設ける薬局も増えてきており、体の不調や漢方薬の効果について気軽に相談できるようになりました。なので、利用したことがあるという人もいるでしょう。今は漢方薬局の評判を確かめることができる口コミサイトなどもありますので、薬局選びの参考にしてください。

漢方薬局では漢方に詳しい薬剤師がお客様の症状や体質、今までの経過をお聞きして、その方に合った漢方薬を調合していきます。漢方薬代は15日分でだいたい1万円くらいが相場です。まずは15日分を調合してもらい効果が実感できれば継続して服用してみましょう。また、症状に変化がある場合やある症状は改善されたが他の症状が改善されない場合は、その都度薬剤師に相談してお薬の内容を見直してもらいましょう。

なお、漢方薬には粉薬もありますが効果は煎じ薬の方が高いといわれています。なるべく煎じ薬を扱っている漢方薬局に相談することをおすすめします。

医心堂薬局でも、後鼻漏でお悩みの方からのご相談を随時受付中です。当薬局に寄せられる相談の中でも後鼻漏は上位3位に入るくらい多いお悩みで、お電話や来店でお話しを伺い、漢方のご注文をたくさんいただいている実績がございます。お気軽にご相談ください。

医心堂薬局無料相談
http://www.ishindo.net/無料相談のお申し込み.html

5.後鼻漏のセルフケア

後鼻漏は、鼻うがいをすれば一時的に症状が改善します。朝起きて喉のねばつきが気になる場合は、鼻から薄い食塩水を入れて口から出す鼻うがいを行ってみましょう。薬局で専用の器具も販売されています。

また、後鼻漏は喉の保湿も有効です。特に、後鼻漏感の場合は、加湿器で部屋の湿度を70%くらいに高めたり、マスクで喉の保湿に気を配ると症状が改善しやすくなります。自律神経が不調の場合は、生活習慣を規則正しく改善し、リラックスグッズなどを利用してみましょう。

6.後鼻漏に関するよくある質問

Q.後鼻漏の原因は、耳鼻咽喉科を受診すれば分かりますか?
A.はい。鼻の中・鼻水の色や状態・喉の状態を診察すれば、ほぼ確定できるでしょう。

Q.すでに病院で薬を飲んでいる場合、漢方薬局を利用する際の注意点はありますか?
A.薬を服用している人は、お薬手帳を漢方薬局に持参しましょう。

Q.漢方薬はいつ服用すればよいのですか?
A.食後2~3時間後に服用しましょう(食間服用という)。

Q.後鼻漏は、原因となる病気がよくなれば改善するのでしょうか?
A.はい。約8割の後鼻漏が病気と共に改善します。

Q.後鼻漏感と診断されたらどうしたらよいでしょうか?
A.鼻水の量は正常ですので、喉の保湿を心がけてください。

7.おわりに

いかがでしたか? 今回は後鼻漏の原因や漢方による治療について解説しました。漢方薬は即効性はありませんが、症状の軽減や再発を防止する効果が期待できます。ぜひ、治療に取り入れてみてください。