肌の乾燥に悩んでいる人必見! 乾燥肌の原因や対策を解説します。


秋も深まり、冬まであと少しという季節になりました。この時期になると「肌の乾燥が気になる」という人も多いでしょう。ドラッグストアも秋の中ごろから乾燥肌のケア用品が増え始めます。その一方で、「乾燥肌のケア用品が多すぎて、どれを選んでよいか分からない」と悩んでいる人もいるでしょう。

そこで、今回は乾燥肌の対策について解説します。

  1. 乾燥肌の基礎知識
  2. 乾燥肌の原因となる生活習慣
  3. 乾燥肌の対策
  4. 実感ぷるるん習慣で乾燥肌対策をしよう
  5. おわりに

この記事を読めば、乾燥肌の予防法から対策までよく分かることでしょう。乾燥肌に悩まされている人は、ぜひ読んでみてください。

1.乾燥肌の基礎知識

はじめに、乾燥肌とはどのような状態かということや、その原因を解説します。なぜ、乾燥肌になるのでしょうか?

1-1.乾燥肌の定義

乾燥肌とは、文字どおり肌の水分や皮脂が不足している状態のことです。乾燥肌を触ってみると、カサカサしています。症状がひどくなると肌が粉をふいたような状態になることもあるでしょう。

1-2.乾燥肌になる理由

肌は、表皮・真皮・皮下組織という3層の構造になっています。このうち、一番表面にある表皮の最も上部にあるのが角質層(別名、角層)です。この角質層は、肌を守るバリアのような役割を果たし、外気や雑菌・紫外線から肌を守り、肌内部にある水分の蒸発を防ぎます。しかし、何らかの原因で角質層を構成している角質細胞から、天然保湿因子(MNF)や、角質層のすぐ下にある細胞間物質が減り、細胞同士をつなぎとめる力が弱くなると角質層に隙間ができて、肌内部に蓄えられていた水分が蒸発してしまうのです。

1-3.天然保湿因子や細胞間物質が減少する理由

さて、1-2.では乾燥肌になる原因は、天然保湿因子や細胞間物質の減少が原因だと説明しました。では、なぜ大切な肌細胞が減少してしまうのでしょうか? その原因の一例には、以下のようなものがあります。

  • 空調による空気の乾燥
  • 紫外線による肌へのダメージ
  • 間違ったスキンケア
  • 入浴時に体をこすりすぎる
  • ビタミンB群不足
  • 肌のターンオーバーの乱れ
  • 加齢による皮脂量の低下

1-4.乾燥肌の症状となりやすい場所

乾燥肌になりやすいのは、常に外気に触れやすい顔や、皮膚が薄く水分保有量の少ない膝・ひじ・すね・かかとなどです。乾燥肌になると、肌のきめが粗くなり、カサカサとした触り心地になるほか、かゆみが生じることもあります。特にかゆみの症状は厄介で、かきむしってしまうと感染症を発症することもあるでしょう。また、女性の場合はメイクがのりにくくなったり、化粧品が肌荒れを引き起こしたりすることもあります。男性の場合は剃刀負けしやすくなるでしょう。

1-5.乾燥肌を放置しておくと?

乾燥肌を放置しておくと乾燥がひどくなり、やがて皮膚が割れて血が出てくることもあるでしょう。これが、アカギレやヒビワレです。アカギレやヒビワレになると、かなり強い痛みが出ることもあります。また、顔にアカギレができてしまうと見た目も悪くなり、日常生活に支障が出ることもあるでしょう。さらに、アカギレまでいかなくても乾燥肌になるとシワができやすくなります。

2.乾燥肌の原因となる生活習慣

この項では、乾燥肌の原因となる生活習慣を解説します。こんな生活をしていませんか?

2-1.空調のきいた部屋で長時間過ごす

現在の室内は気密性が高く、空調で温度を保ち換気をしているところが大部分です。特に、大型商業施設やオフィスビルで1日過ごしている人は、1日中空調が効いた場所で過ごしていることでしょう。空調で管理されている空気はどうしても乾燥します。それにさらされている肌も、同じように乾燥しやすくなるでしょう。

2-2.夜更かしや暴飲暴食

肌は睡眠中に新しく作り変えられます。ですから、睡眠不足は美肌の大敵です。また、睡眠時間が短くなれば肌のターンオーバー(新陳代謝)をつかさどる自律神経も乱れがちになるでしょう。
また、ストレス解消に暴飲暴食をしがちな人も、要注意です。暴飲暴食しやすい調理済みの食べ物は、脂質や糖質が多く、そのほかの栄養素は不足しています。このような食べ物ばかり食べていると、ビタミンやミネラルが不足しがちになるでしょう。肌の正常なターンオーバーには、ビタミンB群の助けが必要です。暴飲暴食などしていないという人でも、外食やスーパー・コンビニのお弁当中心の食生活をしていると、ビタミンB群不足になります。

2-3.スキンケアや身体の洗い方

入浴時に体をナイロン製のアカスリのようなもので、ごしごしとこする人はいませんか? 肌を強くこすると血行が良くなってさっぱりとした気持ちになれますが、肌は傷つきます。また、こすりすぎるほど皮脂が過剰に取れてしまうでしょう。皮脂は、角質を保護する役割を担っており、取れ過ぎるとその分乾燥肌の原因となります。
また、メイク落としや洗顔も過剰にやりすぎると皮脂が必要以上に取れてしまい、乾燥肌の原因となるでしょう。

2-4.紫外線対策を怠る

紫外線は太陽光線にも含まれているため、紫外線対策は乾燥肌を予防するためにも必要です。女性は紫外線には敏感ですが、男性はまだまだ無頓着、という人も多いでしょう。

3.乾燥肌の対策

さて、乾燥肌になる原因や生活習慣が分かれば、対策も立てられます。この項では乾燥肌の対策方法を紹介しましょう。

3-1.保湿や紫外線対策を心がける

空気が乾燥しているほど乾燥肌になりやすくなります。空調で温度や湿度を管理している場所で長時間過ごすという人は、肌の保湿を心がけましょう。加湿器をつけることができればよいのですが、濡れタオルなどを近くに置いたり保湿効果の高い基礎化粧品をつけたりしても効果が期待できます。
また、日焼け止めをはじめとする紫外線対策も重要です。男性も日傘をさす人が増えてきます。

3-2.スキンケアやお風呂の入り方を見直す

汚れを落とそうと力いっぱいこすったり、殺菌効果の強い石けんやボディーソープを使うのは、肌の保湿機能を低下させます。保湿効果の高いボディソープやせっけんを使い、十分に泡立てて泡で体をなでるように洗いましょう。毎日入浴しているのならば、強くこすらなくては落ちないほどの汚れが肌につくことはありません。
洗顔も汚れを落とす効果よりも保湿効果のある洗顔料やメイク落としを選び、ごしごしこすらないように気をつけましょう。また、洗顔後や入浴後は保湿クリームをつけるのも効果的です。

3-3.生活習慣を整える

夜更かしは肌のターンオーバーを鈍らせ、自律神経の乱れの原因にもなります。休日前でもいつもと同じ時間に布団に入り、睡眠時間をできるだけ確保しましょう。また、ストレスがかかっている自覚のある人は、神経をリラックスさせることのできる趣味を見つけるのも効果的です。
さらに、部屋の湿度にも気を配りましょう。湿度60~70%前後が理想です。

3-4.肌のターンオーバーや保湿効果を促進させる栄養を取る

肌のターンオーバーや保湿効果を促進させる栄養素を取ると、肌の内側から乾燥を防げます。以下に紹介する栄養素を意識して取るようにしましょう。

3-4-1.ビタミンB群

疲労回復や肌のターンオーバーを促進します。また、肌が荒れたときにもビタミン群を意識して摂取していれば、回復も早いでしょう。ビタミンB群はナッツ類や豚肉などに多く含まれています。

3-4-2.ヒアルロン酸・アミノ酸

化粧品でもおなじみのこれらは、肌の保湿力を高めて角質の強化に効果的です。特に、アミノ酸は角質細胞同士をつなぎとめる役割を担っています。

3-4-3.クロセチン

紫外線の防止というとUVカットの帽子や日傘、さらに日焼け止めなどが挙げられますが、クロセチンは体の内部から紫外線をカットしてくれます。シミやクスミなどにも効果的です。

3-4-4.ペプチド・コラーゲン

こちらも化粧品でおなじみの物質です。肌の弾力や保水力を高め、しわやたるみを防いでくれます。

3-4-5.プロテオグリカン

糖たんぱく質の一種で、肌に潤いを与えるコラーゲンの生成や、肌のターンオーバーの促進に効果があります。コラーゲンやペプチドと一緒に摂取するとさらによいでしょう。

4.実感ぷるるん習慣で乾燥肌対策をしよう

4-1.乾燥肌の予防・改善に効果的な成分が一度に取れる!

さて、3-4.でご紹介したような栄養素は、食べ物で摂取するのが理想的です。しかし、ご紹介した栄養素を含んだ食べ物を毎日食べ続けるのは大変だと思います。そこで、活用したいのは乾燥肌の予防や改善に効果的な栄養素を含んだサプリメントなどです。医心堂薬局実感ぷるるん習慣は3-4.でご紹介したクロセチン・ペプチド・コラーゲン・プロテオグリカンのほか、古くから美肌効果があると知られているツバメの巣エキスを配合しています。

4-2.おやつにぴったりのゼリータイプ!

実感ぷるるん習慣はそのままおいしく食べられるゼリータイプです。乾燥肌対策や予防だけでなく、日焼け止めや肌のアンチエイジングにも効果が期待できます。毎日のおやつにもおすすめです。

4-3.定期コースでさらにお得!

実感ぷるるん習慣は、1袋30包み入りで、3,800円。定期コースで申し込めば、初回は50%オフの1,900円とさらにお得です。ほかのサプリメントや健康食品と、値段や効果をぜひ比べてみてください。申し込みはこちらから。

5.まとめ

いかがでしたか? 今回は乾燥肌の原因や対策を解説しました。生まれつき肌が弱く乾燥しやすいというケースもありますが、年齢を経るにつれて肌が乾燥しやすくなったという人は、ぜひ実感ぷるるん習慣を利用しながら、生活習慣を整えてみましょう。見違えるほど肌が潤う可能性もあります。