がんの治療に漢方薬は効果があるの? 服薬、購入方法と共に解説します。


がんは、現在のところ、日本人の死因第1位となっている病気です。医学の進歩により、さまざまな治療法が確立されていますが、完全にがんを治療できる方法は、今のところありません。また、治療法によっては強い副作用があり、それに苦しむ患者さんもたくさんいます。がんを治療中の人の中には、「漢方薬でがんを治療できないか」という人もいるでしょう。
そこで、今回は漢方薬を用いたがん治療について解説します。

  1. がんの基礎知識
  2. 漢方によるがん治療について
  3. 漢方薬局を利用してみよう
  4. がん治療や漢方薬に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、がん治療の選択肢が増えることでしょう。興味がある人は、ぜひ読んでみてください。

1.がんの基礎知識

はじめに、がんとはどのような病気かということや、病院で行われる治療法について解説します。なぜ、がんは体のいたるところで発症するのでしょうか?

1-1.がんとはどのような病気?

私たちの体は、約60兆個の細胞でできています。細胞には寿命があり、定期的に新しい細胞と入れ替わらなければなりません。通常は、全く同じ細胞が生まれてきますが、何らかの理由で異常な細胞が生まれて増殖することがあります。この異常な細胞が、がん(がん細胞)です。がん細胞は一度増殖を始めると、生命活動に必要な組織や臓器を破壊したり、機能障害を起こしたりしながら、全身へ広がります。がんは、心臓など一部の臓器を除いて全身に発生する可能性があるため、発生した場所の名前が付けられるのが一般的です。たとえば、胃にがんが発生すれば胃がんになり、肺に発生すれば肺がんとなります。

1-2.がんの治療方法

現在のところ、がんの主な治療方法は以下のとおりです。

  • 外科療法:手術によってがん細胞を切り取る方法、病巣が限られているときに用いられる
  • 化学療法:抗がん剤を投与して、がん細胞の増殖を抑え、破壊する療法。副作用が強く出ることもある
  • 放射線療法:X線・ガンマ線などをがん細胞にあて、がん細胞を死滅させる。補助療法に使われることが一般的
  • 免疫細胞療法:患者本人の免疫細胞を体外で増やし、機能を増強させて体内に戻してがん細胞を攻撃する療法。最も新しく、先進医療の指定を受けている病院もある

ただし、これらの治療法はどんながんでも有効というわけではありません。特に、がんが進行して全身にがん細胞が広がっているような場合は、どの療法も行えないこともあります。そのため、がんは早期発見に力が入れられているのです。

1-3.がん治療の限界

前述したように、現在のところ、がんを確実に治す方法はありません。また、1-2.でご紹介したような治療法によって健康が回復しても、再発の可能性があります。ですから、がんは完治とは言いません。寛解(かんかい)と言います。また、抗がん剤治療を行うと正常な細胞まで傷つけてしまうので、免疫力が低下して感染症にかかると重症化する可能性もあるでしょう。時には、がんではなく感染症で死亡する患者さんもいます。

1-4.最近の傾向

近年は、国や自治体をあげてがん予防に取り組んでいます。35~40才くらいになると、無料でがん検診を受けることができる自治体も増えてきました。また、がんを早期発見する方法も増え、定期的に検査を受ければかなり早期の段階でがんが発見されることも増えています。
その一方で、若い年代でがんを発症すると進行が早く、気づいたときには手遅れになっていたという例も珍しくありません。また、すい臓がんなどいまだに早期発見が難しいがんもあります。

2.漢方によるがん治療について

この項では、東洋医学による病気の考え方や、漢方薬ががんにどのように効果的なのか、ということを解説します。漢方薬はがんに効果的なのでしょうか?

2-1.漢方薬とはどのような薬?

漢方薬とは、草木の葉・根・茎や動物・鉱物を原料とした生薬を東洋医学の考え方に基づいて調合して作る薬のことです。化学合成した薬と比べると効き目が穏やかで、副作用が起こりにくいという特徴があります。また、病気だけではなく、「冷え性」「のぼせ」「疲れやすい」といった病気未満の症状の改善にも効果が期待できるため、体調改善のために使用する人も珍しくありません。

2-2.東洋医学における病気の考え方

東洋医学では、気(生命エネルギーや神経系統)・血(血液)・水(血液以外の体液)が、バランスよく体を巡っている状態が健康である、と考えられています。一方病気とは、この3つの物質のうちどれかが足りなかったり、多すぎたりして、バランスが崩れた状態のことです。そのため、漢方薬を利用して足りないものを補ったり、余計なものを体外へ排出したりして、治療を行います。

2-3.漢方薬でがんは治るもの?

結論から言うと、現在のところ漢方薬でがんを完全に治すことはできません。「1.」で説明したように、がんは異常な細胞が増殖して臓器や組織を傷つけたり機能不全にしたりする病気です。どのような生薬を調合しても、健康な細胞を一切傷つけず、がん細胞だけをピンポイントで攻撃して死滅させることはできません。

2-4.がん治療における漢方薬の役割

しかし、漢方薬ががん治療に全く役に立たない、ということはありません。漢方薬の中には、免疫力をアップさせたり食欲を増進させたりするものがあります。そのため、外科療法や化学療法などと併せて漢方薬を使用することで、より治療の効果が出やすくなることが期待できるでしょう。
また、抗がん剤治療の副作用である口内炎や食欲不振に、漢方薬が効果的であることが分かってきています。そのため、副作用の軽減治療に用いられることもあるでしょう。

2-5.再発防止にも効果あり?

また、免疫力を高めれば、がんの再発防止も期待できます。手術療法や化学療法でがん細胞を取り去った後に服用すれば、体力の回復や免疫力アップが期待できるでしょう。

2-6.がんの治療に用いられる漢方薬とは?

現在、がん治療に用いられる漢方薬には、人参養栄湯(にんじんようえいとう)・六君子湯(りっくんしとう)などがあります。いずれも体力をつけたり、胃腸の調子を整えたりする効果が期待できるものです。これ以外にもがん治療には多くの漢方薬が用いられ、症状に合わせて処方されます。

2-7.漢方薬を用いる際の注意点

漢方薬はれっきとした薬です。前述したように、副作用が起こりにくいことが特徴ですが、絶対に副作用がない、というわけではありません。薬の飲み合わせによっては、副作用が起こります。ですから、漢方薬を治療に取り入れたいという場合は、必ず主治医と相談してください。

3.漢方薬局を利用してみよう

この項では、漢方薬局の選び方や漢方薬の価格などについて解説します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.漢方薬局とは?

漢方薬局とは、漢方薬の調合と販売を専門とする薬局のことです。漢方薬は一般的なドラッグストアでも調剤済みのものが販売されています。また、病院で調剤済みの漢方薬が処方されることもあるでしょう。しかし、このような漢方薬は、万人に効果が出やすいように調合されているため、人によっては効果がいまひとつ、ということもあります。

漢方薬局では、薬剤師が顧客の体調や改善したい症状などを聞いて、その人に合った漢方薬を処方してくれるのです。ですから、自分の症状に合った漢方薬を処方してもらいたいという人は、ぜひ利用してみましょう。現在は相談窓口を設けている薬局も多く、初めての人でも利用しやすい薬局が増えています。かかりつけの漢方薬局がないという場合は、相談窓口を設けている薬局を利用してみましょう。また、今はホームページを開設している薬局も多いので、インターネットで薬局を探してみてもいいですね。

医心堂薬局でも、漢方薬に関するご相談を随時受付中です。お気軽にご相談ください。

医心堂薬局無料相談
http://www.ishindo.net/無料相談のお申し込み.html

3-2.処方までの流れ

漢方薬局では、まず薬剤師が患者の悩みや改善したい症状を聞きます。その後、脈や舌の状態を確認してから調剤を行うのが一般的です。漢方薬の中には高価な生薬を原料としているものもありますが、高価な生薬を顧客に無断で使うことはありません。漢方薬は最低でも1か月は服用しないと効果が実感できないため、まずは1か月分処方してもらいましょう。効果が実感できたら継続して利用してください。

3-3.漢方薬の飲み方

漢方薬は、粉薬かせんじ薬で処方されることが一般的です。せんじ薬の場合は薬局でせんじ方を教えてもらえるので、心配はいりません。粉薬が「苦くて飲みにくい」という場合は、オブラートを利用してください。また、漢方薬は食間といって、食事をしてから2時間後くらいに服用しますので、忘れないようにしましょう。漢方薬は、一定期間服用し続けてこそ、効果が期待できるものです。飲んだり飲まなかったりしては、いけません。

3-4.注意点

漢方薬局で処方してもらった漢方薬は、本人以外服用できません。また、1か月分処方された漢方薬は、1か月で使いきりましょう。漢方薬は生薬を利用している分、病院で処方される薬より成分が変質しやすくなっています。そのため、なるべく飲み忘れのないようにしましょう。なお、漢方薬は痛みをすぐに緩和したりといった即効性は期待できません。痛みが強い場合は病院の薬と併用しましょう。

4.がん治療や漢方薬に関するよくある質問

Q.アガリクスも漢方薬の一種なのでしょうか?
A. アガリクスとは、和名をカワリハラタケと言い、ブラジル産のきのこです。免疫力をアップしてがんを予防する効果が期待されており、健康食品として盛んに使われています。厳密にいうと漢方薬ではありませんが、当店でも漢方薬と一緒におすすめさせていただくこともあります。当店では販売しているものは、露地ものと言って、栽培されたものではなくブラジルの高山の厳しい条件の中で育った貴重なアガリクスです。一般に流通しているサプリのアガリクスよりも効果があると考えられています。

Q.漢方薬は健康食品やサプリメントとは違うのでしょうか?
A.はい。漢方薬はすべて薬効が科学的に確認されているれっきとした薬です。ですから、薬剤師の資格がなければ調合や販売をすることができません。そのため、ドラッグストアや漢方薬局、病院・調剤薬局で購入する必要があります。

Q.漢方薬を用いて、がんが小さくなることはありませんか?
A.漢方薬が直接作用してがんが小さくなることはないでしょう。しかし、漢方薬が体の免疫力を向上させ、その結果がん細胞が小さくなる可能性は十分にあります。

Q.中国製の漢方薬の方が効果がありそうですが、輸入したものを使っても大丈夫ですか?
A.中国製の漢方薬の中には、日本では使用が禁止されている薬物が混入されていることがあります。特に、個人輸入された漢方薬は、成分検査もされていないので、うかつに使用しない方がいいでしょう。漢方薬は漢方薬局で購入するのが一番です。成分も効き目も中国で作られたものと変わりありません。

Q.漢方薬とサプリメントは併用しても問題ないのでしょうか?
A.いいえ。サプリメントも種類によっては副作用の引き金になることがあるでしょう。医師や薬剤師に相談をして、許可を得られたら併用してください。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は、がん治療と漢方薬について解説しました。一部のサイトでは、漢方薬を万能薬のように紹介しているところもあります。しかし、前述したように漢方薬そのものに、がんを根本的に治療する力はありません。ですから、手術が嫌だから漢方薬で治療をしたい、といっても不可能です。そのかわり、化学療法の副作用の症状をやわらげたり、免疫力を高めたりする効果は十分に期待できるでしょう。がんの治療は一朝一夕では終わりません。また、患者さんの容態や回復具合によって、最も適した治療方法が異なってきます。ですから、主治医とよく相談して治療手段の一つとして漢方薬を利用してください。また、漢方薬は毎日飲み続けなければ効果が期待できません。一度服薬を始めたら、最低でも1か月は服用してみましょう。2、3日で効果が出ないとあきらめてはいけません。痛みなどがある場合は病院の薬と併用してください。