シミやくすみでお悩みの方は必見! おすすめの対策・ケアを解説!


女性の肌の悩みで多いのが、シミです。いつのまにかできてしまい、濃くなったり増えたりします。シミがあるだけで、肌の透明感が失われ、老けて見えることもあるのです。メイクで隠そうとしても、うまく隠れなかったり厚化粧になってしまったり、悩みは尽きません。シミを何とかしたいと思っても、どんな対策をすればいいのかわからないこともあるでしょう。

そこで今回は、シミの対策について詳しく解説します。

  1. シミについて
  2. シミの原因には何がある?
  3. シミの対策について
  4. シミ対策のサプリメントについて
  5. ​シミの対策に関するよくある質問

この記事を読むことで、シミ対策に関する知識が身につき、適切な対策および予防ができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.シミについて

最初に、シミの基本を学びましょう。

1-1.シミとは

シミとは、肌のメラニン色素が異常に増え、肌表面に沈着した状態です。紫外線などの刺激によって、肌の防御機能が働くと角質層でメラノサイト(色素細胞)の働きが活発化します。メラノサイトで作られたメラニン色素は、細胞に取り込まれながら肌表面に向かい、シミとして沈着するのです。

1-2.シミの悩みについて

シミは、女性が肌の悩みとして最も多く挙げるものです。年齢を重ねた肌だけでなく、紫外線を浴びすぎることによって若い肌にも見ることができます。シミでよくある悩みは、以下のようなものです。

  • メイクでカバーできない
  • 徐々に増えてくる
  • 徐々に広がってくる
  • なかなか消えない
  • 実年齢より老けて見える

2.シミの原因には何がある?

シミの原因について、外的なもの・内的なもの・そのほかのものに分けて解説します。

2-1.シミの原因:外的なもの

シミの原因でまず挙げることができるのは、紫外線です。肌は紫外線を浴びると、メラニン色素を増やして紫外線を防御しようとするため、シミができやすくなります。また、肌を摩擦(まさつ)する行為もいけません。肌をこするクセがある人は、気をつけましょう。顔以外にも、下着の締め付けやこすれなどでシミになることもあります。虫刺されをかきむしることもいけません。

2-2.シミの原因:内的なもの

栄養不足などで肌の新陳代謝が悪くなると、メラニン色素がうまく排出できずにシミになりやすくなります。特に、ビタミンCなど、新陳代謝を活発化する役割があるビタミン類の不足です。また、肝臓など内臓の調子が悪かったりすることでも、シミが現れることがあります。女性は、妊娠・出産や閉経時などに起きるホルモンバランスの変化も大きな原因です。

2-3.そのほかの原因

ストレスもシミに関係します。ストレスは自律神経の働きを乱し、メラニン色素の異常増殖を促すことでシミを作るのです。ストレスは、肌の新陳代謝も悪くするため、シミがなかなか消えないという悩みにもつながります。

3.シミの対策について

シミの対策について、原因別におすすめのものを解説します。NGとなることも併せて参考にしてください。

3-1.シミの対策の必要性

シミは放置すると濃くなったり増えたりなど、悪化するばかりです。シミが濃くなると改善するのも難しくなります。いつまでも若々しい肌でいたいのなら、早めに対策をし、現状悪化を防ぎましょう。

3-2.シミの原因別に対策を解説

シミの主な原因別に、効果的な対策を解説します。

3-2-1.紫外線対策をする

シミを防ぐためには、紫外線を徹底的に予防することが大切です。たとえば、以下のことに気をつけましょう。

  • 外出時は日焼け止めクリームや帽子・日傘などを使用する
  • 肌の露出度の低い服装を心がける
  • メイク下地も紫外線防止成分が入ったものを選ぶ
  • 日差しが強い午前11時~午後3時の外出をできるだけ避ける
  • 家や車の窓に紫外線防止フィルムをはる

3-2-2.栄養を改善する

シミ対策には、食事の見直しで栄養を改善することも必要です。全体的に、栄養バランスのいい食事に切り替えてください。特に野菜や果物を多く食べ、肌の新陳代謝を促すビタミンを摂取しましょう。栄養状態がよくなれば、新陳代謝がよくなりシミのできにくい肌になります。食事で補いきれない分は、サプリメントの活用も考えてください。

3-2-3.スキンケアを見直す

普段のスキンケアが間違っていないか、見直してみましょう。メイクをこすって落としている・洗顔時に力を入れすぎているなど、肌に摩擦を与えていることが多いものです。肌は、できるだけ刺激を与えずにお手入れしましょう。メイク落としや洗顔剤は、力を入れなくても汚れが落ちるものを選んでください。また、化粧水などの基礎化粧品は、保湿力の高いものを選ぶとシミ対策にも効果的です。

3-2-4.そのほかの対策

そのほかには、生活習慣の見直しもしてください。たっぷりの睡眠は、シミのない美肌作りのためにも必要です。夜は早めに寝て、朝早く起きるようにしましょう。良質の睡眠のためにも、夜にゆっくりと入浴することもおすすめです。ストレスをためないように、適度に発散することも心がけてください。

3-3.シミの対策でNGとなること

シミの対策で、以下のことは逆効果となるのでやめましょう。

3-3-1.フェイスマッサージ

フェイスマッサージはシミ部分を刺激してしまうため、濃くなりがちです。行う場合でもシミ部分は避けてください。肌質の向上を目指すのなら、保湿パックかサプリメントの利用をおすすめします。

3-3-2.夏しか対策しない

シミの原因となる紫外線は、1年中地上に降りそそいでいます。確かに、夏場は強烈ですが、夏以外の季節でも紫外線対策が必要です。外出時だけでなく、家にいるときでも家事などの際にうっかり日焼けをしないよう、十分な対策をしましょう。

3-3-3.落ちにくいコンシーラーを使う

コンシーラーは、手軽にシミをカバーできるため、メイクに欠かすことができない人も多いでしょう。しかし、カバー力が強いものほど、メイクを落とすときに力が入ってシミを刺激しがちです。コンシーラーは極力使わないか、メイク落としでこすらなくても落ちるものを選んでください。

4.シミ対策のサプリメントについて

シミ対策には、サプリメントの利用も効果的です。おすすめのサプリメントのご紹介を含め、詳しく解説します。

4-1.サプリメントとは

サプリメントとは、特定の栄養素を多く含んだ錠剤・カプセル状の栄養補助食品です。サプリメントは、薬ではなく健康食品の一種となります。毎日の食事だけでは不足しがちな栄養素も、サプリメントなら簡単に摂取できることが最大のメリットです。忙しいなどの理由で、食生活が乱れがちな人でも、サプリメントを上手に活用することで栄養バランスをよくすることができます。

4-2.「実感ぷるるん習慣」の紹介

シミの対策にぴったりのサプリメントが、「実感ぷるるん習慣」です。主なメリットとお求め方法についてご覧ください。

4-2-1.主なメリット

実感ぷるるん習慣」は、ほかの美容サプリメントと比較して、以下のようなメリットがあります。

  • 1本で1日に必要な美容成分が摂取できる:ほかのサプリメントとの併用は不要
  • おいしく食べることができるスティックゼリー状(個包装):水なしでいつでも摂取できる

持ち運びもしやすいため、外出先でも気軽に摂取でき、飲み忘れを防ぐことも可能です。また、おいしいので飲み続けやすいものもメリットでしょう。

4-2-2.購入方法と価格

実感ぷるるん習慣」は、当医心堂薬局にてお取り扱いしております。1袋(1包10g×30包入り)3,800円で、1袋単位で必要なときにお求めいただく方法のほか、毎月決まった日にお届けする定期コースから選択可能です。定期コースの場合、初回限定1,900円・2か月目以降も10%OFFの3,400円ととてもお得になるため、ぜひご検討ください。

4-3.シミ対策のサプリメントに関する注意点

サプリメントは、毎日適量をコツコツ飲み続けることが大切です。1回に規定量より多く飲んでも効果は変わりません。特定成分の摂(と)りすぎによる体調不良や副作用の恐れが出るのでやめましょう。また、サプリメントの品質劣化を防ぐためにも、直射日光の当たらない冷暗所で保管してください。

5.シミの対策に関するよくある質問

最後に、シミの対策に関するよくある質問に回答します。それぞれ参考にし、役立ててください。

Q.高価な美白化粧品を使えばシミを消すことができますか?
A.高価なものであっても、美白化粧品で確実にシミを消すとは言えません。あくまでも、化粧品であり、治療薬ではないからです。美白化粧品の効果を過信してはいけません。本気でシミを改善したいのなら、毎日の生活習慣や食生活の見直しをし、肌のターンオーバーを正常に戻しましょう。

Q.レーザー手術でシミを取ればいいのでは?
A.確かに、シミはレーザー手術で取れるものもあります。すぐにでもシミを取りたいのなら、レーザー手術もひとつの方法でしょう。しかし、再発の可能性も否定できません。また、手術費用がかかるほか、手術後のケアもきちんと行う必要があります。医師の腕にも左右されるので、慎重に検討してください。

Q.フルーツをたくさん食べればシミがなくなりますか?
A.フルーツには、ビタミンが豊富に含まれているため、シミの予防や改善を期待できるのは事実です。しかし、ビタミンCなどは水溶性であり、1回に多く食べても必要量以上は排出してしまいます。フルーツばかりを食べてほかの栄養が不足しては困るため、さまざまな食品を食べて、栄養バランスを整えることを忘れないでください。

Q.シミの中でも注意すべき状態のものは?
A.シミでも、以下のようなものは注意してください。病気が隠れている可能性があるため、速やかに医師に相談することをおすすめします。

  • 短期間にいきなり広がった
  • ほくろのように濃い色をしている
  • ひとつのシミの中に色の濃淡がある
  • 触れると盛り上がっている
  • 痛みやかゆみがある

Q.シミ対策のサプリメントはどのくらいの期間飲み続けるべきですか?
A.サプリメントは治療薬ではなく健康食品であるため、どのくらいの期間飲み続ければ確実に消えると断言はできません。しかし、飲み始めたら少なくとも2~3か月は様子を見る必要があります。肌のターンオーバーは、約28日と言われていますが、年齢が高くなるにつれて日数が多めになるものです。2~3か月経過して肌のターンオーバーがうまくいくようになったころ、肌のくすみが取れ、肌質がよくなることを実感する人が多くいます。

まとめ

今回は、シミの対策について詳しく解説しました。シミは、女性の多くが悩んでいるものです。シミ対策には、紫外線対策や食事改善と並行して、サプリメントの利用をおすすめします。まずは、毎日コツコツと飲み続けてみてください、体の内側からシミ対策ができ、透明感のある肌作りに役立つことでしょう。ただ悩んでいるだけでは、どんどんシミが増え、濃くなるばかりです。すぐにでも対策をはじめ、悩み解消に向けてがんばりましょう。

監修者

医心堂薬局 店主 佐竹康秀

佐竹 康秀
医心堂薬局 店主

薬剤師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師

星薬科大学を卒業後、漢方の道へ。同時に鍼灸の勉強も開始。平成4年に医心堂薬局を開局。漢方歴33年・鍼灸歴30年
「それは本当に患者様のためですか?」を常に考え治療をしている。

医心堂薬局総本店店 石川篤

石川 篤
医心堂薬局総本店 店長

薬剤師・日本漢方連盟会員・生活習慣病予防士

東京薬科大学卒業/漢方歴24年
「お客様の笑顔」を創出するため、漢方だけでなく食事・考え方など、一人一人に合ったアドバイスを提供。医師・薬剤師を対象とした漢方講座も行っている。