不育症の治療に漢方を利用してみたい! その効果や購入方法は?


不育症とは、お腹の中で赤ちゃんが育たない症状のことです。せっかく授かった赤ちゃんを流産してしまう悲しみは、大変なものでしょう。不育症の原因は複数あります。中には、明確な原因が分からず、さまざまな治療方法を試している人もいるでしょう。不育症の治療は投薬が主ですが、漢方薬を用いている人もいます。

そこで今回は、不育症の治療に用いられる漢方や、期待できる効果について解説しましょう。

  1. 不育症の基礎知識
  2. 不育症の治療方法
  3. 漢方薬による不育症の改善について
  4. 不育症や漢方薬に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、不育症の治療方法や自分に合った漢方薬を購入する方法もよく分かりますよ。不育症の治療中の人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.不育症の基礎知識

はじめに、不育症の定義や原因、患者数などを紹介します。どのような症状なのでしょうか?

1-1.不育症とはどのような症状?

不育症とは、妊娠はするが流産や死産をくり返し、出産にまで至らない症状の総称です。ただし、胎胞(たいほう:胎児が入った袋)が子宮内に確認されるまでに起こる化学的流産は、含めません。流産のほとんどは、卵子に起こった偶発的な染色体異常によるものです。しかし、不育症の場合は染色体の異常だけでなく、抗体や母体などの原因でも流産が起こります。現在、厚生労働省は2回流産をくり返した場合、不育症の疑いがあるということで検査を開始するように提言中です。

1-2.不育症に悩んでいる人の数は?

不育症と診断されて、治療を受けている患者数は全国で約140万人いると言われています。近年は、高齢出産の増加により不育症に悩む人も増えていると言われていますが、不育症と年齢の関係はまだ科学的には証明されていません。また、治療を受けていない人は患者数には入っていないため、実際にはもっと多くの人が不育症に悩んでいる可能性があります。

1-3.不育症の検査が必要と考えられるケース

以下のようなことが起こった場合、不育症が疑われるため専門的な検査をすすめられます。

  • 10週未満の初期流産が2回以上連続して起こる
  • 10週以上で、原因不明の子宮内胎児死亡が起こった
  • 34週未満で、重症妊娠高血圧症候群や子癇発作(しかんほっさ)を起こした
  • 胎児胎盤機能不全(たいじたいばんきのうふぜん)に関連した早産となった

また、産婦人科によっては独自の検査基準を設けているところもあるので、詳しくはかかりつけ医に相談してください。

1-4.不育症の原因

不育症の原因には、以下のようなものがあります。

  • 両親どちらかの染色体異常
  • 子宮形態の異常
  • 凝固因子異常(血液が固まって胎盤に血栓ができやすくなる)
  • 抗リン脂質抗体(免疫異常の一種で、血栓ができやすくなる)
  • 拒絶免疫異常(夫由来の染色体などに過剰反応を起こす)
  • ストレス

これらの原因が複数あることも、珍しくありません。また、検査をした結果原因不明とも珍しくなく、不育症に悩んでいる人の半数以上が原因が分からないとも言われています。

2.不育症の治療方法

現在、病院で行われている治療は、低用量アスピリン療法をはじめとする投薬治療や、夫リンパ球免疫療法です。また、胚の着床前診断を行い、流産の可能性が低い胚の受精卵を子宮に戻す着床前胚診断も行われています。ただし、必ずしも不育症が治るわけではなく、場合によってはいくつも異なる治療をしても、はっきりとした効果が望めないこともあるでしょう。

3.漢方薬による不育症の改善について

この項では、不育症の症状改善効果が期待できる漢方薬や、漢方薬の購入方法などを紹介します。

3-1.東洋医学における不育症の考え方

東洋医学とは、中国を中心に東アジアで発展してきた医学です。東洋医学では西洋医学とは異なり、体内で気・血・水(血以外の水分)が規則正しく巡ることが健康だと考えています。つまり、病気とは気・血・水のバランスが崩れた状態であり、それを規則正しい状態に治すために漢方薬が用いられるのです。
東洋医学では、不育症は子宮の虚血(血が足りない状態)や血の巡りがとどこおった状態が原因と考えています。ですから、血の巡りを改善し、足りない血を補う効果が期待できる漢方が治療に用いられるのです。

3-2.漢方薬で改善が期待できる症状は?

染色体の異常や抗体異常を漢方薬で改善することはできません。その一方で、ストレスや冷え性といった流産につながる可能性のある体の不調を改善する効果は期待できます。特に、西洋医学では「体質」で片づけられがちな、病気未満の体の不調を改善する効果を実感する人は多いことでしょう。体の不調が改善すれば、妊娠しやすく継続しやすい体になることもできます。

3-3.漢方薬はどこで購入できるの?

不育症の症状改善を期待して使われる漢方薬には、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)・温経湯(うんけいとう)・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などがあります。漢方薬を購入する方法は2つあり、1つは漢方薬局を利用する方法です。もう1つは、一般的なドラッグストアで購入する方法になります。漢方薬局とは、漢方薬の調剤・販売を専門に行っている薬局です。初めての人でも利用しやすいように相談窓口を設けている薬局も増えてきました。漢方に詳しい薬剤師に悩み、改善したい症状を相談すれば、自分の症状に合った漢方薬を購入できるでしょう。

一方、ドラッグストアに販売されている漢方薬は、万人に効果が出やすいように調剤されたもののため、人によっては効果が実感できないこともあります。

医心堂薬局でも漢方薬の無料相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

医心堂薬局 無料相談のお申し込み
http://www.ishindo.net/無料相談のお申し込み.html

3-4.購入までの流れ

漢方薬局では、改善したい症状や体質などを薬剤師に説明し、改善したい症状や体調に合った漢方薬を調合していきます。悩んでいる症状や体質は、漢方薬を調剤する目安になるので、できるだけ詳しく説明してください。また、漢方薬は、最低でも2週間以上飲まないと効果が実感できませんので、まずは2週間分を処方してもらうといいですね。医心堂薬局では、漢方薬の種類に関わらず15日分¥11,340(税込)で販売しています。

4.不育症や漢方薬に関するよくある質問

Q.不育症は年齢が高くなるにつれて発症しやすくなるのでしょうか?
A.その傾向はありますが、必ずしも高齢で妊娠したら不育症になることはありません。

Q.漢方薬と病院の薬を併用できますか?
A.お薬手帳を持参し、薬剤師に相談してみてください。不用意に併用すると、副作用が出る恐れがあります。

Q.漢方薬はサプリメントとは違うのですか?
A.漢方薬は、れっきとした薬のため薬剤師のみ調合・販売ができます。また、飲み合わせによっては副作用が発生することもあるので、必ず薬剤師の指示に沿って服用しましょう。

Q.漢方薬は同じ症状の人と共有はできますか?
A.漢方薬局で処方してもらった薬は、その人の体質や改善したい症状に合わせて調合されているので、共有は不可能です。

Q.漢方薬はどのように保管したらいいでしょうか?
A.煎じ薬や粉薬は高温多湿を避けたいので、冷蔵庫で保管してもらうのが最適です。液体で調合してもらった場合や錠剤は陽の当たらない涼しいところに保管してください。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は不育症の症状改善が期待できる漢方薬などについて解説しました。不育症は、まだ確実な治療方法が見つかっていない症状です。だからこそ、治療法に不安を抱く人も多いでしょう。それがストレスになってしまうこともあります。漢方薬は即効性こそありませんが、体質改善に効果が期待できるので、不育症に悩んでいる人はぜひ一度試してみてください。効果が実感できるかもしれません。

監修者

医心堂薬局 店主 佐竹康秀

佐竹 康秀
医心堂薬局 店主

薬剤師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師

星薬科大学を卒業後、漢方の道へ。同時に鍼灸の勉強も開始。平成4年に医心堂薬局を開局。漢方歴33年・鍼灸歴30年
「それは本当に患者様のためですか?」を常に考え治療をしている。

医心堂薬局総本店店 石川篤

石川 篤
医心堂薬局総本店 店長

薬剤師・日本漢方連盟会員・生活習慣病予防士

東京薬科大学卒業/漢方歴24年
「お客様の笑顔」を創出するため、漢方だけでなく食事・考え方など、一人一人に合ったアドバイスを提供。医師・薬剤師を対象とした漢方講座も行っている。