冷え対策、体を温める方法を解説! 冷えに効果的な漢方薬は?


「ちょっと無理をすると、すぐに体調を崩しがち」「季節の変わり目になると、よく風邪をひく」こんな悩みを抱えている人はいませんか? このような症状が出るのは、体が常に冷えている可能性があります。「冷え性」というと、女性の悩みというイメージが強いのですが、男性でも冷え性になる人は珍しくありません。「冷え性といっても病気ではないのだから」と何の対策もしないでいると、さまざまな体の不調が現れる可能性があります。体を温め、冷え性を改善する方法はいろいろありますが、漢方薬が効果的なこともあるでしょう。
今回は、冷え性が体に与える影響や体を温める方法、漢方薬を用いた改善方法を解説します。

  1. 冷えと健康の関係
  2. 冷えの原因やセルフチェック
  3. 自分でできる冷え取り方法
  4. 冷えに効果的な漢方薬とは
  5. 冷えや体の温め方・漢方薬に関するよくある質問

この記事を読めば、自分に合った漢方薬を処方してもらう方法もよく分かるでしょう。体の冷えに悩んでいる人は、ぜひ読んでいてくださいね。

1.冷えと健康の関係

はじめに、体の冷えが健康に与える影響について解説します。

1-1.冷えとは何か?

冷えとは、文字どおり体が冷たく感じる症状です。私たちの体は、血液が巡回することによって体温を保っています。人間の平均的な体温は36℃台ですが、冷えをよく感じる人は体温が35℃台の人もいるでしょう。その一方で、体温は高めなのに冷えをよく感じるという人もいます。つまり、冷えは体温とは関係なく起こるのです。また、「手足の末端がいつも冷えている」「夏でも、冷房が効いた場所にいると、すぐに体が冷えてしまう」といった自覚症状がある人もいれば、体が冷えているという自覚症状がない人もいるでしょう。

1-2.冷えが体に与える影響

体が冷えるということは、新陳代謝が鈍っていたり、手足の末端まで十分に栄養がいきとどいていなかったりする可能性があります。そのため、免疫力が低下して体調を崩しやすくなりがちです。また、病気になったりケガをしたりすると、体が冷えやすくなるという報告もあります。ですから、体が冷えると体調が悪くなりがちというのは、決して気のせいなどではありません。

1-3.体を温めるメリット

体を温めることで、血流や内臓の働きが活発になります。血流がよくなれば、体のすみずみまで栄養や酸素が送られるでしょう。また、内臓が活発に動くようになれば、消化吸収の働きや腸の動きも正常になり、食欲不振や便秘・下痢なども治りやすくなります。さらに、体を温めることは、質のよい睡眠にもつながるでしょう。寝不足は健康の大敵です。

2.冷えの原因やセルフチェック

この項では、冷えの原因やセルフチェックを紹介します。

2-1.冷えの原因

冷えの原因には、以下のようなものがあります。

  • 自律神経の乱れ
  • 貧血
  • 女性ホルモンの乱れ
  • 身体的な原因(筋肉量の不足、肥満など)
  • 食習慣(冷たいものの取り過ぎなど)
  • 運動不足

また、女性のほうが男性よりも筋肉の量が少ないため、体が冷えやすい傾向があるでしょう。

2-2.体の冷え方

一口に冷えといっても、人によって冷える箇所が異なります。以下のようなものが冷え方の代表例です。

  • 手足の末端が冷える
  • 下半身が冷える
  • 体全体が冷える
  • ほてりと冷えが交互に来る

冷え方は、冷えの原因によっても異なります。たとえば、女性ホルモンの乱れが原因の場合はほてりと冷えが交互にくることが多いでしょう。また、貧血の場合は手足の末端が冷えやすくなり、運動不足の場合は体全体が冷えがちになります。

2-3.冷えのセルフチェック

以下のような症状が出ている場合は、体が冷えている可能性があります。

  • 外気温が下がると、すぐに手足が冷たくなる
  • 強いストレスがかかっている自覚があり、食欲不振や便秘・下痢といった症状が出ている
  • 夏でも、冷房が効いているところに長時間いると手足の感覚がなくなるくらい冷える
  • 手足が冷えだすと、体全体の調子が悪くなる
  • 入浴して温まっても、すぐに体が冷えてしまう
  • 夜中に何度もトイレに起きる
  • 平熱が35℃台である

また、手足が冷たいとよく指摘される場合は、体が冷えている可能性があります。

3.自分でできる冷え取り方法

自分でできる体を温める方法には、以下のようなものがあります。

  • 冷房に長くあたらない(就寝時はタイマーをかけて朝まで冷房をつけない)
  • シャワーではなくてしっかり湯船につかる
  • アイスや冷たい飲み物を摂らない
  • 生野菜や果物をとり過ぎない
  • 脚元や首すじを冷やさない
  • 適度な運動を心がける
  • 外出時は上から羽織れる薄い上着を持参する

体を効率的に温めるには、太い血管が通っているところを温めると効果的です。手首・足首・首筋・腹部などを温めましょう。カイロをはったり、袖の詰まった服を着たりするのも効果的です。

4.冷えに効果的な漢方薬とは

この項では、東洋医学における冷えの考え方や体を温める漢方薬・漢方薬を用いた治療に向いている人などをご紹介します。

4-1.東洋医学における冷え性の考え方

東洋医学とは、中国を中心としたアジア一帯で発展してきた医学です。鍼灸(しんきゅう)や漢方薬は東洋医学として発展してきました。東洋医学は、西洋医学とは異なり、気(生命エネルギー)・血(血液)・水(血液以外の体液)が、バランスよく体を巡り、健康を維持していると考えています。冷えの原因を東洋医学では以下のように分類しているのです。

  • 気が不足した状態(気虚:ききょ)
  • 血液が体をうまく巡らない(瘀血:おけつ)
  • 体の中に余計な水がたまっている(水滞:すいたい)
  • 血液が不足している(血虚:けっきょ)

これらの原因を改善するために、漢方薬を用いた治療が行われます。

4-2.漢方薬を用いた治療に適している人

漢方薬は、生薬と呼ばれる自然の草木や鉱物などを原料とする薬です。そのため、病院で処方される薬に比べると副作用が出にくく、長期間服用することができます。冷えは西洋医学では病気とみなされません。そのため、特効薬はなく「体質だからしょうがない」と思われがちです。しかし、漢方薬を用いれば冷えの原因である体質を改善できる可能性があります。つまり、長年冷えで悩み、いろいろな改善方法を試してみたけれどいまひとつ効果がなかったという人は、漢方薬を用いた治療に向いているでしょう。また、更年期障害の一種として冷えに悩んでいる人も漢方薬が効果的なケースがあります。

4-3.体を温める効果のある漢方薬

以下のような漢方薬は、体を温めて冷えを改善する効果が期待できます。

  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん):とどこおった血の流れを改善する漢方薬。血流が悪く手足の末端が冷えがちな人に用いる
  • 人参湯(にんじんとう):滋養強壮効果や胃腸を強くする漢方薬。胃腸が弱く、体力や筋力不足で冷えがちな人に効果的
  • 真武湯(しんぶとう):冷えが原因で胃腸の不調が起きている人に効果的な漢方薬。体内から体を温めてくれる効果が期待できる

なお、ここでご紹介したのはあくまでも一例です。薬剤師に相談すれば、自分に合った漢方薬を紹介してもらえます。

5.漢方薬局を利用する方法

漢方薬局とは、漢方薬の調剤や販売を専門に行う薬局です。漢方薬に詳しい薬剤師が常駐しており、顧客の症状を詳しく聞いてその人の症状に合った漢方薬を処方してくれます。近年は、初めての人でも利用しやすいようにホームページや相談窓口を設ける漢方薬局が増えました。なお、相談ではプライバシーは保たれているので、安心して悩んでいる症状などを詳しく薬剤師に話してください。
医心堂薬局では、お客様の症状や体質・今までの経過などを詳しくお聞きして体質や症状に合った漢方薬を調合しています。調合した漢方薬の種類にかかわらず、煎じ薬は15日分¥11,340(税込)・粉薬は15日分 9,720円です。無料相談も受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

医心堂薬局 無料相談のお申し込み
https://www.ishindo.net/無料相談のお申し込み.html

6.冷えや体の温め方・漢方薬に関するよくある質問

この項では、冷えや体の温め方、漢方薬に関するよくある質問を紹介します。

Q.冷えは、子どもでも感じるものでしょうか?
A.はい。特に思春期は自律神経も乱れやすく、体が冷えやすくなる人もいます。また、服装が原因で体が冷えることもあるでしょう。

Q.夏でも冷え改善には温かい飲みものが効果的ですか?
A.はい。しかし、夏の屋外では温かいものは飲みにくいでしょう。ですから、常温のものや、冷たい飲みものを少しずつ飲みましょう。

Q.入浴後もすぐに体が冷えてしまいがちです。解決方法はありませんか?
A.体をより温めるショウガやトウガラシ成分の入った入浴剤を用いたり、脱衣所を温めておき、すぐに手首や足首のところがしまった服を着たりしましょう。

Q.漢方薬はどのくらい飲めば効果が実感できますか?
A.まずは2週間は飲み続けてください。

Q.漢方薬は苦いというイメージがあり、敬遠しています
A.確かに独特の苦みはありますが、耐えられないものではありません。どうしても飲めない場合は煎じ薬の場合は薄めたり、はちみつを入れて飲んでもらっても大丈夫です。粉薬の場合はオブラートを使って飲んでもらってもかまいません。

まとめ

いかがでしたか? 今回は、冷えや体を温める効果のある漢方薬について解説しました。特に、男性は冷えを自覚しにくい人が多いようです。涼しい場所、寒い場所に長い時間いると具合が悪くなる、手足の末端が冷たいという人は、冷えを疑いましょう。また、更年期になると今まで冷えとは無縁だった人が急に冷えを感じることがあります。その場合は、漢方薬を試してみてください。

監修者

医心堂薬局 店主 佐竹康秀

佐竹 康秀
医心堂薬局 店主

薬剤師・日本漢方連盟会員・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師

星薬科大学を卒業後、漢方の道へ。同時に鍼灸の勉強も開始。平成4年に医心堂薬局を開局。漢方歴33年・鍼灸歴30年
「それは本当に患者様のためですか?」を常に考え治療をしている。

医心堂薬局総本店店 石川篤

石川 篤
医心堂薬局総本店 店長

薬剤師・日本漢方連盟会員・生活習慣病予防士

東京薬科大学卒業/漢方歴24年
「お客様の笑顔」を創出するため、漢方だけでなく食事・考え方など、一人一人に合ったアドバイスを提供。医師・薬剤師を対象とした漢方講座も行っている。