皮膚炎や湿疹を漢方薬で改善したい! 自分にあった漢方の見つけ方は?


現代医学の発展により、今までは不治の病とされてきた病気がたくさん治るようになりました。しかし、いまだに完治まで時間がかかったり完全に治らなかったりする病気も多いです。皮膚炎や湿疹もそのひとつ。しかも、小さい子どもの患者も多いです。

そこで今回は、湿疹や皮膚炎に効く漢方についてご紹介します。つらい慢性の皮膚疾患に悩まされている方の中には、漢方の方が効果のある人もいるかもしれません。慢性の皮膚疾患に悩んでいる方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 皮膚疾患の種類
  2. 皮膚疾患に漢方薬が使われる理由
  3. 皮膚疾患に用いられる漢方薬は?
  4. 自分に合った漢方薬を購入する方法は?

1.皮膚疾患の種類

まず始めに、皮膚疾患の代表的なものをご紹介します。一度や二度は経験したことのある疾患も多いのではないでしょうか?

1-1.湿疹

赤く細かいぶつぶつができたり、水疱(すいほう)ができたりする湿疹は皮膚疾患の中で最もポピュラーなものです。あせもなども湿疹の一種でしょう。しかし、すぐに治るものもあればかゆみや痛みを伴って完治まで長くかかるものもあります。

1-2.じんましん

食品や日光、薬品などが原因で起こるみみずばれのような皮膚のただれです。短期間で治まることも多いですが、激しいかゆみや痛みを伴うことも多いでしょう。また、「寒冷じんましん」のように、急激な気温の変化で起こる場合もあります。

1-3.皮膚痛痒症(ひふつうようしょう)

乾燥や肌のトラブルによって激しいかゆみが起こる疾患です。肌が乾燥しやすい冬に、この症状で悩まされる人も多いでしょう。また、内臓の病気で皮膚にかゆみが出る場合もあるのです。

1-4.ニキビ

毛穴に皮脂がつまって起こる炎症です。「青春のシンボル」という別名もありますが、成人しても何らかの原因で皮膚のバランスが崩れると、ニキビができます。また、ほほやおでこにできやすいですが、背中や胸にもニキビはできるのです。

1-4.シミ・いぼ

老化現象のひとつでもある、色素沈着の症状です。しかし、ホルモンのバランスが崩れたり、妊娠などでもシミができたりすることはあります。いぼは細菌感染によるものが多いですが、高齢者にいぼが発生する場合は老化現象のひとつとしてあつかわれるのです。放っておいても問題がないものから、手術で取り除くものまでいろいろな種類があります。

1-5.水虫

中年男性の病気というイメージが強いですが、幅広い年代が感染する病気です。皮膚にカビの一種である、白癬菌(はくせんきん)等が感染して起きます。足の指に感染すると思われていますが、手の指などにも感染するのです。また、家族に水虫患者がいる方は皮膚に直接つける道具を共有すると、感染することも多いでしょう。

1-6.アトピー性皮膚炎

赤ちゃんから子どもに発症することが多い、原因不明の皮膚炎です。原因が分からないので対症療法しかなく、独自の食事制限などを行っている患者も少なくないでしょう。また、「アトピー商法」といわれる、効果の怪しい健康食品や水、サプリメントなどを売りつけられてしまう人も少なくありません。

2.皮膚疾患に漢方薬が使われる理由

西洋医学では、体をいくつもの部品に分けてパーツごとに分析し、治療します。ですから、いろいろな科に分かれているのです。しかし、皮膚炎や湿疹は原因が皮膚だけでなく、内臓や食習慣にある場合も少なくありません。たとえば、アレルギー疾患の代表である花粉症は、皮膚に湿疹ができる場合もあります。

糖尿病や腎臓疾患でも、皮膚があれる場合があるのです。つまり、内臓疾患の症状が皮膚に現れることもあります。また、アトピー性皮膚炎は、いまだに原因が分かっていないのです。ですが、体質を改善すれば症状がやわらぐケースもあり、多くの患者が皮膚を鍛えたり食事制限を行ったりしています。

一方、東洋医学は体全体を診て、疾患の治療法を決めるのです。東洋医学では、体のバランスが崩れたので、症状が現れて病気になると考えられています。ですから、体のバランスを整えてあげれば、体調が回復すると考えているのですね。

皮膚疾患では、この考え方の方が症状の改善につながることが多いといわれています。ですから、皮膚のかゆみを抑えたり赤みを取ったりするだけでなく、一緒に内臓の不調を治したり体質を変えたりする効果のある漢方が効く可能性が高いのです。

もちろん、西洋医学でも内臓疾患が原因で、皮膚に症状が出ているとはっきりと分かった場合は、治療法があります。しかし、季節の変わり目やストレスがたまったりしたときなどに症状が出る慢性の疾患の場合は、漢方が効果を発揮することも多いのです。

3.皮膚疾患に用いられる漢方薬は?

この項では、湿疹やニキビなどの皮膚疾患の改善に用いられる漢方薬の一例を紹介します。漢方薬局に相談に行けば、これ以外にも体質や体調に合わせた漢方薬を提案してもらえます。

3-1.消風散 (しょうふうさん)

消風散は、湿疹や皮膚炎・ジンマシンなど多くの皮膚疾患の改善に用いられる漢方薬です。特に、かゆみが強くて患部に熱を持つことが多い人に用いられることが多いでしょう。

3-2.清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)

清上防風湯は、ニキビや湿疹の改善に用いられる漢方薬です。体力が中程度以上あり、のぼせが伴う人に用いられることが多いでしょう。

3-3.桂枝茯苓丸料加薏苡仁(けいしぶくりょうがんりょうかよくいにん)

桂枝茯苓丸料加薏苡仁は、女性ホルモンの乱れによってできる皮膚湿疹・シミ・ニキビの改善に効果的な漢方薬です。思春期や更年期の女性ホルモンの乱れから、皮膚疾患に悩まされている人に用いられることが多いでしょう。

4.自分に合った漢方薬を購入する方法は?

漢方薬は、通常のドラッグストアでも調剤済みのものが購入できます。しかし、皮膚疾患の原因や症状は人によって異なるため、自分の体質や改善したい症状に合わせた漢方薬を処方してもらうことで、より効果が実感できるでしょう。自分の症状にあった漢方薬を処方してもらうには、漢方薬局の利用がおすすめです。

漢方薬局とは、漢方薬の調剤・販売を専門とした薬局で、漢方薬に詳しい薬剤師が常駐しています。顧客から症状や体質の相談を受け、それぞれの症状・体質に合った漢方薬を処方してくれるので、まずは相談してみましょう。現在は、サイトを作っている薬局も増え、そこから相談の申し込みができるところもあります。なお、相談は専門の相談窓口で行われるので、プライバシーの心配はいりません。

医心堂薬局では、お客様の症状や体質、今までの経過などを詳しくお聞きしてそれぞれの人に漢方薬を調合しています。漢方薬の種類にかかわらず、費用は15日分¥11,340(税込)です。1回分ずつのレトルトのパックにしてお渡ししていますので、お客様自身で煎じる手間は必要ありません。

医心堂薬局 無料相談のお申し込み
https://www.ishindo.net/無料相談のお申し込み.html

おわりに

今回は、湿疹や皮膚炎に効果のある漢方についてご説明しました。特に、アトピー性皮膚炎の場合は、原因も分かりませんからいろいろな治療法があります。ですから、まずは信頼できる漢方薬局に相談してみましょう。

監修者

医心堂薬局 店主 佐竹康秀

佐竹 康秀
医心堂薬局 店主

薬剤師・日本漢方連盟会員・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師

星薬科大学を卒業後、漢方の道へ。同時に鍼灸の勉強も開始。平成4年に医心堂薬局を開局。漢方歴33年・鍼灸歴30年
「それは本当に患者様のためですか?」を常に考え治療をしている。

医心堂薬局総本店店 石川篤

石川 篤
医心堂薬局総本店 店長

薬剤師・日本漢方連盟会員・生活習慣病予防士

東京薬科大学卒業/漢方歴24年
「お客様の笑顔」を創出するため、漢方だけでなく食事・考え方など、一人一人に合ったアドバイスを提供。医師・薬剤師を対象とした漢方講座も行っている。