鼻水が喉に引っかかる後鼻漏! 鼻水を止める対処法や漢方薬をご紹介


鼻水が喉に流れ、痰(たん)や咳 (せき)を引き起こすことがあります。通常でも鼻水は喉のほうに落ちていますが、風邪やアレルギー性鼻炎で鼻水が大量になったり、粘度が高くなったりすることで、後鼻漏という症状になるのです。副鼻腔(ふくびくう)炎の症状として現れることもあります。鼻水が喉に引っかかるときは、自分でできることと病院での治療について覚えておきましょう。
今回は、鼻水が喉に引っかかる状態についてご紹介します。

  1. 鼻水が喉に引っかかるとはどういう状態か?
  2. 鼻水が喉に引っかかる原因と関連する病気
  3. 鼻水が喉に引っかかる場合の対処法と治療法
  4. 鼻水が喉に引っかかる症状と漢方について
  5. 鼻水や漢方薬でよくある質問
  6. まとめ

この記事を読むことで、鼻水が喉に引っかかる原因や症状などがよく分かります。お困りの方はぜひご一読ください。

1.鼻水が喉に引っかかるとはどういう状態か?

鼻水が喉に引っかかるとは、どのような症状なのかを具体的に見ていきましょう。

1-1.鼻水が喉に引っかかるとは?

通常時も、鼻水は喉へ1日1リットルほど落ち込んでいます。しかし、前述したように、炎症などが原因で鼻水が大量になる場合や、粘度が高まるなどの場合、喉に引っかかるなどの違和感を抱くことがあるのです。

1-2.どんな症状か?

鼻水が喉に流れ込んだ場合、いつも痰(たん)が絡んでいるような感覚があります。黄色い粘り気のある鼻水なら、喉に張りついて不快感を覚えることでしょう。口の中がネバネバした状態になることもあります。夜眠るときは仰向(あおむ)けになるため、喉に流れ込む鼻水の量が増え、寝苦しさを感じることも多いのです。喉がつかえてむせるなどの症状もあります。

1-3.後鼻漏

本来、鼻の外へ排出されるべき鼻水が、喉に流れ込んでしまう症状を、後鼻漏と呼びます。風邪や花粉症などにより、一時的に鼻水が増加した場合、喉に流れ込む量が増えてしまい、喉に痰(たん)が絡んだような感覚を抱いてしまうのです。

2.鼻水が喉に引っかかる原因と関連する病気

なぜ鼻水が喉に引っかかるのか、原因と関連する病気を解説します。

2-1.鼻水のメカニズム・原因

鼻水は、外的要因から体を守るための防御反応です。たとえば、アレルゲンやウイルスなどを排除し、鼻の中を洗い流す作用のことを指します。鼻水と一緒に、くしゃみが出る場合もあるでしょう。

2-2.関連する病気とは?

病気が関連し、鼻水が喉に引っかかることがあります。どのような病気があるのかを見ていきましょう。

2-2-1.風邪・喉粘膜の炎症・上咽頭炎

風邪などにより、喉や鼻の粘膜が炎症を起こすと、鼻水の増殖につながります。すると、鼻水が喉に引っかかるような感覚を覚えるのです。また、喉と鼻はつながっています。一番上にあるのが、上咽頭です。ウイルスや細菌に感染した鼻水が上咽頭を通過することで炎症を起こし、上咽頭炎を発症することがあります。風邪の鼻水とは異なり、粘り気のある鼻水や痰(たん)が喉に引っかかるのが特徴です。

2-2-2.慢性副鼻腔(まんせいふくびくう)炎、(蓄膿(ちくのう)症)

副鼻腔(ふくびくう)炎を発症した場合、膿(うみ)が鼻水と一緒に出てきます。そのため、黄色いネバネバした鼻水になるのが特徴です。痰(たん)が喉に絡みやすく、後鼻漏の悪化を招くことがあります。

2-2-3.アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎の特徴は、鼻水が大量になることです。喉の違和感や引っかかる感覚を抱きます。副鼻腔(ふくびくう)炎や風邪などとは異なり、アレルギー性鼻炎の鼻水は水っぽいのが特徴です。花粉症もアレルギー性鼻炎の1つで、さらっとした鼻水とくしゃみが続きます。

2-2-4.逆流性食道炎

逆流性食道炎は、咳(せき)と痰(たん)などの症状が出ます。なぜなら、気管と食道は近い器官であるため、喉の症状を併発しやすいからです。胃酸の逆流によって喉に違和感を覚えやすく、痰(たん)が喉に絡んでいるように感じます。

2-2-5.睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は、喉の気道が狭まることで発症します。そのため、鼻づまりや鼻水が喉に引っかかるといった症状を感じるのです。子どもでも発症する病気であるため、睡眠障害には注意が必要でしょう。

3.鼻水が喉に引っかかる場合の対処法と治療法

鼻水が喉に引っかかっていると、日常生活で過ごしにくさを感じる場面が多いと思います。自分なりにできる対処法と、病院での治療について覚えておきましょう。

3-1.自分でできること

乾燥を防ぐため、マスクを装着してください。なぜなら、鼻や喉が乾燥すると鼻水の粘度が増し、違和感を抱く原因になるからです。水分をこまめに摂取したり、うがいをしたりするのも効果的でしょう。喉と鼻を適度な湿度に保つことを意識してください。

3-2.病院での治療法について

病院での治療は、原因となっている病気を診断して治療するという流れになります。副鼻腔(ふくびくう)炎なら抗生物質による治療、アレルギー性鼻炎ならアレルギー反応を抑える治療など、診断名に合う治療を選択することになるのです。対症療法として、鼻水の吸引処置も行われるでしょう。

3-3.漢方薬による改善方法について

漢方では、鼻水や鼻づまりなどの症状は、体質が影響しているという考え方を持ちます。つまり、体質を改善することでさまざまな症状を改善し、不快な症状を軽減することができるというものです。アレルギー性鼻炎や後鼻漏などの症状の緩和に用いられることもあります。

4.鼻水が喉に引っかかる症状と漢方について

漢方による体質改善を図り、鼻水が喉に引っかかる症状を緩和する効果が期待できます。漢方薬のメリットなどを覚えておきましょう。

4-1.漢方による鼻水の考え方

漢方では、鼻水を「体内にある余計な水分」と捉えています。ストレスや疲労による胃腸の不調で体内に水分が蓄積し、きちんと排出されないために「水毒(すいどく)」という状態になっていると考えるのです。そこで、漢方薬で水の流れを整えることにより、鼻水の症状を改善するという考え方となります。

4-2.漢方薬のメリット

漢方薬による治療はたくさんのメリットがあります。というのは、漢方薬そのものは作用がマイルドですが、生薬が症状の原因にアプローチするため、体質を変える効果が期待できるのです。薬で鼻水が喉に引っかかる症状を一時的に抑えても、原因となる体質が変わらないと、症状は再発する可能性が高いでしょう。漢方の場合、西洋薬のような即効性はありませんが、穏やかに体質を改善し、本来体が持っている免疫力を高める作用が期待できます。

4-3.鼻水症状に用いられる漢方薬とは?

鼻水に効果がある漢方薬をご紹介します。

4-3-1.小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

寒い時期に起こる花粉症や、水っぽい鼻水に効果があります。体力が中程度の人に向いている漢方です。

4-3-2.麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)

小青竜湯と似た作用があります。血流を改善して冷えを緩和する働きがあり、虚弱体質の人に向いている漢方です。

4-3-3.苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)

春ごろに起こるアレルギー性鼻炎に効果があります。

4-3-4. 辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)

粘り気のある鼻水や、副鼻腔(ふくびくう)炎(蓄膿症)の治療に使われる漢方です。

4-4.漢方薬の効果について

前述したとおり、漢方薬の効き目は穏やかです。ゆっくりと体に取り込まれ、じんわりと原因となる部分に働きかけます。そのため、長期服用が必要になるケースもあるのです。しかし、根本から体質改善を図り、自然治癒力を高めるため、症状の再発を防ぐことが期待できます。

4-5.漢方薬のもらい方・飲み方など

漢方薬は、漢方薬局でもらうのが一番安心です。しかし、どの漢方薬局でも同じというわけではありません。処方実績などに目を向け、信頼できるところを選ぶことが大切です。無料相談などを行っている医心堂薬局までお問い合わせください。
医心堂薬局では、煎(せん)じ薬での処方を中心に行っています。1回分ずつパックになっていますから、飲みやすいのが特徴です。

医心堂薬局 無料相談のお申し込み
https://www.ishindo.net/無料相談のお申し込み.html

5.鼻水や漢方薬でよくある質問

鼻水が喉に引っかかったままでは、呼吸がしにくいなどの過ごしにくさを感じます。鼻水や漢方薬に関する疑問を集めました。ご一読ください。

Q.鼻水を止めるのに、効果的な水分摂取の方法とは?
A.水分を口に含み、飲み込まずに数分過ごしましょう。喉に絡みついた鼻水が取れやすくなります。数分してから、口に含んだ水分を飲み込んでください。喉に引っかかっていた鼻水が、水分と一緒に流れていきます。

Q.睡眠時無呼吸症候群が進行するとどうなる?
A.睡眠時無呼吸症候群は、逆流性食道炎を誘発します。どちらも、鼻水が喉に引っかかる症状が出るため、症状の悪化を招くでしょう。早めに治療をすることが大切です。

Q.急性症状と慢性症状では、処方される漢方薬が異なるのか?
A.はい、異なります。急性症状には小青竜湯(しょうせいりゅうとう)、慢性症状には辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)が適しているでしょう。漢方薬は、症状によって使い分けることが大切です。

Q.子どもでも鼻水が喉に引っかかる症状は出るものか?
A.子どもは気道が狭く、喉の成長も未熟です。風邪や花粉症などで後鼻漏が起こりやすいため、鼻水をこまめに吸い取るなどの処置をしてください。

Q.漢方薬の処方にはいくらかかるのか?
A.医心堂薬局の漢方薬は、一律料金を設定しています。15日分で、11,340円(税込み)です。15日分を服用してから、症状を見て判断し、再度処方する形になります。

6.まとめ

いかがでしたか? 鼻水が喉に引っかかる症状は、粘膜の炎症・花粉症などのアレルギー性鼻炎・副鼻腔(ふくびくう)炎・逆流性食道炎・睡眠時無呼吸症候群などが関連しているのです。病院での治療は、吸引や薬を使った対症療法になります。しかし、薬を服用し続けなければ、再発する可能性もあるのです。鼻水の原因に直接アプローチし、根本から治す治療として、漢方薬が注目されています。作用は穏やかですが、体質改善を図り、自然治癒力を高めるため、症状の悪化を防ぐ効果が期待できるのです。漢方薬の処方は、実績豊富な漢方薬局に相談しましょう。

監修者

医心堂薬局 店主 佐竹康秀

佐竹 康秀
医心堂薬局 店主

薬剤師・日本漢方連盟会員・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師

星薬科大学を卒業後、漢方の道へ。同時に鍼灸の勉強も開始。平成4年に医心堂薬局を開局。漢方歴33年・鍼灸歴30年
「それは本当に患者様のためですか?」を常に考え治療をしている。

医心堂薬局総本店店 石川篤

石川 篤
医心堂薬局総本店 店長

薬剤師・日本漢方連盟会員・生活習慣病予防士

東京薬科大学卒業/漢方歴24年
「お客様の笑顔」を創出するため、漢方だけでなく食事・考え方など、一人一人に合ったアドバイスを提供。医師・薬剤師を対象とした漢方講座も行っている。