残便感に悩まされている人必見! 解消法やおすすめサプリメントを紹介


残便感とは、排便後も便が残っているように感じることです。「便は出たがなんとなくすっきりしない」「便が出そうで出ない」といった悩みを抱えている人は多い事でしょう。残便感が残る理由はさまざまですが、腸内環境を改善すれば解消するケースもあります。

今回は、残便感が残る原因や解消方法等を紹介しましょう。

  1. 残便感とは何か?
  2. 残便感の原因
  3. 残便感に伴う症状
  4. 残便感の解消方法
  5. ツージーファインを試してみよう
  6. 残便感に関するよくある質問
  7. おわりに

この記事を読めば、残便感を解消するヒントがつかめるかもしれません。便秘気味の人や残便感に悩まされている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.残便感とは?

前述したように、残便感とは排便後も腹部に便が残っているような感覚のことです。なんとなくお腹が気持ち悪いと感じる人もいれば、はっきりと便が出きっていない、と感じる人もいるでしょう。また、便意が起きてトイレに入っても少ししか出ないということもあれば、それなりの量が出ているのになんとなくすっきりしないというケースもあります。残便感に悩んでいる人は年齢や性別問わずにいますが、女性のほうが「直腸性便秘」になる可能性が高い分、残便感に悩んでいる人が多いでしょう。直腸性便秘については次の項で詳しく説明します。

2.残便感の原因

この項では、残便感の原因を解説します。どのような理由で残便感を覚えやすくなるのでしょうか?

2-1.便秘

便秘が続くと、便の中の水分が少なくなり硬くなります。そのため、便が出にくくなりいきんでも少ししか便が出なくなることも珍しくありません。特に、女性は直腸のすぐ隣に膣があるため、いきみすぎると直腸の腸壁が膣(ちつ)側にポケットのように膨らんでしまう直腸瘤(ちょくちょうりゅう)ができることがあります。ここに便がたまると、いきんでも便が出ず残便感に悩まされやすくなるでしょう。これを直腸性便秘といい、最近注目されるようになりました。

2-2.病気

腸にポリープや悪性腫瘍(あくせいしゅよう)ができると、腸が狭くなります。すると便が腸を通り抜けにくくなり、便が出ても残便感を覚えやすくなるでしょう。生活習慣や食生活が変わっていないのに便秘になったという場合や、便に血がついている・便が細い・便が黒いといった症状が出ている場合は、至急病院を受診しましょう。

2-3.ストレス

腸はストレスの影響を受けやすく、腸内にあるものを肛門へと押し出す腸のぜん動運動が鈍くなったり逆に強くなりすぎたりすることがあります。そのため、便秘が続いた後に下痢が起こったり、ぜん動運動が激しくなりすぎて下痢が続くこともあるでしょう。このような症状が3か月以上続いた場合は、過敏性腸症候群と診断されることもあります。

2-4.下剤の使い過ぎ

便秘気味で下剤を常用していると、強めの腹痛がきて一気に便が出ることが当たり前になってしまいます。すると、普通に便意がきて排便があっても「なんとなくすっきりしない」と思いがちになるでしょう。しかし、下剤を使いすぎると自然な便意が起こりにくくもなります。下剤を使わないと便がほとんど出ない、残便感を覚えるという人は、一度病院で腸の状態を診てもらい、医師に便秘改善方法を相談しましょう。

2-5.残便感にも種類がある?

残便感にも種類があり、直腸といって肛門付近に便がたまっているケーズと、直腸に便がないのに残便感を覚えるケースがあります。直腸付近に便がたまっている場合は「便がつまっている」という感覚を覚えやすいでしょう。直腸に便がない場合は、「なんとなくお腹が気持ち悪い」「すっきりしない」といった感覚を覚えやすくなります。しかし、正確な便の状況を知るには、レントゲン検査などをする必要があるため、残便感に長期間悩まされている場合は一度病院を受診しましょう。

3.残便感に伴う症状

この項では、残便感と一緒に現れやすい症状を紹介します。

3-1.腹痛

便が出きらないと、腸はぜん動運動を起こして便を押し出そうとします。その結果、しくしくとした腹痛に長時間悩まされる人もいるでしょう。

3-2.ガス

便が腸内に残っていると、便が腐敗してガスが発生します。それが腸を押して、お腹の張りとして感じられることもあるでしょう。また、おならが頻繁に出るという人もいます。

3-3.便意

残便感があると頻繁に便意を感じる人もいます。しかし、トイレに入っても出ない、もしくは出ても少量ということが珍しくありません。便意があまり頻繁に起こると日常生活に支障が出ることもあるでしょう。

4.残便感の解消方法

この項では、残便感の解消方法を解説します。ぜひ、参考にしてください。

4-1.食生活と生活習慣の改善

便秘が原因で残便感を覚える場合、食生活と生活習慣の改善が効果的です。便秘には食物繊維が効くといわれていますが、食物繊維には不溶性と水溶性があります。野菜に多く含まれる不溶性食物繊維は水を吸って膨らむ性質があるため、便が硬くなってしまいがちです。ですから、こんにゃくや海藻に多く含まれる水溶性食物繊維も一緒に取りましょう。また、腸内環境を改善するため、キムチ・みそ・納豆・ぬか漬け等の発酵食品を意識して食べるのもおすすめです。
さらに、朝、マグカップ1杯程度の白湯を飲み、決まった時間にトイレに入る習慣をつけると便秘が解消しやすくなるでしょう。

4-2.便をする姿勢を変える

女性の場合、便座に背筋を伸ばして座って下腹に力を入れていきむと、直腸瘤ができやすくなります。便をする場合は軽く前かがみになり、肩の力を抜いて大きく息を吐きましょう。そうすれば、肛門の筋力が緩んで便が出やすくなるはずです。無理に便を出そうと強くいきんではいけません。

4-3.ストレス解消を心がける

ストレス過多という自覚がある場合は、運動や趣味を行ってストレス解消を心がけましょう。ただし、暴飲暴食は胃腸に負担がかかります。また、便秘と下痢をくり返す、過度な便秘等で日常生活に支障が出ている場合は、一度病院を受診してください。

4-4.適度な運動と水分を取る

腹部をひねる運動は、腸のぜん動運動を促進させます。寝る前に上半身と下半身を逆方向に動かし、腹部をねじってみてください。壁を背にして手を体の前面に上げ、腰をひねりながら壁にタッチする運動も効果的です。また、意識して水分を取るように心がけましょう。コーヒーや紅茶・緑茶は利尿作用があるため、すぐに尿として排出されてしまいます。そのため、水分補給は水や麦茶がおすすめです。

4-5.病院で治療を受ける

これまでご紹介した方法を実践しても今ひとつ効果が得られないという場合は、一度病院を受診しましょう。排便をする際、血が出る場合も同様です。

5.ツージーファインを試してみよう

便秘解消には食事内容が大切ということは、広く知られています。しかし、毎食バランスよい食事を取るのはなかなか難しいでしょう。「食事に手間がかけられないので、食物繊維などのサプリメントを飲んでいる」という人も多いと思います。

ツージーファインは、食物繊維が豊富な大麦若葉・明日葉・ケール・クマザサや、胃腸の調子を整えるサンザシの実・ニガウリ・夕顔も配合した和漢サプリメントです。さらに、植物性乳酸菌EC-12やK-1、それらの養分となるイソマルトオリゴ糖なども配合しています。寝る前に水やぬるま湯で1包みを服用すれば、便秘を解消させ、翌朝自然なお通じが期待できるでしょう。初回お試し価格は1,000円、定期便は1箱2,890円と、お求めやすい価格になっていますので、毎日飲んで腸内環境を整えましょう。お申し込みはこちらから。

6.残便感に関するよくある質問

Q.男性に直腸瘤はできないのでしょうか?
A.はい。体の構造上女性にしかできません。

Q.排便時に血が出た場合は、悪性腫瘍の可能性が高いのでしょうか?
A.硬い便を出す際、肛門が切れて血が出ることもあります。個人では判断できないので病院を受診してください。

Q.残便感かどうか分かりませんが、お腹が気持ち悪い状態が続いています。
A.下剤や浣腸などを使っても解消されないようであれば一度病院を受診してください。

Q.残便感を放っておくとどうなりますか?
A.便がたまっている場合は、便が発酵してガスがたまって膨満感が増したり更に便がたまって便秘がひどくなることが考えられます。

Q.子どもでも残便感を覚えることはありますか?
A.はい。便秘が続けば残便感を覚えることがあるでしょう。

7.おわりに

いかがでしたか? 今回は残便感を覚える原因やその解消方法をご紹介しました。特に生活習慣等は変えていないのに、急に残便感を覚えることが増え、便秘がちになったという場合は、病院を受診したほうがいいでしょう。便秘が続いて残便感を覚えがちという場合は、ツージーファインを試してみてください。

監修者

医心堂薬局 店主 佐竹康秀

佐竹 康秀
医心堂薬局 店主

薬剤師・日本漢方連盟会員・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師

星薬科大学を卒業後、漢方の道へ。同時に鍼灸の勉強も開始。平成4年に医心堂薬局を開局。漢方歴33年・鍼灸歴30年
「それは本当に患者様のためですか?」を常に考え治療をしている。

医心堂薬局総本店店 石川篤

石川 篤
医心堂薬局総本店 店長

薬剤師・日本漢方連盟会員・生活習慣病予防士

東京薬科大学卒業/漢方歴24年
「お客様の笑顔」を創出するため、漢方だけでなく食事・考え方など、一人一人に合ったアドバイスを提供。医師・薬剤師を対象とした漢方講座も行っている。