シミで悩んでいる人必見!シミの種類や原因、改善に効果的な漢方を解説


気がついたら、顔や手にシミが増えてショックを受けている。紫外線対策にはしっかりしていたのに、シミができてしまった。こんな悩みを抱えている人は多いことでしょう。シミは、30代以上になると悩む人が増える皮膚トラブルの一種です。シミができる原因はさまざまで、対処法もたくさんあります。そして、長期間のケアを考えれば漢方薬が効果的なケースもあるのです。

今回は、シミができる原因や対処方法、漢方薬を用いた改善方法を解説しましょう。

  1. シミの基礎知識
  2. シミの改善に用いられる漢方薬について
  3. 漢方薬局の利用方法
  4. シミの改善や漢方薬に関するよくある質問

この記事を読めば、自分に合った漢方薬を処方してもらう方法もよく分かります。シミに悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.シミの基礎知識

はじめに、シミができる原因やシミの現れ方などを解説します。

1-1.シミの定義

シミとは、肌に黒色メラニンが過剰に沈着して皮膚が茶色くなった状態のことです。シミは高齢になるとできるというイメージがありますが、ソバカスなど幼少時より現れるシミもあります。シミができると肌色にむらができるので、肌がくすんで見えるようになるでしょう。肌がくすむと老けて見られやすいため、対処方法に悩んでいる人も多いと思います。

1-2.シミの種類

シミには、以下のような種類があります。

1-2-1.老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

今まで浴びてきた紫外線の蓄積が原因で現れるシミです。シミの代表格で、年齢が上がるほど増えやすいでしょう。主に顔に現れ、年を取るにつれて濃くなる傾向にあります。

1-2-2.炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)

虫刺されやニキビなどの跡に色素が沈着し、シミになったものです。傷をかきこわしたりすると発生しやすくなります。年齢を問わずに現れ、顔だけでなく腕やデコルテ・背中部分にもできやすいシミです。

1-2-3.そばかす

遺伝性のシミです。両親にそばかすがあると、子どももそばかすができる可能性が高くなります。幼児期からできはじめることが多く、色白な人ほど目立ちやすい傾向にあるでしょう。

1-2-4.肝斑(かんぱん)

女性ホルモンの乱れが原因で現れるシミです。月経不順やピルの服用などでも出ることがあるでしょう。30代から悩む人が増えやすくなります。目の下にクマのように現れるのが特徴です。

1-3.シミの原因

シミの原因には、以下のようなものがあります。

1-3-1.紫外線

老人性色素斑をはじめとして、すべてのシミの原因となります。太陽光に含まれており、浴びる量が増えるほど、シミができやすくなるでしょう。また、長期間にわたって浴び続けた紫外線が、30代以降になるとシミとなって現れやすくなります。

1-3-2.女性ホルモン

女性ホルモンが乱れると、肝斑が現れやすくなります。妊娠や出産・更年期・ピルの服用・ストレス等で女性ホルモンは乱れやすくなるでしょう。

1-3-3.皮膚の炎症

虫刺されやニキビなどは、炎症後色素沈着の原因となります。虫刺されやニキビはできるだけ触らないようにし、自然治癒を待ちましょう。ニキビがひどい場合は、皮膚科を受診してください。

1-3-4.活性酸素

最近、シミの原因として注目されている活性酸素は、体内に入った酸素の一部が、他の物質と反応しやすいように変化したものです。活性酸素が増えるとメラノサイトを刺激して、シミができやすくなります。ストレスや紫外線などで活性酸素は増えやすくなるでしょう。

1-3-5.病気

皮膚がん・肝臓や腎臓の機能障害でもシミができることがあります。なお、病気が原因で皮膚にシミができる場合、シミが早く大きくなったり色が濃くなったりすることが多いでしょう。また、足の裏などあまりシミができない場所にシミができた場合は、念のために皮膚科を受診してください。

2.シミの改善に用いられる漢方薬について

この項では、漢方薬で改善できる可能性があるシミの種類や、実際に用いられる漢方薬を紹介します。

2-1.東洋医学におけるシミの考え方

東洋医学とは、中国を中心に発展してきた医学です。鍼灸(しんきゅう)や漢方薬を使い、西洋医学とは異なる考え方で病気にアプローチして治療を行います。東洋医学における健康とは、気・血・水(血以外の水分)が体内で規則正しく巡っていることです。つまり、この3つが滞ったり不足したり過剰になったりすれば病気になります。東洋医学では、シミを血の滞りや不足が原因と考えており、これを改善する漢方を用いて治療を行うのです。

2-2.漢方薬がシミ改善に効果が期待できる理由

漢方薬は、草木や鉱物といった天然素材を原料とした生薬を配合して作られます。病院で処方される薬よりも効き目が穏やかなため、副作用が起こりにくく長期間飲み続けることができるでしょう。そのため、女性ホルモンの乱れや貧血など、病気とは診断されにくい体の不調を改善することも期待できます。シミも、一朝一夕では治りにくいものです。そのため、漢方薬の服用がシミ改善に効果的なケースもあります。

2-3.漢方薬で改善が期待できるシミ

漢方薬で最も改善が期待できるシミは、肝斑です。前述したように、肝斑は女性ホルモンの乱れが原因のため、女性ホルモンが規則正しく分泌されるようになれば、シミが改善する可能性も高まります。また、漢方薬は体力をつけたり、血流の滞りを改善したりする効果も期待できるため、肝斑以外にも老人性色素斑を改善する効果も期待できるでしょう。

2-4.シミの改善に用いられる漢方薬

シミの改善には、以下のような漢方薬が主に用いられます。

2-4-1.加味逍遥散(かみしょうようさん)

イライラを鎮めて気分を落ち着かせる効果がある漢方薬です。月経に伴う不調や、ストレスの解消を目的に用いられることが多いでしょう。自律神経を整える効果も期待できます。

2-4-2.桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

冷えやむくみといった、血と水の滞りによって現れる体の不調を改善する効果が期待できる漢方薬です。血流を整えることにより、シミの改善も期待できるでしょう。

2-4-3.当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

月経不順や、妊娠などによって体調を崩した人に用いられることが多い漢方薬です。

これら以外にも症状や体質・経過・生活習慣などに合わせて、最適な漢方が用いられるでしょう。女性の不調全般に効果があるとも考えられています。

2-5.漢方薬を服用する際の注意点

前述したように、病気の症状としてシミが現れることもあります。急にシミができた、シミだけでなく肌の色が以前とは異なってきたという場合は病院を受診してください。また、漢方薬はれっきとした薬のため、副作用が出る可能性があります。すでに薬を服用している人は、漢方薬を処方してもらう際、必ずお薬手帳を持参して薬剤師と相談してから購入しましょう。

3.漢方薬局の利用方法

漢方薬局とは、漢方薬の調剤や販売を専門に行う薬局です。漢方薬に詳しい薬剤師が常駐し、顧客の症状を詳しく聞いてその人に合った漢方薬を処方します。漢方薬局を利用すれば、自分の症状に合った漢方薬を処方してもらうことが可能です。近年は、初めての人でも利用しやすいようにホームページや相談窓口を設ける漢方薬局が増えました。プライバシーは保たれているので、安心して悩んでいる症状などを詳しく薬剤師に相談してください。

医心堂薬局では、お客様の症状や体質・今までの経過などを詳しくお聞きして体質や症状に合った漢方薬を調合しています。調合した漢方薬の種類にかかわらず、煎じ薬は15日分¥11,340(税込)・粉薬は15日分 9,720円です。無料相談も受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

医心堂薬局 無料相談のお申し込み
https://www.ishindo.net/無料相談のお申し込み.html

4.シミの改善や漢方薬に関するよくある質問

この項では、シミの改善や漢方薬に関する質問を紹介します。

Q.自分でできるシミの改善方法はあるでしょうか?
A.睡眠を十分にとり、ビタミンやミネラルを意識して取るといいですね。特に、ビタミンCは美白効果が期待でき、シミが薄くなる可能性があります。

Q.ドラッグストアで販売している漢方薬のほうが簡単に購入できそうです。
A.ドラッグストアで販売されている調合済みの漢方薬は万人に効果が出るように作られているため、効果が実感しにくいこともあるでしょう。より高い効果を望むなら、漢方薬局の利用がおすすめです。

Q.漢方薬はどのくらい飲み続ければ効果が実感できるでしょうか?
A.まずは2週間飲み続けてみてください。効果が実感できるでしょう。万が一、体に合わない、効果が実感できないと思った場合は、漢方薬局で再度薬剤師に相談してください。

Q.漢方薬は、サプリメントと一緒に飲んではいけませんか?
A.基本的に問題ありませんが、気になる人は薬剤師に相談してみてください。

Q.シミを予防する方法はありますか?
A.紫外線を避ける、ストレスをためない、ビタミン類を努めて多めに取るなどが効果的です。

まとめ

いかがでしたか? 今回はシミができる原因や、シミの改善効果が期待できる漢方薬について解説しました。高齢になるほどどうしてもシミはできやすくなりますが、種類によっては漢方薬で改善が期待できます。特に、目の下のシミに悩んでいる人は漢方薬を試してみてください。

監修者

医心堂薬局 店主 佐竹康秀

佐竹 康秀
医心堂薬局 店主

薬剤師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師

星薬科大学を卒業後、漢方の道へ。同時に鍼灸の勉強も開始。平成4年に医心堂薬局を開局。漢方歴33年・鍼灸歴30年
「それは本当に患者様のためですか?」を常に考え治療をしている。

医心堂薬局総本店店 石川篤

石川 篤
医心堂薬局総本店 店長

薬剤師・日本漢方連盟会員・生活習慣病予防士

東京薬科大学卒業/漢方歴24年
「お客様の笑顔」を創出するため、漢方だけでなく食事・考え方など、一人一人に合ったアドバイスを提供。医師・薬剤師を対象とした漢方講座も行っている。