五十肩の症状や対策方法を解説! 漢方薬を効果的に活用するポイントは?


40代以降になると、「ある日突然肩に痛みが生じ、そのまま肩が動かしにくくなってしまった」という人が増えてきます。これは、四十肩・五十肩とも呼ばれる肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)の典型的な症状です。肩関節周囲炎になると、激しい痛みが生じますが、だからといって肩を動かさないようにしていると周辺組織が癒着し、ますます肩の可動範囲が狭まってしまいます。四十肩・五十肩の改善方法はいろいろありますが、漢方薬が痛みや症状の改善に効果的なこともあるでしょう。

今回は五十肩の症状や原因・対策方法、漢方薬を用いた改善方法などを紹介します。

  1. 五十肩の基礎知識
  2. 五十肩が日常生活に与える影響
  3. 自分でできる対処方法
  4. 東洋医学における五十肩の考え方
  5. 漢方薬局を利用するメリット
  6. 五十肩や漢方薬に関するよくある質問

この記事を読めば、自分でできる五十肩の改善方法などもよく分かるでしょう。ひどい肩こりや肩の痛みに悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.五十肩の基礎知識

はじめに、五十肩の原因や症状、なりやすい人などを解説します。

1-1.五十肩とはどのような病気?

前述したように、五十肩とは正式名称を「肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)」と言います。40・50代になると発症しやすいので、四十肩や五十肩とも呼ばれるようになりました。肩は、複数の骨と関節が組み合わさり、それを関節を覆う膜や靱帯(じんたい)がつなぐことで、複雑な動きができるようになっています。しかし、年齢が上がるにつれて膜や靱帯の柔軟性が失われ、ちょっとした動きでも炎症しやすくなるでしょう。また、筋肉と骨をつなぐ腱板(けんばん)という組織の変性が、炎症を起こす原因になることもあります。

1-2.五十肩の症状

五十肩は、急性期と慢性期に症状が分かれるのが特徴です。急性期は、肩に鋭い痛みが生じます。腕を動かすたびに痛みが生じることも珍しくありません。しびれを伴うこともあるでしょう。慢性期になると、痛みは弱まりますが、肩の可動範囲が狭くなります。特に、肩を回したり、腕を後ろに引く動作、肩を上げる動作ができにくくなるでしょう。なお、五十肩のほとんどが片方の肩で起こり、両肩が一度に発症することは、ほとんどありません。

1-3.五十肩になりやすい人とは?

前述したように、五十肩は肩関節を構成する組織の変性によって発生します。ですから、年齢が上がるにつれて誰もが五十肩になる可能性はあるでしょう。しかし、以下のような人はより五十肩になりやすい可能性があります。

  • 冷え性
  • 強いストレスがかかっている人
  • 糖尿病患者
  • 運動不足
  • 座り仕事をしている

特に、冷え性の人は血流が滞っていることが多いので筋肉が萎縮して硬くなり、肩こりが起こりがちです。また、筋肉が硬くなることで、関節を構成する組織の柔軟性が早い年代から失われやすいでしょう。ひどい肩こりだと思ったら、五十肩だった、という例もあります。

2.五十肩が日常生活に与える影響

五十肩になると、肩の動きが大きく制限されます。そのため、できる動作が限られて日常生活に支障が出ることもあるでしょう。しかし、少し痛みが治まったからと無理をしてはいけません。痛い肩を無理に動かすと、腱板断裂(けんばんだんれつ)が起こる可能性もあります。一度腱板が断裂すると、治るまでに半年以上かかるでしょう。また、自然治癒も難しくなります。その一方で、慢性期に肩の動きを過剰に制限した結果、症状が治まっても肩が動きにくくなってしまうこともあるでしょう。

3.自分でできる対処方法

3-1.五十肩の対処方法

五十肩の可能性がある症状が現れたら、一度整形外科を受診しましょう。肩に痛みが出る病気は五十肩以外にもたくさんあります。病院で診察を受けた結果、五十肩と診断されたら、急性期が終わるまでは安静にしてください。肩に負担をかける無理な動きは厳禁です。慢性期になったら、リハビリとして軽い運動を行いましょう。500gくらいの軽い負荷を持ち、肩に痛みが出ない範囲で左右に動かす運動なども効果的です。また、肩を温めて血行をよくすると治りが早くなりやすいでしょう。

3-2.五十肩の予防方法

五十肩の予防方法には、以下のようなものがあります。

  • 肩を回す運動など、膜や腱を柔軟に保つストレッチを定期的に行う
  • 肩に筋肉をつける
  • 肩を温めて血行をよくするように心がける
  • 肩を動かしにくい服や肩が冷えやすい服は着ない

特に、肩を温めて適度に運動をしていれば、筋肉や膜、腱などを柔軟に保ち続けることができるでしょう。

4.東洋医学における五十肩の考え方

この項では、東洋医学における五十肩の考え方や、五十肩の改善に用いられる漢方薬を紹介します。

4-1.東洋医学における五十肩の原因

東洋医学では、五十肩を血が滞った状態であり、痛みの原因は体内に余分にたまった水分と考えています。東洋医学では、体内で気・血・水(血以外の水分)が規則正しく巡り健康を維持しているという考えです。そのため、漢方薬を用いて血流を改善し、余分な水分を体外へ排出することで五十肩の改善を図ります。

4-2.漢方薬の特徴や漢方薬を用いた改善方法に向いている人

漢方薬は、草木や鉱石など自然の生薬が原料です。病院で処方される薬に比べると効き目が穏やかなので長期間飲み続けることができます。そのため、冷え性など西洋医学では病気とはみなされない症状の改善や、痛みを穏やかに解消する効果が期待できるでしょう。ですから、冷え性でひどい肩こりから五十肩になった人や、慢性的な鈍い痛みを改善したい人に、漢方薬を用いた治療が向いています。

4-3.五十肩の改善に用いられる漢方薬

五十肩の改善には、以下のような漢方薬が用いられます。

  • 独活葛根湯(どっかつかっこんとう):体内にたまった余分な水を排出する効果が期待できる漢方薬。五十肩の痛みの改善に用いられる
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん):体を温める効果がある漢方薬。冷え性からくる筋肉のこわばり、ひどい肩こりの改善に用いられる
  • 二朮湯(にじゅつとう):慢性に経過する肩凝りに効果的。五十肩の治療に最も用いられる

この他にも、症状に合わせてさまざまな漢方薬が使われるでしょう。

5.漢方薬局を利用するメリット

漢方薬はれっきとした薬ですから、薬局でしか購入することはできません。一般的なドラッグストアでも調合済みの漢方薬を購入できますが、自分に合った漢方薬を調合してもらえる漢方薬局の利用がおすすめです。漢方薬局とは、漢方薬の調合・販売を専門に行っている薬局で、漢方薬に詳しい薬剤師が顧客の症状や体質を詳しく聞き、その人に合った漢方薬を処方してくれます。近年は、ホームページを設け、メールで相談を受けつけたり相談窓口を開設したりする薬局も増えました。

なお、プライバシーは保たれるので、安心して薬剤師に悩んでいる症状を相談してみましょう。初めて薬局に行く場合、すでに薬を飲んでいる人はお薬手帳を持参してください。
医心堂薬局では、お客様の症状や体質・今までの経過などを詳しくお聞きして体質や症状に合った漢方薬を調合しています。調合した漢方薬の種類にかかわらず、煎じ薬は15日分¥11,340(税込)・粉薬は15日分 9,720円です。無料相談も受けつけておりますので、お気軽にご相談ください。

医心堂薬局 無料相談のお申し込み
https://www.ishindo.net/無料相談のお申し込み.htm

6.五十肩や漢方薬に関するよくある質問

この項では、五十肩に関するよくある質問を紹介します。

Q.漢方薬は、飲んですぐ効くものはあるでしょうか?
A.芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)など、急性期の痛みに効果的な漢方薬もありますが、急性期の五十肩の痛みをすぐに解消したい場合は、湿布薬や痛み止めを用いたほうが効果的です。

Q.漢方薬は、家族と共有できますか?
A.いいえ。病院の処方薬と同じで処方してもらった本人しか使用できません。

Q.五十肩は30代でもなるものでしょうか?
A.はい。若い年代でも発症することはあります。特に、冷え性の人や運動不足の人などは五十肩になりやすいでしょう。

Q.漢方薬は、中国からの輸入品のほうが効果がありそうです。
A.外国製の漢方薬は、日本では禁止されている物質が使われていることがあります。漢方薬は国内で調合されたものを使用しましょう。

Q.五十肩は自然治癒すると聞きました。
A.自然治癒することもありますが、漢方薬等を用いたほうが早く治り痛みも長引かない傾向があります。

まとめ

いかがでしたか? 今回は五十肩の原因や対処方法、漢方薬を用いた改善方法を紹介しました。五十肩は安静が必要な時期と、適度な運動が必要な時期があります。また、痛みを我慢しすぎていると、日常生活に深刻な影響が出ることもあるでしょう。年だからと思わず、漢方薬等を用いて積極的に治療することが大切です。

監修者

医心堂薬局 店主 佐竹康秀

佐竹 康秀
医心堂薬局 店主

薬剤師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師

星薬科大学を卒業後、漢方の道へ。同時に鍼灸の勉強も開始。平成4年に医心堂薬局を開局。漢方歴33年・鍼灸歴30年
「それは本当に患者様のためですか?」を常に考え治療をしている。

医心堂薬局総本店店 石川篤

石川 篤
医心堂薬局総本店 店長

薬剤師・日本漢方連盟会員・生活習慣病予防士

東京薬科大学卒業/漢方歴24年
「お客様の笑顔」を創出するため、漢方だけでなく食事・考え方など、一人一人に合ったアドバイスを提供。医師・薬剤師を対象とした漢方講座も行っている。