子宮筋腫は不妊の原因? 婦人病と相性のいい漢方を取り入れよう!


子宮筋腫は、月経のある女性の4人に1人がかかるといわれる良性の腫瘍です。症状の現れ方は人それぞれですが、月経痛や貧血などつらい症状が続くことが多く、不妊の原因になることもあります。この記事では、子宮筋腫や不妊の基礎知識から漢方での対処の仕方について紹介しましょう。

  1. 子宮筋腫の基礎知識
  2. 子宮筋腫と不妊の関係
  3. 子宮筋腫の治療方法
  4. 子宮筋腫と漢方について
  5. 子宮筋腫や不妊に用いられる漢方薬
  6. 子宮筋腫や漢方に関するよくある質問

この記事を読むことで、子宮筋腫や不妊の悩みを解決する方法が分かります。ぜひお役立てください。

1.子宮筋腫の基礎知識

初めに、子宮筋腫とはどのような病気なのか解説しましょう。

1-1.子宮筋腫は子宮にできる良性腫瘍

子宮筋腫は子宮壁にできる良性の腫瘍です。悪性の腫瘍に変化することはほとんどありません。子宮は平滑筋という筋肉でできており、筋肉が異常増殖してこぶのようになったものが筋腫です。筋腫は徐々に大きくなり、複数できることもあります。

1-2.女性ホルモンが関係している

子宮筋腫ができる原因は、はっきりとは分かっていません。しかし、閉経後には縮小することや思春期前の若い女性に発症しないことから、女性ホルモンが影響していると考えられています。

1-3.大量の経血や強い生理痛がサイン

もっとも多い症状は、過多月経による貧血と、強い生理痛(月経困難)です。ほかにも、筋腫が大きくなると膀胱(ぼうこう)が圧迫されて頻尿になったり、直腸が圧迫されて便秘になったりします。

1-4.子宮筋腫の4つの種類

子宮筋腫は、できる場所によって4つに分類されます。

1-4-1.筋層内筋腫

一番多いのはこのタイプで、子宮の筋肉の中に埋まっている筋腫です。大きくなると過多月経や不妊の原因となります。

1-4-2.漿膜下(しょうまくか)筋腫

子宮壁の外側に向かって突き出るように大きくなるタイプです。月経への影響はなく、他の臓器を圧迫して頻尿や便秘の原因となります。

1-4-3.粘膜下筋腫

子宮の中に向かって大きくなる筋腫です。月経時に大出血しやすく、貧血になります。受精卵が着床しにくいため、不妊の原因にもなるのです。

1-4-4.頸部(けいぶ)筋腫

子宮の膣に近い部分にできる筋腫です。小さくても過多月経を引き起こします。

1-5.なりやすい人と患者数

子宮筋腫は遺伝する病気ではありません。西洋医学的にはなりやすい体質はないとされています。一方東洋医学では、病気を症状だけでなく、体全体から見るため、異なる見解です。冷え性の人、ストレスの高い人は子宮の病気にかかりやすいとされています。
患者数の推計を見ると、平成20年以降はほぼ横ばいです。平成26年の総患者数は10万人を超えています。

2.子宮筋腫と不妊の関係

子宮筋腫と不妊はどのように関係するのか、詳しく見ていきましょう。

2-1.不妊の原因になる場合がある

子宮筋腫は、大きくなると子宮の内部に影響を及ぼすようになります。受精卵の着床を妨げたり、流産を起こしたりするようになるのです。

2-2.どう影響するか?

前述のとおり、粘膜下筋腫では受精卵が着床しにくくなり不妊につながります。これは、子宮内に向かって筋腫が大きくなるためです。筋層内筋腫でも5cm以上になると子宮の形が変わるため、着床障害が起こりやすくなります。また、卵管に近い位置の筋腫が大きくなると受精卵の通過を妨げ、不妊につながるのです。

3.子宮筋腫の治療方法

子宮筋腫の治療方法を紹介します。

3-1.こんなときは病院へ

月経量が多い、経血にレバー状のかたまりが混じっている、月経痛がひどい、などの自覚症状がある場合は、迷わず婦人科を受診しましょう。
また、自覚症状がなくても子宮筋腫ができている可能性もあります。排卵や精子などに不妊の原因がないのに、妊娠を望んでから1~2年しても妊娠しない場合は、子宮筋腫の検査を受けてみましょう。

3-2.検査、診断

診断は、内診と超音波検査で行います。筋腫の位置や大きさ、個数をさらに詳しく調べるために使うのは、CTやMRIです。直接子宮の中を見る子宮鏡検査を行うこともあります。

3-3.主な治療方法

子宮筋腫の治療法には、「薬物療法」と「手術療法」があります。近年、「手術療法」で増えているのが、お腹を切らない方法です。どの治療法を用いるかは、筋腫の大きさや個数、患者さんの年齢によっても違います。

3-3-1.薬物療法

女性ホルモンの分泌を止める薬剤を投与して無月経状態にし、筋腫の成長を阻止する方法です。閉経期が近い年齢の人や、内視鏡手術を受ける前に筋腫を小さくするために用いられます。

3-3-2.手術療法

筋腫が10cm以上だったり多発していたりする場合は「開腹手術」を勧められることがあるでしょう。手術は筋腫だけを取り除く方法と子宮ごと摘出する方法があります。一方、お腹を切らない手術は「腹腔(ふくくう)鏡下手術」と「子宮鏡手術」です。これらは体への負担も少なく、手術後の回復も早くなります。

4.子宮筋腫と漢方について

子宮筋腫は、漢方ではどのように捉えられているのでしょう。詳しく解説します。

4-1.漢方における子宮筋腫の考え方

漢方では、子宮筋腫は「瘀血(おけつ)」といわれる、血(けつ)が滞っている状態から起きると考えられています。「血」を動かして体中を循環させているのは「気」の働きです。「気」が不足したりスムーズに流れなかったりすると「血」も滞り、筋腫が形成されやすくなってしまいます。

4-2.漢方が向いている人

漢方では、症状や体質に合わせた生薬と生活習慣の見直しなどにより改善を目指します。筋腫が比較的小さく、手術はしたくないという人、根本から体質改善を目指したい人に向いているでしょう。

5.子宮筋腫や不妊に用いられる漢方薬

漢方では、婦人科系の病気は血の流れをよくすることが大切と考えます。そこで、瘀血(おけつ)を取り除く生薬が古くから研究され、使われてきました。ここでは、よく用いられる漢方薬や、漢方薬局について紹介しましょう。漢方薬局に相談すれば、これ以外にも体調や体質に合わせた漢方を提案してもらうことができます。

5-1.桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

体力は中程度か、それ以上の人に処方される漢方薬です。淤血を取り除く代表的な漢方薬で、月経不順・月経異常・月経痛の改善に使われます。

5-2.桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

体力があり、便秘をしている人に処方されます。月経異常・月経困難症を改善する漢方薬です。

5-3.当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

やせて体力のない人に処方されます。月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害などによく用いられるものです。貧血、疲労倦怠(けんたい)、めまい、むくみなども改善します。

5-4.漢方薬の効果について

漢方薬は継続して用いることで効果を発揮します。続けることで体質改善に働きかけ、月経痛などのつらい症状の緩和を目指すものです。子宮筋腫が小さくなったり進行を遅らせたりという報告も多く見られます。

5-5.漢方薬局の利用方法

漢方薬は、同じ病気でも一人ひとりの体質や症状に合わせて処方される薬が違います。漢方専門の薬剤師がいる漢方薬局に相談することで、自分にぴったりの漢方薬を処方してもらうことができるのです。

気になる症状がある場合は、漢方薬局に相談してみましょう。医心堂薬局でも無料相談を受け付けています。これまでの経緯や症状を詳しくお聞かせください。日常生活のアドバイスなどもいたします。

5-6.漢方の費用と相談のコツ

漢方薬局では、今の病気の症状だけでなく、体質に関することや生活習慣などについて詳しく聞き取りを行います。一見関係ないと思えるような質問にもきちんと答え、気がかりなことはすべて伝えておきましょう。これにより、その人に合う生薬を調合し、オーダーメイドの漢方薬ができあがります。

医心堂薬局では調合した生薬の種類にかかわらず、煎じ薬は15日分で一律¥11,340(税込)です。煎じ薬と言っても、お客様自身で煎じる手間はありません。お店で煎じて1回分ずつのレトルトのパックにしてお渡ししています(煎じ薬の製法・製造過程はこちらのページをご覧ください)。薬の飲み方や注意点もアドバイスしますので、初めてでも安心して始められるでしょう。

医心堂薬局 無料相談のお申し込み
https://www.ishindo.net/無料相談のお申し込み.html

6.子宮筋腫や漢方に関するよくある質問

子宮筋腫や不妊と漢方に関するよくある質問をまとめました。

Q.生理痛がつらいです。日常生活で注意点はありますか?
A.体を冷やさないようにすることが大切です。足湯をしたり、甘いものを食べすぎないようにするといいでしょう。

Q.漢方薬の煎じ方が分からないのですが。
A.自分で漢方薬を煎じる必要はありません。医心堂薬局ではお店で煎じて1回分ごと真空パックにしてくれます。飲むときに湯煎してあたためてから服用してください。

Q.病院の薬と一緒に飲んでもいいでしょうか?
A.一緒に飲んでも差し支えないものがほとんどです。中には相性の悪いものもあるため、服薬中の薬がある場合は必ず申し出ましょう。

Q.どのくらいの期間で効果が現れますか?
A.症状や人によっても差がありますが、自分に合った漢方薬の場合、2週間目くらいから変化を感じ始めるでしょう。出血や月経痛の症状は数か月で改善されることが多いようです。筋腫が小さくなるには半年以上かかるでしょう。また、不妊の場合は、半年~1年くらいで赤ちゃんを授かる例が多く報告されています。

Q.子宮筋腫があると妊娠できませんか?
A.妊娠できる可能性もあるでしょう。しかし、子宮が大きくなるにつれて筋腫も大きくなるため、妊娠を継続するのが困難で、流産・早産の傾向があります。

まとめ

子宮筋腫はつらい月経困難の症状がでたり、症状がなくても不妊につながったりする婦人病です。漢方で血と気のめぐりを整えて体質改善することで、つらい症状も快方へと向かうことでしょう。漢方薬局に相談してみてください。

監修者

医心堂薬局 店主 佐竹康秀

佐竹 康秀
医心堂薬局 店主

薬剤師・日本漢方連盟会員・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師

星薬科大学を卒業後、漢方の道へ。同時に鍼灸の勉強も開始。平成4年に医心堂薬局を開局。漢方歴33年・鍼灸歴30年
「それは本当に患者様のためですか?」を常に考え治療をしている。

医心堂薬局総本店店 石川篤

石川 篤
医心堂薬局総本店 店長

薬剤師・日本漢方連盟会員・生活習慣病予防士

東京薬科大学卒業/漢方歴24年
「お客様の笑顔」を創出するため、漢方だけでなく食事・考え方など、一人一人に合ったアドバイスを提供。医師・薬剤師を対象とした漢方講座も行っている。