漢方薬で痔ろうは改善できる? 漢方薬を利用するメリットなどを解説


痔ろうになったけど恥ずかしくて相談できないとお悩みではありませんか? これくらい大丈夫だろうと放置してしまい、 「気づいたら悪化していた」という人も多いことでしょう。痔ろうは、痔の中でも痛みが少ない反面、重症化すると手術をしないと治りにくいケースもあります。

そこで今回は、痔ろうの症状や原因、改善に効果が期待できる漢方薬などを紹介します。

  1. 痔ろうの基礎知識
  2. 自分でできる痔ろうの対処方法
  3. ​漢方を用いた痔ろうの改善方法
  4. 漢方薬局の利用方法
  5. 痔ろうや漢方薬に関するよくある質問

この記事を読めば、痔ろうの原因や予防方法などもよく分かるでしょう。痔ろうの治療に漢方薬を用いてみたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.痔ろうの基礎知識

はじめに、痔ろうの原因や症状、ほかの痔との違いを紹介します。

1-1.痔ろうとはどんな病気?

痔ろうとは、肛門腺(こうもんせん)が細菌感染によって化膿(かのう)する病気です。細菌感染が起こると肛門腺周辺が炎症を起こし、これを肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういかいよう)と言います。肛門周囲潰瘍が悪化すると患部に膿(うみ)がたまり、これが自然に破れたり治療で切開したりすると膿が排出されますが、その後膿がたまっていた管が残るのです。これが、痔ろうであり、重症化すると手術が必要になります。

1-2.痔ろうの原因

痔ろうは、便に含まれる細菌で発症します。特に、ストレスや生活習慣の乱れから下痢をしがちな人ほど痔ろうを発症しやすいでしょう。痔ろうの患者は男性に多く、特に子どもの患者はほとんどが男性です。

1-3.痔ろうの症状

肛門周囲膿瘍になると、肛門周辺がじくじくして赤く腫れます。38℃以上の高熱が出る人もいるでしょう。その一方で、あまり症状が出ない人もいます。痔ろうになると、膿が出て下着が汚れることもあるでしょう。下着が汚れて、初めて痔ろうになったと気がつく人もいます。膿が出ると一時的に症状は軽くなりますが、再発をくり返すことも珍しくありません。痔ろうの範囲が広がると、直腸部分を大きく切り取る手術をしなければならないこともあります。

1-4.痔ろうとほかの痔との違い

痔には、痔ろうのほかにいぼ痔や切れ痔があります。いぼ痔は直腸や肛門周辺の血行が悪くなり、血管の一部がいぼのように膨れ上がる痔です。切れ痔は、硬い便や大きな便が原因で肛門周辺の皮膚が切れることによって発症します。どちらの痔も膿が出ることはありません。ただし、どのような痔でも再発をくり返しながら悪化する可能性があるため、きちんと治療を受けることが大切です。

1-5.痔ろうのセルフチェック

以下のような症状がある人は、痔ろうの可能性があります。

  • 肛門周辺に痛みやかゆみがよく出る
  • 肛門周辺が腫れているような感じがする
  • 下着が膿で汚れることがある
  • 膿が出る前に激しい痛みを感じる

このような症状が出る場合、早めに病院を受診しましょう。

2.自分でできる痔ろうの対処方法

自分でできる痔ろうの対処方法や再発予防方法には、以下のようなものがあります。

  • 暴飲暴食をやめ、規則正しい食生活をする
  • アルコールや脂肪分の取りすぎに注意する
  • トイレットペーパーではなく、温水洗浄を行って患部を清潔に保つ
  • 膿が出てくる場合は、パッドなどを当てて汚れたままにしておかない

特に、下痢が続く場合は食生活を改めてみましょう。アルコールや脂肪分の摂取を控えるだけで便の状態が改善して痔ろうの予防になります。

3.漢方を用いた痔ろうの改善方法

この項では、東洋医学における痔ろうの考え方や漢方を用いた改善方法を紹介します。

3-1.東洋医学における痔ろうの考え方

東洋医学とは、中国を中心とした東アジア一帯で発展してきた医学です。東洋医学では、気(生命エネルギー)・血(血液)・水(血液以外の体液)が、バランスよく体を巡り、健康を維持していると考えています。東洋医学における痔ろうは、本来ならば排出されるべき熱が、肛門周辺に籠(こも)ることで発症するものです。

3-2.漢方薬を用いた痔ろうの治療に向いている人

漢方薬は、生薬と呼ばれる自然の草木や鉱物などを原料とする薬です。そのため、病院で処方される薬に比べると副作用が出にくく、長期間服用することができます。痔ろうの場合、体質を改善して痔ろうの原因の一端である下痢を起こりにくくしたり免疫力を上げたりすることも期待できるでしょう。つまり、漢方薬は痔ろうの再発予防にも効果が期待できます。「痔ろうが再発をくり返し、困っている」という人には漢方を用いた治療がおすすめです。

3-3.痔ろうの治療に用いられる漢方薬

痔ろうの改善には、改善には、以下のような漢方薬がよく用いられます。

  • 荊防敗毒散 (けいぼうはいどくさん):おできの漢方薬としても有名。肛門周囲膿瘍の症状軽減に用いられる
  • 乙字湯(おつじとう):肛門周辺の血流をよくし、便通を改善する。切れ痔やいぼ痔の治療にも使われる漢方薬
  • 千金内托散(せんきんないたくさん):化膿した部分からなかなか膿が排出できず、治りが遅い場合に用いられる。痔ろうの早期症状改善に使われることの多い漢方薬

なお、ここでご紹介したのはあくまでも一例です。症状や体質に合わせ、自分に合った漢方薬を使えば効果がより実感できるでしょう。

4.漢方薬局の利用方法

痔ろうの状態や改善したい症状は人によって異なります。そのため、漢方薬を用いて症状の改善を試みる場合、自分の症状や体質に合った漢方薬を用いることが必要です。漢方薬局を利用すれば、自分に合った漢方薬を処方してもらえます。漢方薬局には、漢方薬に詳しい薬剤師が常駐しているので、悩んでいる症状などを詳しく相談してみましょう。最近では、初めての人でも相談しやすいように、専用の窓口やサイトを作っている薬局も増えました。メールで漢方薬の相談ができるところもあります。なお、すでに薬を服用している人は、副作用予防のために必ずお薬手帳を持参してください。
医心堂薬局では、お客様の症状や体質・今までの経過などを詳しくお聞きして体質や症状に合った漢方薬を調合しています。調合した漢方薬の種類に関わらず、煎じ薬は15日分¥11,340(税込)です。

煎じ薬と言っても、おうちで煎じる手間がかからないようにお店で煎じて1回分ずつのレトルトのパックにしてお渡ししています(煎じ薬の製法・製造過程はこちらのページをご覧ください)。無料相談も受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

医心堂薬局 無料相談のお申し込み
https://www.ishindo.net/無料相談のお申し込み.html

5.痔ろうや漢方薬に関するよくある質問

この項では、痔ろうや漢方薬に関するよくある質問を紹介します。

Q.子どもでも痔ろうになることがあるでしょうか?
A.はい。乳児でも発症する場合があります。患者のほとんどが男子で女子はめったに発症しません。なお、子どもの場合はまず小児科を受診し、紹介があれば肛門科を受診してください。ちなみに、漢方薬は子どもでも独特な苦みをがまんすることができれば、服用可能です。

Q.痔ろうは、自然に治らないのでしょうか?
A.膿が出ると症状が軽減し、治ったように見えることもありますが、膿が完全に出きらないので完治することはほとんどありません。治再発をくり返しながら悪化することが多いので、治療を受けることが大切です。

Q.漢方薬を飲めば、再発が予防できますか?
A.漢方薬を服用しつつ、生活習慣を改めることが大切です。

Q.病院で処方される薬と漢方薬との大きな違いは何でしょうか?
A.病院で処方される薬は、化膿を止めたり痛みを和らげたりしますが、再発を予防するような効果は期待できません。一方、漢方薬は服用し続けることによって体質を改善し、再発しにくくなる効果も期待できるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 今回は痔ろうの症状や原因、漢方薬を用いた改善方法などを紹介しました。痔ろうは再発をくり返しやすい病気です。特に、生活習慣や食生活が乱れがちな人ほど、再発しながら重症化していくケースも多いでしょう。漢方薬を用いることにより、再発や重症化を防げる可能性があります。

監修者

医心堂薬局 店主 佐竹康秀

佐竹 康秀
医心堂薬局 店主

薬剤師・日本漢方連盟会員・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師

星薬科大学を卒業後、漢方の道へ。同時に鍼灸の勉強も開始。平成4年に医心堂薬局を開局。漢方歴33年・鍼灸歴30年
「それは本当に患者様のためですか?」を常に考え治療をしている。

医心堂薬局総本店店 石川篤

石川 篤
医心堂薬局総本店 店長

薬剤師・日本漢方連盟会員・生活習慣病予防士

東京薬科大学卒業/漢方歴24年
「お客様の笑顔」を創出するため、漢方だけでなく食事・考え方など、一人一人に合ったアドバイスを提供。医師・薬剤師を対象とした漢方講座も行っている。