咳が止まらないときはどんな漢方薬を飲めばいい? おすすめの漢方は?


寒くなってくるにつれ、咳(せき)に悩む人が増えてきます。咳は風邪の代表的な症状ですが、長引く咳はほかの病気の可能性もあり、適切な治療が必要です。また、「夜になると咳が止まらないので眠れない」といった症状に悩まされている人もいるでしょう。せきが止まらない場合の対処方法はいろいろありますが、漢方薬の服用が効果的なケースもあります。

今回は、咳が止まらない原因や対処方法、漢方薬を用いた咳の改善方法を紹介しましょう。

  1. 咳の諸症状や弊害
  2. 咳が止まらない原因
  3. 咳が止まらないときにおすすめの漢方薬
  4. 漢方薬局の利用方法
  5. 咳や漢方薬に関するよくある質問

この記事を読めば、漢方を用いて症状を改善するメリットもよく分かります。長引く咳に悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.咳の諸症状や弊害

はじめに、咳が続く弊害や咳の種類について解説します。

1-1.風邪の咳は3週間以内に治まる

咳は、期間によって以下のように分類されます。

  • 急性咳嗽(きゅうせいがいそう):発症から3週間までの咳
  • 遷延性咳嗽(せんえんせいがいそう):発症から3週間以上8週間までの咳
  • 慢性咳嗽(まんせいがいそう):発症から8週間以上の咳

風邪をはじめとする感染症が原因で咳が出る場合、ほとんどは3週間以内に治まります。3週間以上咳が止まらない場合は、肺や気管支の病気・鼻炎・心因性など感染症以外の原因である可能性が高くなるでしょう。

1-2.咳の種類

咳には、痰(たん)や分泌物が一緒に出る「湿った咳」と痰や分泌物を伴わない「乾いた咳」があります。湿った咳が出るのは、痰や分泌物を体外に出すためでもあるので、無理に止めるのは逆効果です。まず分泌物や痰を減らすことで、咳を止めます。一方、乾いた咳は病気の症状として現れるので、咳そのものを止める治療が行われるでしょう。なお、湿った咳や乾いた咳が出る代表的な病気には、以下のようなものがあります。

  • 湿った咳:慢性気管支炎・副鼻腔気管支症候群
  • 乾いた咳:咳ぜんそく・間質性肺炎・結核など

1-3.咳は体力を奪い、睡眠不足の原因にもなる

咳が長引くと、体力もなくなっていきます。咳は1度すると2kcalを消費するので、10分も咳をすればかなりのカロリーを消費するでしょう。また、夜間に咳が続くと眠れずに寝不足になります。その結果、さらに抵抗力が落ちて咳が長引くこともあるでしょう。

2.咳が止まらない原因

この項では、咳が症状として現れる病気や、病院を受診する目安について解説します。

2-1.咳が止まらなくなる主な原因

咳が止まらない主な原因には、以下のようなものがあります。

  • 気管支・肺の病気:気管支炎・肺炎・肺がん・結核・慢性閉塞性肺疾患(COPD)など
  • 鼻炎の症状の一環:アレルギー性鼻炎・後鼻漏・副鼻腔炎
  • アレルギーの症状の一環:花粉症・ぜんそくなど
  • その他:逆流性胃炎・逆流性食道炎など
  • 強いストレス

咳が出る病気というと、肺や気管支の病気というイメージが強いのですが、鼻や食道・胃の病気が咳を誘発している可能性もあるのです。

2-2.病院を受診する目安

2週間以上咳が止まらない場合や、咳と共に胸部の痛み・発熱・鼻づまりなどの症状が1週間以上続く場合は、病院を受診してください。また、「風邪は治ったが咳だけがしつこく続く」という場合も、感染症から気管支・肺の疾患に移行した可能性があります。なお、夜だけ咳が出るという場合も、2週間以上続くなら病院を受診してください。診療科はまず内科や呼吸器科を受診しましょう。かかりつけ医があれば、そこを受診してください。

3.咳が止まらないときにおすすめの漢方薬

この項では、東洋医学における咳の考え方や漢方薬を用いた咳の改善が効果的な人を紹介します。

3-1.東洋医学における咳の考え方

東洋医学における健康とは、体の中を気(生命エネルギー)・水(血以外の体液)・血が規則正しく巡っている状態です。また、人体の働きや機能を「肝・心・脾(ひ)・肺・腎(じん)」の5つ(五臓)に分類しています。東洋医学における病気とは、五臓のいずれかで気・水・血の循環バランスが崩れた状態です。

東洋医学において、咳は肺に水分が不足しているため起こると考えています。また、体全体で水が不足しているときも咳が起こりやすくなると考えているのです。

3-2.漢方薬は長引く咳に効果が期待できる

漢方薬は、身体の調子を整えて免疫力を向上させ、決定的な治療方法がない慢性的な疾患の症状を和らげる効果が期待できます。ですから、気管支ぜんそくやアレルギー、花粉症などが原因で咳が出ている場合、漢方薬を服用することで症状の改善が期待できるでしょう。

また、喉が乾燥しやすく、冬になると突然激しい咳が出ることが多い人も漢方薬を服用することで、症状の改善効果が期待できます。なお、漢方薬の中には咳が出始めて飲めばすぐに効果が実感できるものもあるので、利用してみましょう。

3-3.咳が止まらない場合に用いられる漢方薬

咳の改善には、以下のような漢方薬が用いられます。

  • 参蘇飲(じんそいん):風邪をひくと長引く人や、胃腸が弱い人に用いられる。風邪を早く治したい場合にもおすすめ。
  • 麦門冬湯(ばくもんどうとう):喉が乾燥しやすく痰が切れにくい人、気管支ぜんそくの人に用いられる。
  • 五虎湯 (ごことう):気管支ぜんそくなど、強く激しい咳が長時間続く場合に用いられる。
  • 清肺湯 (せいはいとう):慢性気管支炎や慢性閉塞性肺疾患(COPD)が原因の咳の改善に用いられる。
  • 竹筎温胆湯(ちくじょううんたんとう):風邪などが治っても咳だけが長引く場合や、夜間に多くの咳が出る場合に用いられる。

漢方薬局に相談すれば、これ以外にも体調や体質に合った漢方薬を提案してもらえます。

4.漢方薬局の利用方法

この項では、漢方薬局を利用するメリットや利用方法を紹介します。

4-1.漢方薬局なら自分に合った漢方薬を処方してもらえる

漢方薬局とは、漢方薬の調剤・販売を専門としているところです。前述したように、咳が出る原因はたくさんあります。漢方薬を用いて症状の改善を試みる場合、自分の症状に合った漢方薬を使うことが大切です。漢方薬局には、漢方薬に詳しい薬剤師が常駐しています。症状や体質を相談することで、自分に合った漢方薬を処方してもらうことが可能です。

4-2.病院の薬とも併用できる

漢方薬と病院で処方された薬は併用できます。漢方薬局を利用する場合、必ずお薬手帳を持参し、薬剤師に確認してもらいましょう。また、症状によっては漢方薬を複数組み合わせて使用することがあります。さらに、病院での薬の効果が実感できない場合も、相談してみてください。

4-3.処方してもらうまでの流れ

漢方薬局は、インターネットで探すと便利です。今はサイトを開設し、相談の予約を受けつけたりメールで相談ができたりする薬局も増えました。また、初めての人でも相談しやすいように相談窓口を設けているところもあります。プライバシーは保たれているので、安心して薬剤師に詳しく症状や体質など改善したいところを相談しましょう。

医心堂薬局では、お客様の症状や体質・今までの経過などを詳しくお聞きして体質や症状に合った漢方薬を調合しています。漢方薬の種類に関わらず、費用は15日分¥11,340(税込)です。

1回分ずつのレトルトのパックにしてお渡ししていますので、お客様自身で煎じる手間はありません(煎じ薬の製法・製造過程はこちらのページをご覧ください)。無料相談も受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

医心堂薬局 無料相談のお申し込み
https://www.ishindo.net/無料相談のお申し込み.html

5.咳や漢方薬に関するよくある質問

この項では、咳や漢方薬に関するよくある質問を紹介します。

Q.強いストレスが原因で咳が出る場合、病気が原因で出る咳との違いは何ですか?
A.強いストレスが原因の場合、病院で肺や気管支を検査しても異常は発見できません。また、仕事中など強いストレスがかかりやすい場所で咳が出やすくなります。

Q.乾いた咳と湿った咳の違いは、自分で区別がつくでしょうか?
A.はい。咳をしたら痰が出る、もしくは痰が絡んだような咳が出る場合は、湿った咳です。乾いた咳というのは痰が出たり絡むことなく、むせるような空咳のことをいいます。

Q.漢方薬同士を組み合わせた服用方法は、より強い効果が期待できるでしょうか?
A.調合済みの漢方薬を併用すると、特定の生薬を取りすぎてしまう可能性があります。個人の判断で複数の漢方薬を一緒に飲んではいけません。なお、漢方薬局で自分に合った漢方薬を処方してもらう場合は、漢方薬に含まれる生薬の量を個人の体質や症状に調整できるので、より効果が期待できるでしょう。

Q.漢方薬は1日何回服用しますか?
A.一般的には1日2回から3回です。症状が軽減してきたら1日1回に減らしながら様子を見ていきます。

Q.漢方薬の服用と共に、一緒に行うと効果的なことはありますか?
A.部屋の湿度に気を配りましょう。また、定期的に水分補給を行い、喉の保湿を心がけてください。

まとめ

いかがでしたか? 今回は咳が止まらない原因や漢方薬を用いた対処方法を紹介しました。咳は多くの人が悩む症状の反面、「たかが咳」と軽視されがちです。3週間以上咳が止まらず、日常生活に支障が出る場合は、病院を受診したり漢方薬を服用したりしましょう。

監修者

医心堂薬局 店主 佐竹康秀

佐竹 康秀
医心堂薬局 店主

薬剤師・日本漢方連盟会員・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師

星薬科大学を卒業後、漢方の道へ。同時に鍼灸の勉強も開始。平成4年に医心堂薬局を開局。漢方歴33年・鍼灸歴30年
「それは本当に患者様のためですか?」を常に考え治療をしている。

医心堂薬局総本店店 石川篤

石川 篤
医心堂薬局総本店 店長

薬剤師・日本漢方連盟会員・生活習慣病予防士

東京薬科大学卒業/漢方歴24年
「お客様の笑顔」を創出するため、漢方だけでなく食事・考え方など、一人一人に合ったアドバイスを提供。医師・薬剤師を対象とした漢方講座も行っている。