しつこい咳の原因や対処方法は? 漢方薬の効果的な使い方も紹介!


空気が乾燥するこの季節、しつこい咳に悩まされている人はいませんか? 咳は、風邪の代表的な症状の1つです。しかし、しつこい咳が続く場合は肺炎や気管支炎などもっと重篤な病気である可能性もあるでしょう。

その一方で、風邪などにかかった後、しつこい咳が続くこともあり、症状によっては漢方薬が効果的なこともあります。

今回は、しつこい咳の原因や対処方法、漢方薬を用いた改善方法を紹介しましょう。

  1. しつこい咳が出る原因
  2. 漢方薬を用いたしつこい咳の改善方法
  3. 漢方薬局の利用方法
  4. しつこい咳や漢方薬に関するよくある質問

この記事を読めば、自分に合った漢方薬を処方してもらう方法も分かります。しつこい咳に悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.しつこい咳が出る原因

はじめに、しつこい咳が出る原因やしつこい咳と定義される期間について紹介します。

1-1.3週間以上咳が続いた場合は「しつこい咳」となる

咳は、風邪をはじめとする感染症の代表的な症状の1つです。しかし、感染症が原因の場合は長くても2週間ほどで咳は収まります。3週間以上咳が続き、改善の兆しが見えない場合はしつこい咳といえるでしょう。

1-2.湿った咳と乾いた咳がある

咳には、痰が絡む湿った咳と痰が絡まない乾いた咳があります。しつこい咳が出る場合、どちらの咳が出ているかで原因がある程度分かることがあるので(1-3参照)、どちらの咳がしつこく続いているか自分で確かめてみましょう。

1-3.しつこい咳が続く病気

咳は、気管支や肺に入る異物を外に出そうとする体の防御反応です。ですから、花粉が飛ぶ時期やホコリっぽい部屋にいると咳が止まらなくなることもあるでしょう。また、以下のような病気の可能性もあります。

  • 湿った咳が長く続く:肺炎・気管支炎・肺気腫・結核
  • 乾いた咳が長く続く:肺がん・百日咳・アトピー性咳嗽(がいそう)など

このように、重大な病気の可能性もあるので「たかが咳」と軽く見ないようにしましょう。

1-4.しつこい咳が続くときは受診がベター

2週間以上咳が続いて改善の様子が見えない場合は耳鼻咽喉科や呼吸器科を受診しましょう。レントゲン検査やCT検査を受けて、肺や気管支・喉の様子を検査すれば、原因が判明することもあります。肺炎や気管支炎などの病気や、アレルギーと診断された場合は、適切な治療が必要です。

2.漢方薬を用いたしつこい咳の改善方法

この項では、漢方薬を用いた改善方法や漢方を用いるのが向いている人などを紹介します。

2-1.咳は水分バランスが崩れた「水毒」が原因

東洋医学では、人体の働きや機能を「肝・心・脾(ひ)・肺・腎(じん)」の5つ(五臓)に分類しています。そして、健康とは、五臓を気(生命エネルギー)・水(血以外の体液)・血が規則正しく巡っている状態です。病気になると、五臓のエネルギーが衰えたり、気・水・血が不足したり滞ったり、過剰になったりしています。咳は、体内で水のバランスが崩れた「水毒」が原因と考え、体の水分を補ったりバランスを整えたりする漢方薬を用いて治療を行うのが一般的です。

2-2.咳だけが残った場合に有効

風邪など感染症が原因で咳が出はじめ、咳だけがしつこく残った場合は、漢方薬を用いた改善方法が効果的なこともあります。また、気管支ぜん息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)が原因で咳が続く場合も、漢方を用いると症状が改善することもあるでしょう。さらに、感染症などの病気が原因で体力が弱まり、咳がなかなか改善しない場合も漢方薬が効果的なことがあります。

2-3.しつこい咳の改善に用いられる主な漢方薬

しつこい咳の改善に用いられる漢方薬には、以下のようなものがあります。

2-3-1.麦門冬湯 (ばくもんどうとう)

痰が切れにくく、喉の乾燥感が強い人に用いる漢方薬です。気管支ぜん息の症状改善にも効果が期待できます。

2-3-2.小青竜湯 (しょうせいりゅうとう)

体力が中等・やや虚弱気味で、水のような咳が出る場合に用いる漢方薬です。気管支炎・気管支ぜん息の治療にも用いられます。

2-3-3.神秘湯 (しんぴとう)

咳だけでなく息苦しさがあり、体力が中程度の人に用いられる漢方薬です。小児ぜん息の改善にも用いられることがあるでしょう。

2-4.漢方薬は個人の独断で用いない

漢方薬はドラッグストアなどでも、調合済みのものが販売されています。しかし、咳の原因や症状は1人1人異なるので、漢方薬に詳しい薬剤師に自分の症状を説明し、自分に合った漢方薬を処方してもらったほうが効果が実感できるでしょう。

また、漢方薬と病院で処方された薬を併せて服用すると、稀に副作用が出ることもあります。初めて漢方薬を処方してもらう場合は、必ずお薬手帳を持参してください。

3.漢方薬局の利用方法

漢方薬局とは、漢方薬の調剤・販売を専門とした薬局です。漢方薬に詳しい薬剤師が常駐しており、顧客から症状や体質の相談を受け、それぞれの症状・体質に合った漢方薬を処方してくれます。

現在は、相談窓口を設けたりサイトで相談の予約ができたりする薬局も増え、初めての利用者でも使いやすくなりました。病院と同じように、プライバシーは保たれているので、安心して薬剤師に症状や体質など詳しく説明し、改善したいところを相談しましょう。

医心堂薬局では、お客様の症状や体質、今までの経過などを詳しくお聞きしてそれぞれの人に漢方薬を調合しています。漢方薬の種類にかかわらず、費用は15日分¥11,340(税込)です。1回分ずつのレトルトのパックにしてお渡ししていますので、お客様自身で煎じる手間は必要ありません。

医心堂薬局 無料相談のお申し込み
https://www.ishindo.net/無料相談のお申し込み.html

4.しつこい咳や漢方薬に関するよくある質問

この項では、しつこい咳や漢方薬に関するよくある質問を紹介します。

Q.病院の薬と漢方薬は併用できるでしょうか?
A.はい、併用できる場合もあります。しかし、必ずお薬手帳をもって薬剤師に相談してください。

Q.漢方薬はどのくらい飲み続ければ効果が実感できますか?
A.即効性が期待できる漢方薬もありますが、咳が出やすい体質を改善するためには2週間以上飲み続ける必要があるでしょう。

Q.漢方薬は子どもでも服用できますか?
A.はい、大丈夫です。漢方薬は独特の味ですが馴れてしまう子が多いと思います。もし煎じ薬(液体)が不安な方には粉薬でお作りすることもできます。

Q.漢方薬は家族で共有しても大丈夫でしょうか?
A.いいえ。同じ症状でも個人の体質に合わせた漢方薬はほかの人は服用できません。

Q.しつこい咳は、体質にも関係あるでしょうか?
A.はい。生まれつき気管支が弱い場合は、風邪などで一度気管支にダメージを受けると症状が長引くこともあります。

まとめ

今回はしつこい咳が続く原因や漢方薬を用いた改善方法を紹介しました。咳は肺がんや咽頭がんでも症状として出ることがあります。たかが咳と軽視してはいけません。また、風邪をひくたびに咳が長引いてつらい場合は、ぜひ、漢方に詳しい薬剤師に相談したうえで、漢方薬を用いた改善方法を試してみましょう。

監修者

医心堂薬局 店主 佐竹康秀

佐竹 康秀
医心堂薬局 店主

薬剤師・日本漢方連盟会員・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師

星薬科大学を卒業後、漢方の道へ。同時に鍼灸の勉強も開始。平成4年に医心堂薬局を開局。漢方歴33年・鍼灸歴30年
「それは本当に患者様のためですか?」を常に考え治療をしている。

医心堂薬局総本店店 石川篤

石川 篤
医心堂薬局総本店 店長

薬剤師・日本漢方連盟会員・生活習慣病予防士

東京薬科大学卒業/漢方歴24年
「お客様の笑顔」を創出するため、漢方だけでなく食事・考え方など、一人一人に合ったアドバイスを提供。医師・薬剤師を対象とした漢方講座も行っている。