不眠は漢方で改善できる? 不眠症の原因と漢方薬の効果について


不眠症は病気ではなく、睡眠障害の一種です。しかし、そのまま放置しておくと大病につながる恐れがあるため、なるべく早めに対処する必要があります。そんな不眠症の改善策として最近注目されているのが、漢方薬です。本記事では、不眠症のメカニズムや漢方の考え方、不眠症に用いられる漢方薬について解説します。

  1. 不眠症のメカニズムと原因
  2. 漢方医学から見た不眠症
  3. 不眠症に用いられる漢方薬を紹介
  4. 快眠のために心がけたいこと
  5. 不眠の漢方相談はどこにいけばいい?
  6. 不眠と漢方に関してよくある質問

この記事を読むことで、不眠の改善に用いる漢方薬と快眠のために心がけるべきことが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.不眠症のメカニズムと原因

まずは、不眠症のメカニズムと原因をチェックしておきましょう。

1-1.不眠は睡眠リズムが乱れている症状

不眠症は病気ではなく、私たちの睡眠リズムが乱れていることで起きる症状です。通常、私たちの体は朝に目覚め、夜に眠るという睡眠リズムが備わっています。しかし、何かしらの原因で睡眠リズムが乱れてしまい、夜に眠れなかったりすぐに起きてしまったりという障害が起きるのです。一般的に、不眠症は1日で収まらず、継続的に続く状態のことをいいます。不眠を改善するためには、原因を突き止めることが大切なポイントです。

1-2.不眠は身体的・精神的原因などさまざま

不眠の原因は、身体的・精神的・生理学的など多種多様です。決して、原因が1つだけでなく、いくつかの原因が重なった上で不眠症になるケースが多くあります。主な原因を以下にピックアップしたので、ぜひ参考にしてください。

  • 身体的:睡眠中のいびき・体の痛みやしびれなど
  • 生理学的:気温・騒音・時差ぼけ・交代勤務など不規則な生活
  • 心理学的:ストレス・緊張・うつ病などのメンタルヘルス不調
  • 薬理学的:アルコールなど刺激物

1-3.不眠症でよくある症状一覧

「自分が不眠になっているのかよく分からない」という方は、不眠症でよくある症状を以下にまとめたので、自分の症状と比べてみてください。どのくらい当てはまるのかチェックしていきましょう。

  • 床に入って眠ろうとしているのに眠れない
  • 朝早く目覚めることが多く、その後も眠れない
  • 睡眠時間が極端に少なくなった
  • 夜中に何度も起きてしまう
  • 眠っても熟睡した感じがしない
  • 眠りが浅いように感じる

2.漢方医学から見た不眠症

それでは、漢方医学で不眠症はどのように考えるのでしょうか。

2-1.肝・脾(ひ)・腎(じん)のバランスが崩れている

漢方医学では、人体の機能を、「心・肝・肺・脾・腎」の5つに分けて、これを「五臓」と呼んでいます。五臓のうち、不眠と深く関係しているのは、肝・脾・腎の3つです。これらのバランスが崩れているために、不眠で悩まされると考えます。つまり、不眠を解消するためには、この3つのバランスを整えることが大切なのです。

2-2.気・血・水のバランスも乱れている

五臓のほかにも、漢方には気(エネルギー)・血(血液)・水(体液)という3つのバランスで人体が成り立っていると考えられています。この3つのバランスが1つでも崩れてしまうと、体に不調が現れてしまうのです。また、バランスが乱れるのは、日ごろの生活が大きく関係しているといわれています。

2-3.体質改善が漢方の目的

西洋医学は「どうすれば症状を抑えることができるのか」とい考えますが、漢方医学は、症状を引き起こすさまざまな体のバランスを整えて改善することが大きな目的です。症状だけにアプローチするのではなく、どうすれば根本的な原因にアプローチできるのか考えます。その点が、西洋医学と漢方医学の大きな違いといえるでしょう。

2-4.睡眠薬で治療している人は再発の可能性が高い

治療が終わったのに不眠が改善されないという方は、睡眠薬だけで治療しているケースがほとんどです。西洋医学で用いられる睡眠薬は、あくまで眠りやすくするための薬で、不眠の根本的な原因にアプローチしているわけではありません。前述したように、漢方薬は不眠症の原因にアプローチし、体質改善を目指して服用するため、再発防止も期待できます。西洋医学の薬との併用も可能ですが、その際は、必ず担当医または漢方薬局に相談してください。

3.不眠症に用いられる漢方薬を紹介

漢方薬の場合、睡眠薬と違い飲んですぐに眠くなるということはありません。お身体のバランスが整うことで気持ちが休まったり身体が温まって自然と眠れるようになってきます。では、不眠症に用いられる漢方薬には、どのような種類があるのでしょうか?

3-1.なかなか眠れない人は三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)

なかなか眠れないなど入眠障害の傾向が強い方は、三黄瀉心湯がおすすめです。三黄瀉心湯には、肝を鎮めイライラを抑える黄連が含まれています。そのため、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)という漢方薬も症状を抑えてくれるでしょう。

3-2.途中で目が覚める・熟睡できない方は加味逍遙散(かみしょうようさん)

眠りについても途中で目が覚める・寝ても熟睡した感じがしないという方は、加味逍遙散が適しています。加味逍遙散はさまざまな体の不調を整えてくれる漢方薬で、体質虚弱な人でも安心して服用できるタイプです。また、疲れやすい・精神不安などの精神神経症上・冷え性・月経不順・更年期障害にも効能を発揮します。

3-3.精神的な負担が大きい方は大柴胡湯(だいさいことう)

心因性からくる不眠症だと感じる方は、大柴胡湯がおすすめです。大柴胡湯は便秘や肥満症・高血圧に伴う肩こり・胃炎などの症状もやわらげてくれるでしょう。精神不安・不眠・神経症・貧血・食欲不振などを伴うときは、加味帰脾湯(かみきひとう)が用いられます。

3-4.ほかにもたくさんの種類がある

上記で紹介した漢方薬以外にも、たくさんの種類があります。それぞれの特徴を以下にまとめました。

  • 帰脾湯(きひとう):体力中等度以下で、血色が悪い人や精神不安な人におすすめ
  • 酸棗仁湯(さんそうにんとう):体力中等度以下で、心身が疲れやすい人におすすめ
  • 抑肝散(よくかんさん):神経が高ぶりやすく、イライラしやすい人におすすめ
  • 柴湖桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう):冷え性・貧血気味・神経過敏などの不眠症で悩んでいる方におすすめ

4.快眠のために心がけたいこと

不眠から抜け出すために、ぜひ日ごろの生活で心がけてほしいことがあります。

4-1.規則正しい生活習慣を維持する

あなたは今、規則正しい生活習慣が送れているでしょうか。規則正しい生活習慣とは、栄養バランスがいい食生活・睡眠・適度な運動の3点です。睡眠障害がある方は、まずは栄養バランスが整った食生活と適度な運動を心がけてください。栄養は体の循環を活性化させ、運動は睡眠へと導いてくれます。また、同じ時間に床に入る習慣をつけることも大切です。

4-2.気分をリラックスさせる

常日頃から気分をリラックスさせることも大切なポイントです。たとえば、好きな音楽を聴いたり、映画を見たり、読書をしたりと自分がリラックスできることや環境を見つけてください。仕事で大きなストレスを感じるときは、無理をせずに休暇を取ったほうがいいでしょう。メンタルを整えることも、十分な睡眠を得るためには重要なことなのです。

4-3.アルコール・カフェインを過剰摂取しない

アルコールやカフェインの過剰摂取は、脳を覚醒状態にさせてしまいます。いつまでたっても脳の覚醒が収まらず、浅い眠りになってしまうのです。絶対に摂取したらNGというわけではありませんが、摂取量には気をつけてください。どうしても摂取したいときは、1日1杯にしておいたほうがいいでしょう。

4-4.寝室・寝具など睡眠環境を整える

寝室の電球が明るかったり、外の騒音で眠れなかったりと、寝室の環境が悪いのも不眠の原因となります。窓ガラスに防音シートを貼ったり、防音性が高いカーテンをしたりするなど、工夫が必要です。また、寝具類も自分に合っていなければ、睡眠を邪魔するものになってしまいます。この機会に、寝室・寝具などを見直し、改善できるものは改善していきましょう。

4-5.寝る前に強い光を見ない

寝る前にスマートフォンを見たり、テレビを見たりするのはNGです。スマホやテレビの画面からは、脳を覚醒状態にさせる光が出ています。せっかく寝る準備に入ったのに強い光を見てしまうと、さらに眠れなくなってしまうのです。最低でも、眠りに入る2時間前にはテレビやスマホなど強い光を見ないようにしてください。

5.不眠の漢方相談はどこにいけばいい?

漢方薬は自分の体質と症状に合った種類でなければ、服用しても症状がやわらぎません。そのため、漢方薬局に相談することをおすすめします。ここでは、漢方薬局「医心堂薬局」の特徴を解説しましょう。

5-1.累計7万人の実績がある

自分に適した漢方薬を見つけられるかどうかは、漢方薬局の実績にかかっています。累計7万人もの症状に合った漢方薬を提案してきた医心堂薬局は、豊富な経験と知識で1人1人に適した漢方薬を提案する薬局です。具体的に症状や体質を聞き、オーダーメイドで漢方薬を選んでいます。体の状態を詳しくヒアリングしているので、安心してご相談いただけるはずです。

5-2.遠方にいても無料相談ができる

医心堂薬局では、メール・電話・LINEなどで無料相談を受けつけています。遠方からのお客様でも気軽に相談が可能です。また、漢方薬だけでなく、生活習慣や養生法もアドバイスしております。不眠でお悩みの方は、1度ご相談ください。

5-3.煎じる手間のいらないレトルトパック

医心堂薬局では、お客様の症状や体質、今までの経過などを詳しくお聞きして体質や症状に合った漢方薬を調合しています。漢方薬の種類に関わらず、費用は15日分¥11,340(税込)です。1回分ずつのレトルトのパックにしてお渡ししていますので、お客様自身で煎じる手間はありません。

医心堂薬局 無料相談のお申し込み
https://www.ishindo.net/無料相談のお申し込み.html

6.不眠と漢方に関してよくある質問

不眠と漢方に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.不眠になりやすい人の特徴は?
A.不眠症に陥りやすい人には、ストレスを過剰に感じやすい性格の人が多いという共通点があります。周囲を気にする・自分に自信がない・完璧主義者・心の中に気持ちをためこんでしまうなど、自分の気持ちをうまく周囲に伝えられない傾向があるのです。

Q.高齢者や子どもでも漢方薬は飲めるの?
A.漢方薬は自然由来の生薬を組み合わせてできているので、抵抗力や免疫力が低い子どもと高齢者でも安心して服用できます。ただし、症状や体質に適した種類を服用しなければなりません。また、適量を毎日飲み続けること・生活習慣を整えることが大切です。持病などで薬を服用している場合は、相談の際にお薬手帳を持参してください。

Q.どのくらいで漢方の効能が現れるの?
A.体質や症状で異なるので一概にはいえませんが、だいたい1か月ほどで何らかの変化があるでしょう。中には、服用してから1〜2週間で変化を感じるケースもあります。ただし、3か月経過しても変化が起きないこともあるため、その場合はすぐに漢方薬局へ相談してください。飲み始めて異変を感じたときも、服用をやめて早めに相談したほうがいいでしょう。

Q.漢方薬局の選び方は?
A.漢方処方の実績があるか・丁寧な受け答えをしてくれるか・どんな悩みにも親切に対応してくれるのかに注目してください。具体的な症状や状態を確認せずに、いい加減な処方を行う漢方薬局はNGです。また、インターネットサイトで口コミや評判をチェックするのもいいでしょう。実際に利用した人の感想が確認できるので、なるべく評判がいい漢方薬局を選んでくださいね。

Q.市販の漢方薬は飲まないほうがいいの?
A.あまりおすすめしません。どんな生薬や成分が含まれているのか分からず、自分の体質に合っているのか判断しにくいからです。確かに、市販の漢方薬は安く購入できるかもしれませんが、合っていなければ症状がひどくなる恐れもあります。漢方に詳しい専門家に相談したほうが安心です。

まとめ

不眠症は長く続くほど、精神的・身体的にも大きな負担となります。睡眠薬を長く飲み続けても効果がなかったり、再発をくり返したりする方におすすめしたいのが、「漢方薬」です。漢方薬は体内バランスを整えて不眠の原因にアプローチするため、長引く慢性症状に効果が期待できます。体質と症状に合った漢方薬を選ぶため、ぜひ一度、漢方薬局に相談してみてください。

監修者

医心堂薬局 店主 佐竹康秀

佐竹 康秀
医心堂薬局 店主

薬剤師・日本漢方連盟会員・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師

星薬科大学を卒業後、漢方の道へ。同時に鍼灸の勉強も開始。平成4年に医心堂薬局を開局。漢方歴33年・鍼灸歴30年
「それは本当に患者様のためですか?」を常に考え治療をしている。

医心堂薬局総本店店 石川篤

石川 篤
医心堂薬局総本店 店長

薬剤師・日本漢方連盟会員・生活習慣病予防士

東京薬科大学卒業/漢方歴24年
「お客様の笑顔」を創出するため、漢方だけでなく食事・考え方など、一人一人に合ったアドバイスを提供。医師・薬剤師を対象とした漢方講座も行っている。